著者名:NON 引用元:ハレ婚14巻

ハレ婚14巻ネタバレ感想

ハレ婚14巻のネタバレと感想、漫画を無料で読める方法を紹介。
128話から137話を収録。

 

うだつの上がらない男と離れられなかったゆず。

龍と結婚してからも関係は続き、どちらの子供か分からなかった。

https://kuroneko0920.com/archives/15012

 

ゆずとジョー

あの日の夜。

自分を許せと龍が言ってくれた夜。

ゆずはジョーが彼に宛てて書いた手紙を見せてもらっていた。

そこにはたった一言だけ書いてあった。

 

ゆずを●頼んだ

 

書き間違えたのを黒く塗りつぶしたまま、ぶっきらぼうに一言だけ添えられた手紙の重さに、ゆずはどう返していいのか分からない。

身内がいないジョーのために、保護司も探していた龍。

その保護司の連絡先と手紙を受け取ったゆず。

言葉ではもうジョーとはやり直さない。

そう言っていたが、「どちらでもいい。でも今決めることじゃない。ただ、キミが決めることだから持っておいて」と言われて、素直に従った。

ハレ婚

著者名:NON 引用元:ハレ婚14巻

 

 

そして数年後。

 

彼がひっそりと出所して、とあるアパートを借りて住み始めたのを知ったゆずは、あの時に預かった手紙を持って会いに行った。

 

彼女の姿を見て何も言えないでいる彼に、まずは思いっきりビンタをした。

そして怒りをぶちまけた。

ハレ婚

著者名:NON 引用元:ハレ婚14巻

 

二人は一瞬見つめあい、彼から抱きしめ謝罪の言葉を口にした。

「すまん・・・すまんがった」

「・・・許さね。・・・・・・・おかえりジョー」

そう言って、彼女も彼の背中に手を回して受け入れた。

 

 

それから、さっそく激しくエッチしまくった。

ハレ婚

著者名:NON 引用元:ハレ婚14巻

 

久しぶりに見るゆずの巨乳は腰を当てる毎にぷるぷると揺れ、感じている喘ぎ声も聞かせてくれる。

でも彼女は、もう龍の嫁になっていた。

 

ハレ婚してんだってなあ。楽しいか?龍は元気か?

そう訊きながら、挿入角度を変えてよがらせるのはおろそかにしようとしないジョー。

 

一夫多妻なんてさ、いつでもゆずはお返ししますよっていう、あいつなりのメッセージだと思うんだよ

そんな意味を持たせて、彼は彼女の気を引こうとする。

 

そうして鬼気迫る表情で覆い被さりながら、もう離さねえ、愛してる愛してるよと、陳腐に聞こえそうなほど愛を伝えるジョー。

ハレ婚

著者名:NON 引用元:ハレ婚14巻

 

そんな愛を相手にも強制するかのように、首に手を伸ばして同じ言葉を吐かせようとする。

その目論見通り、ゆずは「愛してる」と言った。

 

それが、ただの慰めの言葉だと感じた彼は首から手を離して、優しく抱きしめて、正直な気持ちを吐露した。

 

ゆずは思う。

ジョーは可哀想だと。

龍も可哀想だと。

 

だから、今夜は伊達家に帰るつもりはなかった。

 

だから、小春に電話をして帰れないと伝えた。

ハレ婚

著者名:NON 引用元:ハレ婚14巻