奈落の羊3巻ネタバレ感想

奈落の羊3巻のネタバレと感想、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

見た目を整え、一気に美人になったメイに魔の手が襲いかかった。

他の配信グループに拉致され、しかもそれは裏で暴力団が手を引いていた事件だった。

そうとは知らず、彼らはもう戻れない所まで足を踏み入れていく。

https://kuroneko0920.com/archives/21416

 

それぞれの画策

メイは警察署のベッドで目を覚ました。

 

 

気を失う前に婦警に事情を話そうとしたのだが、シュージも含めた6人全員が死体を見つけるまでは配信の企画だったと証言していることを聞かされた。

 

拉致もレイプも合意があったことにされていて、婦警もそんなことを信じてはいないようだったが、メイがどんな立場にいるのを考え、訴えるのは得策じゃないと吹き込んだ。

 

その直後、メイは気を失ったのだった。

 

 

嘉門がシュージに、レイプは合意にした方が彼女のためになる、メイを使った配信はもう止めるべきと説得しているのも聞いてしまうが、シュージは聞き入れなかった。

 

リクオに勝ちたいと言うシュージに従い、彼女は性懲りもなくまた配信のネタになる道を選んだ

奈落の羊

著者名:きづきあきら 引用元:奈落の羊3巻

 

 

 

 

次の企画はユウキの案を採用した。

 

140円分の切符を買って乗り継ぎを繰り返し、最終的に隣の駅で降りるというもので、時々ストレス発散にしているらしかった。

 

そこで今回は車窓から海を眺め、上着の下に水着だけを着させたメイにはだけさせて配信するライトなお色気旅企画だった。

 

 

 

その車中、シュージは強引に訊かれるまま、リクオとの関係を話した。

 

リクオとシュージを含めた4人で高校の頃から始めた、他愛のないゲーム実況配信は、そこそこの人気があったが、次第にシュージのアンチが増え始めた。

 

そのうち、リクオしか知らないシュージの情報も流れたので、3人と仲違いしたというのが彼の話で、ネットでは、ただシュージがリクオの人気に嫉妬しておかしくなったと出回っていた。

 

 

真偽のほどはさておき、最後の乗り換えで戻り始めると、車内は一気に混んで満員になってきた。

 

そんな中でシュージはメイに上着を脱がさせて、まったり配信の最後を刺激的な画で締めた。

奈落の羊

著者名:きづきあきら 引用元:奈落の羊3巻

 

 

 

 

ユウキはギバの指示もあって、また二人に新しい企画を持ち込んだ。

 

それは無職限定合コンで、社会の底辺を彷徨うクズの承認欲求を刺激し、彼氏彼女ができるかもしれないと煽り、メイとユウキの参加は決まっていると宣伝して参加者を募った。

 

 

そこでシュージはメイにもう売春を止めるように言った。

 

リスナーを巻き込んだ企画を始める以上は、人気に影響が出ることはしない方がいいと伝えたが、彼女は金を作るにはそれしか方法がないと言って簡単に受け入れない。

 

彼は売り言葉に買い言葉で俺が買うから止めろと言ってしまい、それで彼女を泣かせてしまった。

 

泣くほど自分の相手をするのが嫌なんだと思った彼は冗談だとごまかして金だけ渡し、気まずいまま無色限定合コンの開催日を迎えた。

奈落の羊

著者名:きづきあきら 引用元:奈落の羊3巻