復讐の未亡人3巻ネタバレ感想

斉藤との子を作り、新しい生活を始めた蜜。

それでも、ふとした拍子に過去が蘇り、苦痛と復讐心まで一緒についてくる。

そんな時、新しくできた父を殺したいほど憎んでいる少女と出会う。

「復讐の未亡人」続編ネタバレ無料2巻。流産の恐怖と新婚夫婦の喘ぎ声

 

14話

斉藤家に迷惑をかける坂本の異常な行動に業を煮やし、凜は喚きたてる彼女の家に乗り込んで、蜜のようにあっさりとセキュリティトラブルを解決してやった。

 

そしてご飯をごちそうになったのだが、そこでも凜はふてぶてしい態度を崩さず、坂本も坂本で嫌味な言葉をぶつける。

 

 

このマンションには友達が住んでいるから、もう何度も来た事があると凜が話すと、坂本はまた妄想を巡らせて、自分の子供の頃の話をし始めた。

 

自分の家にも、しょっちゅう遊びにくる子がいた。

その子は自分の親に構ってもらえないから、坂本の親に媚を売って居場所を確保しようとしていた。

 

ある時、その子は自分の方が坂本の親に愛されていると言い出した。

 

私はよく褒められるのに、坂本は怒られてばかりだからと。

坂本がそれに同意すると、その子は大層嬉しそうに喜んだ。

陰で坂本の両親が、ネズミと呼んでいる事など知らずに・・・

復讐の未亡人

著者名:黒澤R 引用元:復讐の未亡人3巻

 

 

そして坂本家の旅行にもついて行こうと、いつにも増して媚を売り始めた彼女は、当日親子3人が乗る車が横を通り過ぎていくのを見たとき、気づかないフリをしていたという。

 

 

凜を、そのネズミみたいだと坂本は言った。

 

しかし凜は全く動じずにげっぷで返事して、あなたはその子にいじめられていたか、ネズミはあなたでしょ?と言い返した。

 

 

斉藤が出社する前に、二人はベッドで激しく腰を打ちつけ合っていた。

 

そろそろ出ないと間に合わない時間になると、蜜は斉藤がすぐ出してしまう後ろ向きになって催促した。

 

彼は妻の第二の名前を呼びながら、何度も腰を振った。

 

彼女は名前を呼ばれると、あの頃の忌まわしい記憶が蘇ってきた。

復讐の未亡人

著者名:黒澤R 引用元:復讐の未亡人3巻

 

 

 

凜が帰ると、蜜は優吾の遺影に手を合わせていた。

 

彼は夫で、斉藤はパートナー。

そう凜には答えた。