著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

インフェクション77話
ネタバレ感想

蓮華の漢方薬の効果が切れても、らぎ姉はされるがままに。

晴輝は嗜虐心をそそられて、彼女に攻めさせようとする。

この束の間の平穏時に、二人は一線を越えてしまうのか?

 

 

77話 戦士の覚悟

晴輝に煽られたらぎ姉は覚悟を決めたようにムクリと身体を起こし、彼の方を向いた。

 

それでもまだ、すぐに自分から攻める勇気がでないのか動こうとしない。

 

 

彼は今何を言えば彼女が動くのかスッと思い浮かび、それが今彼女が言って欲しい言葉だとも確信が持てた。

 

だから、ドSな風に一生妄想の中でだけ楽しんでろよと冷たく言い放った。

 

すると彼女は素早く距離を詰めたかと思うと、彼の乳首に音を立ててキスし始めた

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

そうすれば彼が喜ぶと思ったのか、自分がしたかったことなのかは判然としないが、ただそれは引き止めるための愛撫には違いなく、可愛く甘えるような声を出した。

 

彼は乳首を吸われながら、最早これは素直を通り越した彼女のむき出しの欲望なのではないかと思った。

 

 

漢方薬にも頼らずに彼女の深いところまで引き出せたのだから、もしかしたら、心が通じ合っている状態なのかもしれないとさえ思えた。

 

だって視線を下にずらせば、彼女が必死に乳首を舌で転がしもう片方もお留守にせずに指先でこねくり回しているのだから。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

だが彼は手を緩めなかった。

 

殻を破った彼女に最後までさせるため、本当にしたいのはそこじゃないだろ?と、またSっ気を出しながら頭をグイっと下に押し、猛々しくそそり立つ硬くて脈打つ一本の棒の目の前に顔をやった

 

彼女は荒い息遣いのまま、その匂いを嗅ぐように鼻からすう~っと酸素を吸い込み、幾分とろけた表情に変わってから吐き出した

 

そして口をはしたなく大きく開け、躊躇なく口に含もうとした。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

 

その時、突然彼のスマホの着信音が鳴り響いた。

 

二人ともビクッと反応して勢いを殺がれてしまったが、彼はこんな状態で電話に出る気も起きず、早く股間に溜まった熱いものを出したくて堪らず、改めて彼女に続けさせようとした。

 

彼女も素直にもう一度口を開けて近づけると、着信は留守番サービスに代わり、電話をかけてきた相手はすぐにメッセージを吹き込み始めた。

 

それは神城の声だった。

 

 

体調が戻ったのなら集合しろというお達しだったが、彼はこんな生殺し状態で止められるものかと心中で反抗する。

しかし、晴輝の父親がいる地下研究所にメットの核を届けに行くらしく、当分父親に会う機会もなくなるぞと軽く脅してきた。

 

家族もそうだが、まさに命がけで手に入れたメットの核を届けに行くのは、消防士としてできるだけの命を助けると誓った彼にとって疎かにできない任務だった。

 

 

話を聞いていたらぎ姉は、あの夜、彼ときららが野外プレイをしたことを思い出して念じた。

私も平等に愛してくれるよね?と。

 

晴輝もそうしたかった。

しかし、そこで父親と妹を一気に失った小鳥の悲しそうな顔が浮かび、彼女がいる研究所に行くことを優先してしまったのだった。

 

 

 

残された全裸のらぎ姉。

 

彼女は期せずして、紗月と同じ行動を取らざるを得なかった。

 

 

ベッドを力強く恨みをこめて何度も叩いた。

 

川内の避難所でも、晴輝とヤレるチャンスはあったのに、その時もタイミングの悪い神城に邪魔されたことを思い出し、彼の名を叫んだ。

そして蓮華は、報われぬご主人様を思って泣いた。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

[ad#co-2]