「インフェクション」無料32話ネタバレ。蘇る感染者たち

インフェクションネタバレ感想第32話
蘇りし者。新型保菌者と接触する感染者

新型保菌者の動きが止まり、奴らは皆一斉に同じ方向に向かって進みだした。

襲われることはなくなったが、得体の知れない行動に緊張が走る。

果たして、何をしようと言うのか。

 

 

蘇りし者

鈍い音を響かせる遠吠えのせいか、新型保菌者の動きが止まった。

しかし、それも束の間。
その声に導かれるように、同じ方向を目指して動き出す新型保菌者の群れ。

 

遠吠えの発信源である国際ホールに新型保菌者が集結し、消防隊員たちは、
状況確認のため、中に潜入を試みることに。

 

らぎ姉に外を任せ、彼らはホール内へと足を踏み入れていく。
どうやら、新館に集まっているらしく、嫌な予感がよぎってしまう。
新館には、噛まれて仮死状態になった感染者が安置されているのだった。

 

 

晴輝は確認作業の間に、紗月に電話をしに少し場を離れる。
その隙に、きららはらぎ姉に「もう応援できない」と気持ちを打ち明ける。

言葉少なの恋バナも束の間、新館内で何かトラブルが起こる。

 

晴輝も戻ろうとするが、聞きなれた彼を呼ぶ声がどこからか聞こえてきて、
思わず、そっちに向かって駆け出していく。
彼を呼ぶ声に従っていった先にいたのは、香里だった。

 

新館に潜入した消防隊員たちは無事なようだった。
新型保菌者が急に爆発したが、彼らに怪我はないようだった。
爆発は花粉の様な粉をまき散らし、感染者の顔に染みのようなものを作っていた。

 

新種のウイルスかも知れず、すぐに封鎖作業に入ろうとするが
仮死状態にあるはずの感染者たちが次から次に起き上がっていく

 

隊員たちを取り囲み、耳を劈く咆哮をあげた。

 

 

一方晴輝は、香里との再会に涙が溢れていた。
姿形は香里に違いないが、不敵な笑みを浮かべるそれは、
果たして本当の香里なのだろうか・・・

 

 

感想

新型保菌者との争いが収束するかと思いきや、新展開が始まりそうです。

尻成分はなかったものの、香里成分が急上昇していきそうですね。

次回からはマガジンポケットで連載するそうですが、スマホ用のアプリしか
ないのが、使い勝手が悪いところなんですよね。