インフェクション74話
ネタバレ感想

最初に部屋を訪れたのは紗月だった。

晴輝が知らぬ間に成長したたわわな胸でもって、彼をシンプルに誘惑。

しかし、それが彼のキャパシティを溢れさせてしまった。

 

 

74話 進化の行方

晴輝は夢を見た。

 

保菌者騒動に巻き込まれたばかりの制服を着ていた頃。

突然現れた保菌者から逃げながらも、なんとか撃退して生き延びていく。

 

すると今度は異形に進化した新型が現れた。

それを退けると、次は圧倒的な身体能力を持った感染者が襲いかかってくる。

 

そして、まさに化け物にまでなったメットと対峙することになったが、奴は進化の途中でドロドロに崩れていき、その中から裸のきららと紗月が選択を迫ってきた。

 

そこで目が覚めた。

 

 

 

一度ヤッたきららの裸と、かなり成長した紗月のノーブラの感触を知っている彼は、健康的な高校生らしく朝から元気になっていた。

 

 

こんな夢を見るということは、やはり紗月を異性として意識している証拠ではないのか。

 

それを寝起きの下半身で判断するのもアレだが、そもそもずっと兄妹同然に育ってきた彼女のことは、命をかけるに値する存在なのは間違いない。

 

同級生を含めた数え切れないほどの人が犠牲になっているのに、こんな程度の悩みで混乱している自分がバカらしくなる。

 

それでも、共に生き延び助けることができた彼らに、自分が原因で悲しい思いをさせたくなかった。

 

 

そうして悶々と悩み、叫んだ直後、どこからか現れた蓮華に声をかけれら驚きと恥ずかしさを感じさせられる。

 

 

彼女は彼の回復具合を見て、胃腸にいいドリンクを渡してくれた。

 

彼はそれを受け取ってさっそく何の疑いもなく胃に流し込んでいく。それを見た彼女は、これでもかと言うほど、企みを臭わせて口角を上げた。

 

 

 

彼女が持ってきてくれた食事を摂り、もう一度ベッドに入ると、またすぐにうつらうつらとしてきて深い眠りについた。

 

 

そして今度はドアがノックされる音で目覚め、どれだけ寝たのか分からないまま慌ててドアを開けに出た。

 

そこにいたのは、浴衣の上に一枚羽織り、リラックスした格好のらぎ姉だった。

 

 

 

どうも挙動不審な彼女は、スルッと部屋に入り、蓮華から渡されたドリンクをちゃんと飲み干しているのを確認すると、頼まれて持ってきたらしい追加分も飲み干すようにと伝えて、彼に渡した。

 

そこでなぜか彼女も一本飲み出した。

 

それは何の変哲もない普通のドリンクらしいが、彼女は挙動不審なまま浴衣をミニスカ状態にしながらマッサージでもどうだと言ってきた。

明らかにおかしかったが、深く考えずに彼はお願いした。

 

すると彼女は、大人が酒で勢いをつけるように、ドリンクをさらに流し込んだ。

 

 

 

彼はうつ伏せになり、彼女は足元に跨って手練手管を尽くしていく。

 

そこで彼は、どうして自分たちは保菌者の変化を「進化」と呼んでいるのか疑問に思ったことを話し始めた。

 

 

 

保菌者が新型になったのは、昆虫がやがて羽化するように、変態と言う方が正しい気がする。

 

しかし、人を殺傷する能力が飛躍的に向上したことだけを考えるなら、それは進化の方がしっくりくる。

 

キリンが高い枝の葉を食べるために首を伸ばしたように、一つの能力をより高めたのであれば、それは進化に違いない。

 

では、その進化の方向性はどうやって決められているのか。

 

保菌者だけではなく、地球に生きる生物全体の進化はどうしてその方向に向かっていったのだろうか。

 

 

そんなことを考えていたら寝てしまっていたという晴輝に、らぎ姉は顔を近づけて囁いた。

 

そういうところも大好き」と。

 

 

驚く彼に構わず、今度は座った状態にさせてマッサージを続けていく。

 

保菌者が進化しているのと同様に、向こうから見ても晴輝は進化しているようにみえるだろうなと彼女は言う。

 

最初は逃げ惑い、やがて武器を持って反撃され、それが強力な武器に変わっていき、身体能力や動きも格段に向上していった。

 

 

人間の対応力に呼応するかのように保菌者も進化していった。

 

しかし、メットが最後に見せた涙の意味は、そんな単純なものじゃない気がする。

 

 

そう彼が考えた時、彼女はマッサージの手を止めていきなり抱きついてきた。

 

背中には、紗月よりも表面積が大きいノーブラの感触が伝わってきた。

 

 

きららと紗月に挟まれてすっかり忘れていたが、らぎ姉は仮とは言え彼女だった。

 

表立って争いに参加せず、独占しようとする態度も見られなかったのに、突然甘え出した彼女の破壊力は、二人にはないものだった。

 

 

しかし、ここで考えたことを有耶無耶にしたくない彼が一旦身体を離すと、らぎ姉史上最高レベルの可愛いリアクションをとってきた。

 

 

 

そこでようやく、あのドリンクのせいだと気付いた。

 

 

ふにゃふにゃしている彼女は蓮華が調合してくれたもので~と暴露し始めるが、まだ僅かながら保った理性を見せる。それも最高レベルの可愛さだった。

 

しかし、ちょっとお願いすればキスを条件にペラペラ喋ってくれた。

 

 

蓮華の分析に因れば、他の二人とは違ってらぎ姉にだけ晴輝の態度は違っている様子。

 

尊敬の念を持ち、かっこ悪いところを見せまいとしている節があり、それはお互いに言えることだった。

だから、お互い素の自分を見せて素直になれば一気に距離が縮まるはずだと考え、魅惑の漢方ドリンクを調合したのだった。

 

 

ただ、蓮華に対して全幅の信頼を寄せているらぎ姉は気付かなかった。

酒でいうアルコール度数が、自分の方が高く設定されていたことに。

 

 

 

彼はすぐに蓮華を呼び出そうとするが、瞬時にスマホを叩き落とされ、洗いざらい喋った見返りのキスを要求される。

 

 

初めて見た甘える彼女は可愛くて堪らなかったが、まだ本来の緊張を隠しきれないのか、ふっと見せるいつもの顔とのギャップがさらに彼女の魅力を倍増させていた。

 

 

いや?ちゅーしたいなー

そう言われて、断れるわけがなかった。

 

積極的になった彼女からのキス。

 

 

 

膝の上に乗られ、浴衣がたくし上げられてその中まですっかり見えそうになっていることに意識が向かないほど、そのキスは甘くいやらしく気持ちよかった。

 

 

理性をなくして本気をだしたらぎ姉は、最後までするつもりだった。

 

 

75話 恍惚の行方

らぎ姉は完全に蓮華の特製漢方で素直になっていた。

 

彼に甘えたくて誘惑したくて堪らなかったが、真面目でクールな自分の殻を破れずにいた。その反動のせいか、今の彼女は恐ろしいまでに可愛かった

 

呂律もまともに回っておらず、それがまた可愛さを増長させている。

 

 

だが晴輝は、こんな何も気持ちがはっきりしていない状態でらぎ姉の正気もないのに、勢いに任せて手を出すのは躊躇われた。

 

それでも自然と彼女の巨乳に目がいっていてそれを悟られ、グイっと押し付けられる。

 

 

 

同級生として出会ってから毎日見られていたことにもちろん気づいていた彼女は、彼の欲望を叶えるべく触る許可を出してくれる。

 

彼がまだ素直になれないでいると、今度は手を取り母なる胸に導いてそのたわわな感触を確かめさせてあげた。

 

 

彼の皮膚感覚は一気に手のひらに集中されていく。

 

ただでさえ、人間の触覚は手が特に敏感にできているのに、限界を越えて脳細胞が手のひらに意識を集中させようとする。

 

天国にいるかのような心地に陥るが、手は緊張を隠しきれずに僅かに震えている。

その振動が彼女にも今までにない刺激を与えているようで、微かに喘ぎ声を漏らさせた。

 

 

 

彼女はそれで興が乗り、前に妄想してたって言ってた通りにしていいんだよと耳元で囁く。その甘い声と吐息だけでゾクゾクして気持ちいい。

 

 

しかし、まだ理性を保つ晴輝。

 

好きだけどこんな形で一線を越えたくないと言うと、らぎ姉も好きだよと答え、その気持ちを表すために突然のキスをした。

あっさりと彼の脳はとろけていく。

 

 

唇の柔らかさと舌のねっとりした感触。

 

思わず目を瞑ると、今度は手のひらの感触に違いが生まれた。

 

柔らかい中に、一点硬いものが感じられる。

 

それは浴衣をはだけて直接触らせている、彼女の育ちに育った生乳だった。

 

 

 

最初はとっつきにくさを感じたクラスメイト。

徐々に仲良くなり、自分を想うようになってくれた可愛い女の子。

 

その子の裸を久方ぶりに目の前にして、彼の手は自然と揉みしだいていた。こんなことをするはずじゃなかったのに、可愛過ぎる喘ぎ声と夢のような感触に手だけが動いていく。

 

だがもう一度冷静に頭を働かせ、漢方でおかしくなっているだけの彼女を欲望のまま手篭めにするわけにはいかないと判断した。

 

手を放し、身体を離して、蓮華に一言言ってやる。そう決めた。

 

対面座位で見つめあいながら胸を揉んでいる手を放す・・・5,4,3,2,1とカウントダウンして、ちゃんと手を放すことができた。

 

その直後、彼女は妖艶な笑みを浮かべて彼の目を見た。

 

 

 

すると、彼も素直になって彼女を押し倒してキスをし、やっと名前を呼んで猛り狂う欲望をぶつけようとした。

 

 

なのにそれでも、今度はきららと紗月の顔が浮かんで、反射的に身を引いた。

 

すると、下半身もはだけた浴衣のせいで、彼女のお尻が丸見えになっていた。

 

それはきららに勝るとも劣らない張りのあるヒップで、挑むようなティーバック姿だった。

 

 

彼がそれに反応したのを見逃さず、セクシーにセクシー重ねた誘惑で理性を崩壊させた。

 

 

 

晴輝はもう無理だった。

 

今まで自分はどんな人間であろうとして、それを守ってきたつもりだったが、保菌者騒動の最中で牙解していった。

今もどうすれば理性的な人間でいられるかは分かっている。

 

だが、好きな子と愛し合うことの幸せには敵わなかった。

 

 

彼も浴衣を脱ぎ、屹立するものを見せつけながら、今まで妄想してきたことを全部ぶっかけるからと念を押した。

すると、彼女に今までの勢いがなくなっていて、顔を隠して震え出した。

 

彼女から、既に漢方の効果は消えていたのだった。

 

 

 

このタイミングで戻る残酷さを呪いながら、しかしこうなってはこれ以上するわけにもいかず、彼は欲望に負けたことを謝って股間を自分で鎮めるしかなかった。

 

 

だが彼女に戻ったのは恥じらいだけで、今までの誘惑も言葉も嘘偽りない素直な本音だった。だから、クスリをキメないと素直になれないめんどくさい私でもいいならと言ってくれた。

 

是非もない。

 

 

感想

インフェクション74話と75話でした。

やっぱりらぎ姉が一番可愛いですね。間違いない。

そうなってくると蓮華も相乗効果で可愛く見えるんですが、かつての戦いを思い出した晴輝を見て、消防車を運転してたあのエロいお姉さんはどうなったのか気になりました。

のぞきチャンネル