終末のハーレム28話
ネタバレ感想

翔太ハーレムは止まる所を知らず、ゆず先生の順番が再び回ってくるのは遥か彼方。

ゆるふわお嬢様の次は黒ギャルビッチになったが、その子は彼の苦手なタイプ。

だから、フライングで趣味の合う柊春歌とお気に入りの部屋でしっぽりヤッチャッタ・・・

https://kuroneko0920.com/archives/21586

 

東堂晶

用務員室で柊の処女を奪った翔太は、いくぶん余裕が出てきていた。

 

本当は黒ギャルビッチの順番なのに、自分が彼の部屋にお邪魔していいのだろうかと躊躇する彼女に、大丈夫だよと軽く答えていた。

終末のハーレム

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

 

しかし、二回戦を部屋でしっぽりやろうと思っていた目論見は、黒ギャルの待ち伏せ作戦であっさり打ち砕かれた。

 

公平なくじ引きで二番手を手に入れたギャルは柊を連れていることを咎めるが、彼はいまいちその真意を汲み取れずに、ストレートな答えを返す。

終末のハーレム

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

 

もちろん、苦手なギャルタイプの彼女の名前も知らないと答え、その事実にもギャルは凹まされる。

 

今更ながらに柳律香だと名乗り、改めて次は自分の順番なのだと主張しつつ、彼女にしてみればお邪魔虫以外の何者でもないお団子ヘアーのアイドルオタクを一睨み。

終末のハーレム

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

しかし、あくまで決定権は翔太にあると言って譲らない柊。

 

彼女は繊細な心を見せた泣き落とし作戦をしようとするが、どうも既に二人が一線越えている雰囲気を醸していることに気づき、逆にその事実を利用する事にした。

 

 

あっさりヤッているのなら、自分とヤッたって何の問題もないはずだ。

そう言いながら、制服を脱いでギャルらしい布面積の少ない豹柄の下着姿になった。

終末のハーレム

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

柊は正妻気取りで下品なものを見せないでよと割って入り、律香はおめーの彼じゃねーしそもそもルール違反だしと正論で対抗する。

 

一人の冴えない男を取り合う争いはどちらも引くことなく、頬をつねり合う可愛らしいキャットファイトに発展していく。

 

彼はいたたまれず、仲裁する勇気も出ずに部屋を飛び出した。

終末のハーレム

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

 

 

まさか自分を巡って取り合いされる日が来ようとは思わなかった彼は、嬉しさよりも戸惑いからの疲労に溜息を吐き、ひとけのない構内をブラブラ歩いていた。

 

そろそろ、ゆず先生成分が切れてきた彼は、あの包容力に恋焦がれてきた。

 

電話しようにも着拒されているのか繋がらず、やはり嫉妬されているのかと思うも、そんなこと言ったってしょうがないじゃないかと一人で言い訳を呟いた。

 

 

その時、ゆず先生に匹敵する巨乳の持ち主の東堂晶が現れた。

 

ランニングの途中らしく、新しい相部屋相手はどうかと訊いてくれるも、明らかにノーブラの突端が汗で透けているのでそれどころではなかった。

終末のハーレム

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+