著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2017年42号

ゆらぎ荘の幽奈さん
78話79話ネタバレ感想

千紗希の股間と直接ドッキングした前回。

サキュバスの先生の痴態を見せてもらった前々回。

そして今回は、再び元ヤン後輩のゆらぎ荘訪問回で浴衣が乱れる。

 

 

78話

高校デビューを手伝ってもらった千紗希に恩返しするため、紫音は彼女と一緒にゆらぎ荘を訪れていた。

 

 

ヤンキーの先輩、芹から聞いた話によれば、コガラシが住んでいるゆらぎ荘とやらは妖怪や幽霊も同居している世間とは一線を画している世界なのだそう。

 

しかもその妖怪変化の面々が美女揃いで、千紗希の最大のライバルたちだという。

 

女子力の化け物の千紗希をしてライバル言わしめたる住人たちがどんなものなのか、紫音は敵情視察のつもりで訪問したのであった。

 

 

取りあえず最初に出迎えてくれたのは同級生の夜々だった。

手始めに彼女にもコガラシのことをどう思っているか訊いてみると、どうやらおいしいものをくれる良い奴程度にしか思っていないようで、ここは一安心。

 

 

しかし、次のパンチ力が凄かった。

 

頭上から金属音がしたかと思えば、スカートを翻してパンツが丸見えになるのも構わず、美少女二人がクナイと手裏剣を投げ合って戦っているではないか。

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2017年41号

 

 

さっそく人間離れした光景を見せられて恐れる紫音。

 

彼女たちが使っている武器は怪我しないような特別製だと言われても、尋常じゃないことには変わらなかった。

 

 

 

居間に通されると、コガラシ、眼帯、巨乳が歓迎してくれた。

 

紫音はすぐに千紗希を彼の隣に座らせようとするが、そこには見えない柔らかい何かがいて、それは事前に聞いていた幽霊の幽奈のたわわな胸の感触だった。

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2017年41号

 

 

目下、その幽霊が千紗希の最大のライバルだと言うが、さっぱり見えないので驚くばかり。

 

すると、紫音が戸惑っているのを見た朧が、なんの脈絡もなく服を一瞬で脱ぎ、おまけに彼の服も脱がせて彼と向かい合って膝に座りだすものだからまた驚かされる。

 

服を脱ぐ動きは見えなかったが躊躇いなく全裸になって彼を誘惑するあたり、強力なライバルに違いないと思った。

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2017年41号

 

 

すると今度は、何もないところから扇子を持った「じゃ」口調のお姫様カットと、褐色肌のスパッツ女が現れた。

 

天狗の瞬間移動妖術だと教えられ、不良の世界で生きてきた紫音はそろそろ理解の限界を超えそうになっていく。

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2017年41号

 

どうやら赤髪の天狗もコガラシを狙っているようで、全裸の朧から彼を奪い取った。

 

だが朧も神刀の化身。

独自の移動術で二人を追いかけ、ゆらぎ荘の上空で激しい彼の奪い合いをおっぱじめた。

 

 

誰も手を出せずに見守っていると、出口が居間に開いて呑子のお酒コレクションに衝突し、何本も割ってしまった。

 

呑子はさすがに捨て置けなくなりコガラシを奪い合う争いを止めに入ろうとしたが、彼女と戦いたくて仕方ない鵺のマトラが立ち塞がり、その気にさせるために酒瓶を渡した。

 

 

彼女も今回はヤル気を出し、さっさと邪魔者を排除すべく五合をかっ食らった。

 

すると、額から角がにょっきり生え、肌の色も南国の島国育ちのように黒くなり、髪は真っ白なエキゾチックな雰囲気に変化した。

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2017年41号

[ad#co-1]