4分間のマリーゴールド 恋愛

「4分間のマリーゴールド」ネタバレ無料1巻。血の繋がらない姉を愛した救命士

4分間のマリーゴールド

更新日:

4分間のマリーゴールド1巻
ネタバレ感想

救急救命士をしている花巻みこと。

彼が9歳の時に父が再婚して、母と3人の兄弟が一気に増えた。

賑やかな食卓は、ずっと続くものだと思っていた。

 

 

沙羅とマリーゴールド

再婚後、父はすぐに亡くなってしまい、フリーカメラマンの母は不在がちだった。

 

兄のは警備会社で働き、弟のは今や高校生。

 

そして、姉の沙羅は画家として日がな一日キャンバスに向かっていた。

4分間のマリーゴールド

著者名:キリエ 引用元:4分間のマリーゴールド1巻

 

 

 

夏になれば縁側の襖を開け放ち、タンクトップにショートパンツで絵を描いている。

 

救命士のみことが出勤する直前、「鎖骨貸して」と無邪気にポーズを頼んでくるので、彼はそれに応えながらもうまくできないフリをすれば、姉が手取り足取り触れてくるのを知っていて期待していた。

 

 

みことには特殊な能力があった。

 

事故や急病で死に近づいた人たちを病院まで運ぶ救急車。

その間、少しでも生存率を上げるために手を尽くす救命士。

 

そんな彼には、人の手に触れるとその人の人生の最期がビジョンとして見える不思議な能力があった。

4分間のマリーゴールド

著者名:キリエ 引用元:4分間のマリーゴールド1巻

 

 

だから、懸命に処置していても助からないと分かった時には、どうしようもなくやるせない気持ちになってしまうのだった。

 

 

もちろん、その能力に気づいた頃はビジョンで見えた死の未来を覆そうとしてきた。

だが、一度も救うことはできなかった。

 

 

 

また救えなかったその日は、姉の26歳の誕生日だった。

 

いつからか贈るようになったマリーゴールドの花束を抱えて帰り、姉さんと呼びながらも心の中では「沙羅」と何度も呼びかけて、花束を渡した。

4分間のマリーゴールド

著者名:キリエ 引用元:4分間のマリーゴールド1巻

 

 

 

誕生日は毎回、何か願い事をする。

 

沙羅はその年、もう14歳になる犬のシロの白内障が治りますようにと願った。

 

 

ケーキの蝋燭を吹き消し、飲んで食べて笑いあってから、庭に出てささやかな花火を楽しむ沙羅は、とても楽しそうで元気に見えた。

 

 

みことは庭にもマリーゴールドを植えれば、一年の間いつでも見られるよと言ってみるが、彼女は一年に一度の花束の方がいいと答えた。

4分間のマリーゴールド

著者名:キリエ 引用元:4分間のマリーゴールド1巻

 

 

しわしわのおばあさんになっても毎年ちょうだいね

 

それは、彼が一番望んでいることでもあった。

 

だが、みことはちょうど一年後の27歳の誕生日に沙羅がこの世を去ると知っていた。

4分間のマリーゴールド

著者名:キリエ 引用元:4分間のマリーゴールド1巻

 

 

彼女の誕生日は、彼らが家族になった記念日でもあった。

 

 

 

残り一年しかないと分かっていても、常に彼女の傍にいられないのは仕方なく、救命士として、日々死が間近に迫った人たちと接しなければならなかった。

 

もう孫が生まれる間近の老人は、息子の願い通りに天寿を全うし、大きくなった孫や息子夫婦に看取られて亡くなる最期が見えた。

 

 

そんな少し気分が晴れやかになる未来が見えた日は、タイミングよく父の命日だった。

 

仕事が終わるのを待ってくれていた沙羅と連れ立って出かけ、お供えもののスイーツを買ってから墓地に行くと、墓参りに来ていた人に若い夫婦だと間違われた。

4分間のマリーゴールド

著者名:キリエ 引用元:4分間のマリーゴールド1巻

 

 

 

廉と藍は先に来ていて、既に掃除やなんかを終わらせてくれていた。

 

まだ10歳だったとしても、父が倒れた時に何もできなかったみことは、子供ながらに自分を責めた。その時、沙羅が代わりにこれからいっぱい人を助けてあげたらいいと言ってくれ、その言葉で救命士になると決めた。

 

沙羅は手を合わせながら、「このまま二人とも結婚しなかったら、同じお墓に入れるね」と冗談めかして言うが、彼は一人の男として彼女を助け、同じ墓に入りたいと思った。

4分間のマリーゴールド

著者名:キリエ 引用元:4分間のマリーゴールド1巻

 

 

天国にいる父にも、どうか沙羅を助けて欲しいと願った。

[ad#co-1]

 

ある日のこと、式場で倒れた花嫁が死ぬビジョンが見えた。

 

人生で一番幸せな日を最悪の日にしてなるものかと、彼はまたビジョンに抗おうとして、最善の処置をして病院まで搬送し、新郎を励まし続けた。

だがやはり、未来は変えられなかった。

 

 

彼は落ち込んだ時に小さい頃から来ている、廃駅に足を向けた。

 

人の死が見えるだけで、結局何もできない歯痒さに打ちひしがれていると、これもまた小さい頃から同じように沙羅が来てくれた。

 

彼が泣くと彼女はもっと泣いて、悲しみを紛らわせてくれるところも変わらなかった。

4分間のマリーゴールド

著者名:キリエ 引用元:4分間のマリーゴールド1巻

 

 

 

後日、その時の新郎が署まで会いに来てくれた。

 

みことはビジョンのおかげで的確な処置ができたのだが、その能力を人に打ち明けたことはなく、今回もやはり助けられなかった事に変わりはなかった。

 

しかし、新郎はみことの懸命な処置への感謝を伝えたかっただけで、せめてウェディングドレスを着せてやれて良かったと言った。

 

 

 

みことは帰ってから、一年はかかる大作を描いているらしい沙羅に、「ウェディングドレスって着てみたい?」とさり気なく訊いた。

 

彼女は結婚願望はなくてもドレスは着てみたいと答え、ベッドのシーツをまとってそれらしくして見せた。

それだけで彼の胸は高鳴り、思わず涙が零れ落ちた。

 

彼女はそんな彼を見て、結婚の誓いを諳んじてからかってくる。

 

彼は溢れ出る愛しさに負けて彼女の腰に手を回し、顔を近づけた。

4分間のマリーゴールド

著者名:キリエ 引用元:4分間のマリーゴールド1巻

 

 

だが、さすがに触れ合わせる事はできず、適当にごまかして逃げるように部屋を出た。

 

 

それから数日後、沙羅が絵画講師の仕事のあった日、激しい雨が降ってきたので非番だったみことが車で迎えに行った。

 

家に向かう間にもどんどん雨は激しくなり、ほとんど前が見えなくなったので路肩に止めて少し治まるのを待つことにした。

 

 

シートを倒し、懐かしい思い出話に花を咲かせ始めた時、近くで土砂崩れが起きたとラジオから流れてきた。

 

彼は救命士として様子だけでも見に行ってくると車から出て行くが、彼女はそれを必死に引き止めた。

 

誰かを助けるためにみことがもっと危ない目に遭うのは耐えられない。

姉として言ってるんじゃない!私は・・・ずっと・・・

4分間のマリーゴールド

著者名:キリエ 引用元:4分間のマリーゴールド1巻

 

 

 

彼は沙羅の死の運命を知ってから、ずっと彼女のために何をしてあげられるかばかり考えていた。

だが、今やっと自分の本心が分かった。

 

彼女に触れ、気持ちを伝え、抱きしめたい。

 

俺もだよ

 

そう言って、彼は強く抱きしめた。

 

そして、沙羅とずっと先まで共に未来を過ごしたいという想いが止められなくなった。

4分間のマリーゴールド

著者名:キリエ 引用元:4分間のマリーゴールド1巻

 

 

感想

4分間のマリーゴールド1巻でした。
面白度☆8 やるせなさ度☆9

水彩画のようなタッチは味がありますね。縁側、花火にマリーゴールドなんてノスタルジックさあって、絵柄ともマッチしています。

最終話は4分間の意味と、次回に波乱が起きそうな展開になっていますので、2巻も読まずにはいられなくなるでしょう。

4分間のマリーゴールドを無料で読む方法

試し読み検索はこちら

[ad#co-4]

-4分間のマリーゴールド, 恋愛
-, ,

Copyright© 黒猫がおすすめする漫画のネタバレと感想 , 2017 AllRights Reserved.