ToLOVEるダークネス69話ネタバレ感想
リトに男を感じた籾岡、可愛く喘ぐ

ビッチパーフェクトな籾岡。

リト氏のワイルドさを引き出そうと、生まれたままの姿で誘惑。

イニシアチブを取るつもりが、可愛く喘がされる。

 

 

ネメシス。当然のように顔面騎乗

籾岡は学校にリトの親父の漫画を持って来て読んでいた。
それを見つけた唯は、当然注意して没収してしまう。

 

今日はララ3姉妹は宇宙パーティーに出席しなければならず、美柑もお泊りへ。
それを聞いた籾岡は、今夜は慰めに行ってやろうかと、リトをからかう。

 

さらにそれを草葉の陰で聞いていた春菜は、あらぬ妄想を繰り広げていた。

 

 

 

籾岡は久しぶりの両親との食事を楽しみにしていたが、ドタキャンされてしまい落ち込む。

 

 

 

美柑が出かけ、一人でくつろいでいると、ネメシスが出てきて、ちっぱいを覗かせる。

 

この機会にヤリまくろうと言い、あそこを見せつけてくる。

 

エッチをヤリまくると思っていたが、ネメシスはゲームの事だったらしく、
行き場のない性欲を持て余すリト。

 

[ad#co-2]

 

その時、不意に籾岡が訪ねてきた。
今日泊めてねーと強引に上がり込んでくる。

 

そしてもちろん、シャワーを浴びて身体を清める籾岡。

 

和室に籾岡の寝床をセッティングするが、彼女はリトの部屋にバスタオル一枚で入って来る。
先日の壁ドンが思いのほか、効いていたようだ。

 

 

その頃美柑は、友達とトランプなどに耽っていたが、
リトのことが心配になり、頭に女の影がよぎる。

 

 

籾岡はワイルドな部分があるなら見せてよと、身体を押し付けてくる。

 

それを挑戦と受け取ったネメシスはリトに憑依し、バスタオルを剥ぎ取る。

 

 

キリッと表情が引き締まり、おっぱいに手を伸ばす

 

ベッドに腰掛け、彼女を足の上に座らせ、乳首と唇を合わせていく

 

ネメシスが舌なめずりして、さてどうしてやろうかと思っていると、
籾岡がその気になって来る。

 

そこでリトにバトンタッチ。

そのタイミングで、ポケットに入っていたリトのスマホが振動し、
籾岡のあそこを刺激して、可愛い喘ぎ声を出させた。

 

 

心配した美柑からの電話にムードが壊されたものの、満更でもない顔の籾岡。

 

本番はまた今度に持ち越しということで。

 

 

感想

ToLOVEるダークネス第69話でした。

ビッチ型同級生籾岡との束の間のいちゃこらでしたね。

こういうタイプの女の子の方が、かなり可愛い面を持っていたりしますから、
さぞ燃える事でしょう。

 

[ad#co-3]