奈落の羊 サスペンス

「奈落の羊」無料ネタバレ4巻。結末はメイと姉が風俗に堕ちる・・・

奈落の羊

更新日:

奈落の羊4巻ネタバレ感想

ヤクザの裏家業の片棒を担がされていたシュージ。

配信の企画はユウキにコントロールされ、彼は自分に責任はないと言い聞かせる。

しかし、家族まで手を伸ばされて逃げ道はとうに無くなっていた。

 

 

風俗からの逃亡

ギバとセクシーがポッキー男を拉致する場面を見せられた。

 

姉の夏菜は二人を信用しきっているし、下手なことをすれば今すぐにでも家族に手を出されるのを知った彼は、進退窮まっていた。

 

 

一先ず合コン企画は止めて、次の企画を練ることにした。

 

そんな疲れ切った様子の彼をメイは心配するが、逆にそれが癇に障り、元々ギバたちと付き合いのあった彼女を責めて八つ当たりをする。

奈落の羊

著者名:きづきあきら 引用元:奈落の羊4巻

 

 

 

それでも翌日の企画を考えて待ち合わせを指示したが、いつまで経ってもメイが来ないので電話をかけるも、着信拒否されているのか繋がらなかった。

 

ネカフェまで様子を見に行こうとした時、ポカリと名乗る危ない女がメイの代わりだといって現れた。

奈落の羊

著者名:きづきあきら 引用元:奈落の羊4巻

 

 

メイは就職が決まったからもう来ないと言われても、何も聞いていなかった彼は納得できるわけないだろと食い下がる。

 

するとポカリはいきなり彼を殴り、メイは買い手がついて風俗に売られたんだ。だから、これからはメイの代わりに自分を配信で人気者にしろと偉そうに言ってきた。

 

 

ポカリの名前もユウキが名付け、メイを風俗に流したのもユウキだった。

 

シュージと嘉門はすぐにユウキに会いに行き、せっかく配信でそっちにも甘い汁を吸わせていたのに、なんで風俗なんかに売り飛ばしたんだと問い詰めた。

 

ユウキはそれを笑い飛ばした。

 

メイは自分から選んで風俗に行ったのだった。

出会い系で自分を安売りして、変な客に当たれば暴力を振るわれる事もあるフリーの状態から、何もかも店がお膳立てしてくれ、変な客からも店が守ってくれ、部屋も用意してくれる安全な場所にやっと行けたんだから、男の都合と妄想を勝手に押し付けてんじゃねえと一蹴されてしまった。

奈落の羊

著者名:きづきあきら 引用元:奈落の羊4巻

 

 

 

彼がメイに惹かれているのは明らかだが、売春女を好きになったことを頑なに認めようとしない安いプライドを煽り、嘉門はメイを忘れさせようとする

 

彼は自分をごまかしながら、最後にメイの総集編を配信してリスナーにも彼女の卒業を伝えたが、向こうがこっちを捨てたんだと言い聞かせ続けた。

 

 

配信ネタをポカリに代え、彼女の暴力キャラが意外と受け始めた矢先、リスナーがメイの働いている店を特定した。

 

シュージは企画だと称して客として店に入り、メイを指名してリスナーに近況を伝えることにした。

 

 

彼の前に現れたのは、メイドの格好をしたメイに間違いなかった。

奈落の羊

著者名:きづきあきら 引用元:奈落の羊4巻

 

 

無理やり働かされてるんだろ?と希望を込めて訊くが、ユウキの言った通り、彼女は自分の意思で来たと答えた。

 

 

彼はやっと少し素直になり出した。

 

今まで弱みに付け込んで色々させて悪かったなと謝ると、彼女はそれは違うと返した。

 

ただ、シュージの迷惑にならないよう身を引いただけだという。

 

そこで彼は本音を伝えた。

 

好きでもない他の男にエロいことして金を稼ぐなんて、俺が嫌なんだ。

 

そして彼女の手を取り、一緒に逃げようと言った。

[ad#co-1]

 

 計画なき逃亡

二人はどこか遠くに逃げたように配信を流し、近場のホテルに身を隠した。

 

しかし、配信を見て二人の逃亡を知った嘉門からの電話で、やはり自分がどれだけ考え無しだったかを思い知らされ、徐々に不安が募ってくる。

 

 

ヤクザの面子を潰し、メイと二人で逃げてその先具体的にどうするのか?

 

深く考えるのを止めて布団に潜り込んでいると、シャワーを浴びてきたメイが裸のままベッドに入り、背中に胸を押し当ててきた。

 

ズボンのファスナーを下ろし、すぐに硬くなったそれを手で優しくしごき出す

奈落の羊

著者名:きづきあきら 引用元:奈落の羊4巻

 

 

その時、嘉門に突きつけられた言葉が蘇り、彼女を振り払って拒絶した。

 

 

ヤクザを敵に回してまでメイを助けたのに、まだ彼女を完全に受け入れられなかった。

 

 

結局シュージはリスナーの金頼みで、自分でうまい逃亡策を何も考えつかずにイライラしていた。

 

それでまたメイに八つ当たりすると、彼女は風呂場に閉じこもってしまった。

 

ところがそう時間が経たずに出てきた彼女は、髪をばっさり切ってショートにしていた。

奈落の羊

著者名:きづきあきら 引用元:奈落の羊4巻

 

 

そして、自分で考えた作戦を彼に伝えた。

 

 

シュージはいつもの髪型で、メイは金髪ツインテールのカツラを被って、もう逃亡生活は続けられそうにない、店に謝って許してもらうしかないと弱気な態度で配信を流し、リスナーの同情と助けてやりたい気持ちを利用して、まとまった金を手に入れた。

 

シュージはリスナーが人の困っている所を見たいだけのクズだとバカにするが、メイがそんな心理を突いた作戦を思いついたのも、一番近くにいるシュージが同じクズだったからだ。

奈落の羊

著者名:きづきあきら 引用元:奈落の羊4巻

 

 

 

しかし、その作戦はすぐに使えなくなった。

 

コケにされたギバたちは、ネットを使って逃げようとするなら、そのネットを使って二人を追いつめることにした。

 

無職合コンに参加した数人を使い、シュージが風俗行きが決まっていたメイを使って自演ネタで最後に荒稼ぎしようとしていたと喋らせ、リスナーを怒らせて入金を途絶えさせた。

 

彼は合コンの裏でヤクザが暗躍していたことはさすがに喋れず、言われるがままになるしかなかった。

 

 

そこから一気にシュージの居場所を特定しようとする動きが始まり、ショートカット姿を知られていなくて見つかりにくいメイを先にホテルに帰らせ、彼は一旦単独行動を開始した。

 

 

まず自分だけじゃどうにもできないことを認め、嘉門に連絡を取った。

 

シュージからお前しか頼れる奴がいないと泣きつかれた彼はいやらしく微笑み、一旦都内から出るよう指示をした。

 

それから何人かの協力者を使って、シュージ発見の偽情報を流させ、ヤクザの包囲網の一枚上をいった。

 

そしてデマを流した合コン参加者の個人情報をネットに晒して仕上げる徹底ぶりだった。

奈落の羊

著者名:きづきあきら 引用元:奈落の羊4巻

[ad#co-2]

 

 姉が風俗へ

嘉門に散々陥れられてきたことなど知る由もないシュージは手放しで彼に感謝し、メイが待つホテルに戻った。

 

 

彼が部屋に入るなり、涙を流して抱きつくメイ。

 

それほどまでに心配してくれたのかと思うと、彼は思わずキスをしていた。

奈落の羊

著者名:きづきあきら 引用元:奈落の羊4巻

 

 

 

彼は自分で何をしたのか分からず、メイも戸惑った顔をする。

 

今まで散々酷いことをして金づるにしてきたのだから、こんなことをされて迷惑だろうと思った彼は、冗談半分で金は払うからと言って、彼女を困らせて有耶無耶にしようとした。

 

ところが、彼女は受け入れ服を脱ぎ、ベッドに押し倒して口に含んで大きくさせていく。

彼が止めさせようとするのに反抗して、微笑みながら跨った。

 

 

 

リクオは4人で配信を始めた頃のことを思い出していた。

 

配信のためにシュージの家に集まった時、運がよければ姉の夏菜に会えることが何より楽しみだった。

 

弟の友達として信頼されているのを感じると、歯痒さもあったが嬉しくて堪らなかった。

奈落の羊

著者名:きづきあきら 引用元:奈落の羊4巻

 

 

 

しかし、徐々にシュージのアンチが増え始め、シュージ本人も3人と距離を取り出した頃からおかしくなっていった。

 

その原因が分からないままシュージは一人で配信を始め、もう溝が埋められないところまで来てしまっていた。

 

そのうち他の二人もシュージを疎ましく思うようになり、ついに喧嘩になって取り返しのつかないことになった。

 

 

リクオはシュージが逃亡して行方を暗ますようになってから、彼の家を訪ねたが、何度行ってもそこは売り家のままなのは変わらなかった。

 

夏菜が笑顔で玄関に出て来てくれた光景を思い出しながら、覗き系風俗店に足を運んだ。

 

 

マジックミラーの向こうで胸を出して足を開きオナニーしているのは、シュージの姉の夏菜だった

奈落の羊

著者名:きづきあきら 引用元:奈落の羊4巻

 

 

感想

奈落の羊4巻でした。
面白度☆8 バカ息子度☆10

ついに完全に家庭が崩壊してしまいましたね。

シュージが風俗嬢に入れ上げて大学をサボりまくっているい間も、母親は深夜までパートで働いて、ヤクザには家を取られ、姉は風俗に流され、これはもう何をしても償いきれるもんじゃないですね。

せめて保険金で家族を助けてあげましょう。

奈落の羊を無料で読む方法

試し読み検索はこちら

[ad#co-3]

-奈落の羊, サスペンス
-, , ,

Copyright© 黒猫がおすすめする漫画のネタバレと感想 , 2017 AllRights Reserved.