ド級編隊エグゼロス1巻
修正カラー版ネタバレ感想

HEROとはエッチとエロでできていると誰かが言ったとか言ってないとか。

両方同じ意味だろうとツッコミたいだろうが、きっと似て非なるもの。

その二つを合わせて地球を守るのがヒーローであり、X-EROSなのだから・・・

 

 

1話

幼馴染の美少女と放課後にイチャイチャしていたのはもう5年前

 

炎城烈人は平凡な高校生になって、非リア充の友人たちと青春の日々を送っていた。

 

 

その5年前に仲良しだった美少女の幼馴染も同じ学校に進学していたのだが、今は鋼鉄の処女・アイアンメイデンなどと呼ばれて、男子に人気と恐れを抱かせていた。

 

星乃雲母

いつからかすっかり男嫌いになってしまったのである。

 

 

そんな雲母を烈人は好きだったし、なぜ彼女が男全員を忌み嫌うようになってしまったのかも知っていた。

 

 

だから、邪険にされようとノートを運ぶのを手伝ってあげたのだが、冷たい態度は変わらず、距離を取ろうとした彼女は足を踏み外して階段から落ちそうになる。

 

ギリギリで彼が抱きとめられたものの、不可抗力でたわわな胸を掴んでしまい、涙を見せられてしまうのだった。

 

 

 

場面は変わり、小学生男子二人がお姉さん女子高生たちのパンチラを覗き見ようとしているところだった。

 

そこはマリリン・モンローのように側溝からたまに風が吹き出してくるスポット。

 

少年たちはタイミングばっちりに女子高生のスカートが巻き上げられた瞬間を見たのだが、なぜか不思議な光で肝心の下着が隠れていたのだ。

 

 

そう、今や地球は宇宙から飛来した怪人たちの侵略の危機にあったのだ。

 

怪人は人類のエロスを吸い取り性欲を減退させ、少子化を推し進めてじわじわ地球を乗っ取るつもりだった。

 

エロスは人間にとって生きる活力の大半を占めている。

 

それを奪い取られると一気に活力を失い、生きた屍のようになってしまうのだ。

 

 

それが証拠に、水着にミニスカートにと露出多めの衣装でファンをゲットしているアイドルのライブに怪人が現れると、観客は目が覚めたように帰り支度を始め、アイドルは情熱を失って堅い仕事探しを始める始末。

 

 

キセイ蟲と呼ばれる怪人たち。

そいつらを人知れず倒し続けている人間がいた。

 

それこそが炎城烈人であり、エロスを高めて肉体のパワーに還元する装置X-EROSを装着するのを許されたヒーローだった。

 

ただ力を発揮すれば、着ている服は弾け飛んでしまうデメリットがあった。

 

 

エロスが重要な装置であるため、装着を許されるのは性欲が満載されている高校生男女が選ばれていて、彼の他に既に3人の女子高生がヒーローとして人知れず地球の平和を守っていた。

 

 

 

翌日、烈人は雲母に謝ろうと思って帰り道に声をかけたのだが、そこに怪人出現。

 

彼はすぐに撃退しようとするが、昨日消費したばかりでエロスパワーが足りず、一先ず彼女の手を引いて、思い出が詰まった公園に逃げ込んだ。

 

 

久しぶりに繋ぐ烈人の大きくなった手。

 

彼女はドキドキして頑なに閉じていた心が開いていき、ついにあの出来事が起こる前のように、膨大なエロスが内から飛び出した。

 

それで彼は溢れんばかりにパワーが溜まり、追いついてきた怪人に恋人繋ぎのまま強烈な一撃をお見舞いして見事に撃退できたのである。

 

もちろん彼女の服も例外なく弾け飛んだので、夕暮れの公園で全裸の高校生男女がいかがわしいことをしているようにしか見えなかった。

 

 

 

ともあれ、烈人の秘密を知った雲母は思った。

 

初めて怪人に襲われたのは5年前。

その時、エロスを吸い取る怪人からとんでもないエロス量だと暴露されて辱めを受けたのはおろか、一緒に遊んでいた彼にも聞かれたので、恥ずかしすぎて男を嫌いになることで心を閉ざしてしまったのだった。

 

しかし、彼がその怪人相手に頑張り続けていたことを知り、久しぶりに「れっくん」と呼んであの頃に戻ろうとした。

 

なのに、ヒーロー仲間の美少女3人と同居していると聞かされ、再びアイアンメイデンに戻ってしまったのだった。

 

 

2話

美少女たちとの同居生活は朝から波乱万丈。

 

関西弁のちっぱいこと、ピンクの桃園百花は犬のルンバに奪われた下着を探しにブラ姿で彼の部屋に駆け込んで来るし、常にマイペースのブルー、天空寺宙はよく部屋を間違えて彼の布団の中に潜り込んで目覚めていた。

 

一番巨乳で常識人っぽいホワイト、白雪舞姫はまともには違いないが、ルンバに身体をまさぐられて喘ぎ声をあげる、とてもそそらせる女の子だった。

 

 

その中に、まだ星乃雲母の姿はなかった。

 

なぜかと言えば、せっかく烈人と昔みたいになれるかと思ったのに、美少女3人と同居していると聞かされるわ、その常人離れしたエロスを使ってヒーローの仲間入りをしてくれと言われるわでまた辱めを受けた気持ちになり、翌日からまたアイアンメイデンな学校生活を送っていたのである。

 

 

 

彼は説得する役目を任されたのだが、彼女のトラウマを目撃しているのもあって無理強いはしなかった。

 

怪人のせいで俺たちみたいに関係性を壊された人たちが大勢いるから、俺は戦うんだと理由を話すに留めておいた。

 

 

雲母も自分がそれなりにエロいことは自覚していた。

 

胸が大きくなり始めたまだ子供の頃から、烈人と触れ合うのに積極的だった。

 

あの夏の日、どっちの心臓の鼓動が早いか勝負をすると言って彼の手を自分の胸に当てさせたり、彼が恥ずかしがると、胸同士をくっつけて妥協した風に見せかけたりとしていたが、そうしている自分が一番ドキドキしていたのだから。

 

 

ませてたけど、今はもうおしとやかになった。

そう改めて言い聞かせているところにまた怪人出現。

 

襲われているのは告白してきた野球部男子で、卑猥な妄想を雲母でしていたのが分かるぞと怪人は暴露し始め、彼女はまた心を閉ざそうとする。

 

しかし、烈人の想いに少しでも協力しようと怪人の注意を自分に向けさせた直後、烈人が颯爽と現れ撃退してくれた。

 

 

しかし、エロスパワーに巻き込まれてまたしても二人仲良く全裸状態に。

 

彼が常に持ち歩いている着替えを借りようとしたが、その前に警備員がやってきてしまい、咄嗟にそばにあった車の中に身を隠した。

 

だが、外から見えないように密着したせいで、彼女の鼓動があの夏のように彼の背中に伝わっていく。

 

 

彼女はもう自分がエロいことを受け入れ、エグゼロスに入ることを決めた。

 

ただし、自分でも他の娘でもエロスを溜めるのは禁止だと彼に伝えた直後、悪戯な風が吹いてシャツをはためかせ、まだ何も履いていない下半身を彼に見られてしまうのだった。

 

 

 

晴れてヒーロー仲間たちと同居生活を始めたのだが、入居初日にさっそくお風呂で彼に全裸を見られてしまった。

 

しかし、それで逆にエロスが溜まって初出動は大活躍できたのである。

 

3話

今度の敵は下着を盗んで回る蝶々のような怪人たちだった。

雲母が取り逃がさないように離れて待機していたところに、百花が仕留めそこなった一匹が逃げてきた。

 

雲母は初日のように一発で仕留めようとしたのだがなぜかダメージさえ与えられず、逆に下着を盗まれてノーパンにされる辱めを受けて逃がしてしまうのだった。

 

寮に戻って女子会兼反省会を始めると、どうやら雲母はあれ以来烈人になんの接触もないようで、そのせいでエロスがガス欠を起こしているのだと分かった。

だが雲母はエッチなDVDを観るのも嫌だと拒絶し、ヒーロー活動に全てを捧げているちっぱい百花を怒らせてしまう。

 

百花は全てが自分の上位互換である姉にコンプレックスを抱いていた。

 

特に胸の小ささを気にしていたので、牛乳風呂でバストアップ効果があると知るや、すぐにトライして白濁液を自分の身体に擦り込んでいた

 

そこに風呂に誰も入っていないと思った烈人が乱入。

すぐに出て行こうとするが、百花がのぼせ上がっているようなので、仕方なく目を瞑って彼女の腋に腕を差し込み、ささやかな膨らみを感じながら引きずり出してあげた。

 

すると彼女は頭が湯だっているせいか、貧乳コンプレックスが口から滑り出た。

 

彼は牛乳臭い理由が分かったが、どう風呂に入ろうが自由だしこのことは誰にも話さないよとカッコよく励ましたが、エロスをパワーに変える装置はこれでもかと反応していた。

 

4話

雲母が百花に厳しく言われたことに少し凹んでいた時、母から電話がかかってきた。

 

住み込みのボランティアという体で家を出ている雲母。

そんな娘の声色一つで何かに悩んでいるのを察知した母だったが、でも烈人も一緒に住んでいるのだから大丈夫だろうし、おそらく烈人絡みの悩みだと感づいた。

 

5年前くらいから特に烈人にそっけなくなったのは、きっと烈人が特別で信頼しているからだと母は気付いていた。

それはまだ雲母本人も気付いていない心情だったが、母のその指摘でそうなのかもしれないと思った。

翌日のプール授業の終わりのこと。

友達の夕奈が下着がなくなっていると騒ぎ出した。

 

下着盗難と言えば、この前取り逃がした怪人が思い出され、その通りその怪人が更衣室に入り込んでいるのを見つけた。

 

雲母は水着のまま、校舎内を追いかけだした。

 

 

程なくして水着美少女疾走の騒ぎを聞きつけた烈人も合流してくれたが、痴女まがいの行動でエロスを溜めているのだと誤解されてしまう。

 

ともあれ、あっという間に怪人を捕まえる彼はカッコよく見えた

 

小型怪人なので服の弾け具合もシャツだけに留まり、彼は下着を雲母に手渡そうとした。

その瞬間をクラスメイトに見られてしまい、まるで烈人が盗んだ下着を雲母が取り返そうとしているようにしか見えなかった。

だが、男嫌いの雲母が誤解だと話してくれたおかげで、彼の学校生活の平穏は無事に保たれたのである。

 

 

そしてその日の夜。

 

百花の牛乳風呂事件でまた軽く疲れた彼は、早々に布団に入って眠りについていた。

 

しかし、ドアを開ける音に目を覚ますと、なぜか下着姿の雲母がいたのであった。

 

 

感想

ド級編隊エグゼロス1巻でした。
面白度☆7 変態度☆10

絶対、全裸でいるところを一度や二度以上に一般人に目撃されているでしょう。

一般人より、そっちの女優さんに依頼すればエロスも十分だと思いますし、それはそれで甘酸っぱさがないなりにおもしろい展開が作れそうな気がします。

でも、ジャンプでは無理かな。

番外編ギャラリーもあるド変態なコミック1巻でした

ド級編隊エグゼロスを読むならこちら

https://kuroneko0920.com/archives/35036