• 終末のハーレム修正前
    「終末のハーレム」ネタバレ無料修正前最新34話&35話情報。SMプレイの激しい4Pと賢者タイム
  • 終末のハーレム修正前
    「終末のハーレム」ネタバレ無料修正前最新33話&34話情報。お風呂での密会は胸も股間もドキドキ!
  • パラレルパラダイス
    「パラレルパラダイス」ネタバレ無料最新28話&29話。新婚旅行気分で野外立ちバック!
  • ハレ婚
    「ハレ婚」ネタバレ無料最新148話&149話。ゆず巨乳と小春微乳と龍パパ奮闘劇!
  • ゆらぎ荘の幽奈さん
    「ゆらぎ荘の幽奈さん」ネタバレ無料最新89話90話91話。千紗希の騎乗位と紫音の顔騎!
  • GIGANT
    漫画「GIGANTギガント」ネタバレ1話感想。少年とAV女優の出会い描く奥浩哉新連載!
  • 進撃の巨人
    「進撃の巨人」ネタバレ最新99話&100話。宣戦布告と共に開戦の狼煙を上げるエレンゲリオン!
  • デッドチューブ
    「DEAD Tubeデッドチューブ」ネタバレ無料最新9巻35話~37話。正義とエッチ中毒のジャスティスメン!
  • たとえ灰になっても
    「たとえ灰になっても」ネタバレ無料最新34話&35話。そのおっぱいに抗うか否かの心理戦!
  • インフェクション
    「インフェクション」ネタバレ無料最新85話&86話情報。たわわな谷間の鮫島教授が燃やす復讐心!
  • ド級編隊エグゼロス
    「ド級編隊エグゼロス」ネタバレ最新10話&11話感想。全校生徒の前で全裸危機と顔射プレイ!
  • なんでここに先生が
    「なんでここに先生が!?」ネタバレ無料32話&33話。オカズにされまくる先生とエロクリスマス!
  • ゴブリンスレイヤー
    「ゴブリンスレイヤー」ネタバレ無料最新4巻18話&19話情報。剣の乙女はそそる体つきの目隠しお姉さん!
  • すんどめ!!ミルキーウェイ
    「すんどめ!!ミルキーウェイ」ネタバレ無料12話13話14話3巻。ジムの更衣室で元カノを喘がせる!!
  • この愛は、異端
    「この愛は、異端」ネタバレ無料2巻8話9話10話。初めて濡れた股間を触られ堕ちゆく美女
  • 「モンキーピーク」ネタバレ無料最新5巻。最悪の結末に加速する人間VS人間&猿
  • ToLOVEるダークネス
    「ToLOVEるダークネス」ネタバレ最新番外編2017。最終回の後にララがリトに挿入されて大復活!
  • 復讐の未亡人
    「復讐の未亡人」続編ネタバレ無料最新22話。娘が魔性を使って父親をかどわかす
  • 巨蟲列島
    「巨蟲列島」無料ネタバレ最新5巻20話。スポーツ女子が男とヤッている間に大ムカデ襲来!
  • 「無邪気の楽園パラレル」最新ネタバレ無料スピンオフ。最終回直後は真夏のボディペインティング!
  • クズの本懐デコール
    「クズの本懐デコール」スピンオフ番外編ネタバレ1話。鴎端モカのドキドキ初合コン!
  • ドメスティックな彼女13巻
    「ドメスティックな彼女」無料ネタバレ最新13巻袋とじ連載回収録。我慢し切れず自宅でエッチ!
  • 終末のハーレム
    「終末のハーレム」最新無料ネタバレGIGA番外編修正袋とじ!翔太ガールズの入浴タイム!
  • 長く使いたいおすすめ最新電子書籍サイト2017!
  • U12
    漫画「U12」ネタバレ無料2巻感想。百合プレイにブルマ綱渡りで狂乱が止まらない!
  • U12
    漫画「U12」ネタバレ無料1巻。ロリ少女たちVSド変態共の命懸けの戦い!
  • 江口くんは見逃さない
    「江口くんは見逃さない」ネタバレ無料最新2巻感想。夏の露出と同級生お姉さんのチラリズム満載!
  • 江口くんは見逃さない
    「江口くんは見逃さない」ネタバレ無料1巻感想。チラリズムフェチに薦めたい珠玉の一冊!
  • 「君は淫らな僕の女王」ネタバレ無料2巻完結最終回。ヤリまくりの日々から一転、もげる危機!
  • 「君は淫らな僕の女王」ネタバレ無料1巻。自制心を無くした美少女が卑猥な言動連発!
ちおちゃんの通学路
  • 終末のハーレム
    「終末のハーレム」ネタバレ修正前無料全話最新話までの番外編。翔太ガールズの入浴カラー版!
  • 「終末のハーレム」無料最新話までの全話ネタバレ修正前。規制解除版を大特集!
  • 「終末のハーレム」無料全話最新話までの修正前ネタバレエロシーン特集!

ちおちゃんの通学路7巻
ネタバレ感想

薄い顔ながら、濃い~通学の時間を過ごしているちおちゃんと真奈菜。

常に一緒にいる二人でも、どうにかして相手より一つ上を行こうとする低い競争意識を持ち、今日も今日とてゲスい顔でニヤける二人の女子高生・・・

 

 

ブラッドラスト

ちおちゃんは目を瞑って、今かまだかとびくびくしていた。

 

目の前には、真奈菜が手を振り上げて待っている。

 

そしてあえなく、脳天にチョップを食らってしまうのだった。

ちおちゃんの通学路

著者名:川崎直孝 引用元:ちおちゃんの通学路7巻

 

 

もちろん一方的な暴力ではなく、ちおちゃんがお願いしたことだった。

 

いつものようにゲームをしていて、相手プレイヤーの背後を取ったちおちゃんは、さっくりナイフで殺ってやろうとしたのだが、突然振り返られて返り討ちに遭ったらしい。

 

その相手曰く、なんか殺気を感じたとか言うので、ちおちゃんも真奈菜に頼んで相手の気配を察する特訓をしていたのだ。

 

 

真奈菜は内心でイライラしながら、仕方なくもう一度振り下ろすと、また当然頭にヒットしたのだが、今度は確実に殺気を感じたとか言い出すちおちゃん。

 

せや!相手が本気やったから感じたんや!とちおちゃんは導き出し、よっしゃ、今度は本気でビンタしてや!と頼んできた。

 

 

さすがの真奈菜も躊躇した。

 

いくらなんでも多くの時間を過ごしてきた親友の無防備な頬に平手を打つなど、正気の沙汰ではできないと思った。

思ったが、ここ最近の思い出を振り返って全然イケそうだと思い直したし、なんかギュッと目を閉じてる顔を見てたらムカついてきた

ちおちゃんの通学路

著者名:川崎直孝 引用元:ちおちゃんの通学路7巻

 

 

もう思いっきり叩きたいくらいに感情が高ぶって振りかぶった。

 

しかし、ちおちゃんは宣言通りに止めたのである。

 

それでも、真奈菜は残った左手を振りかぶった。だがしかし、それも止められてしまう。

 

 

一振りのみならず二振り目も受け止められるとは・・・

 

ちおちゃんは心眼を開いて喜び弾み、真奈菜に抱きつくが、恨みを抱いた親友は最早逆恨みの域に達していて、どうにかしてモヤモヤを解消しなければと悪い企みを思考し始めた。

ちおちゃんの通学路

著者名:川崎直孝 引用元:ちおちゃんの通学路7巻

 

 

そこでちおちゃんの承認欲求を利用して、第三者に心眼を見てもらわない?とナイスアイデアのように提案し、手のひらで転がすように計画へと誘ったのである。

 

 

 

そこで呼び出されたデスサイズ細川

 

なんの前置きもなくちおちゃんの頬を叩いて欲しいと言ってみると、まさに間を置かずに快諾してくれたので、それはそれでちょっと怖くなる。

 

 

一先ず理由を話すと、体育会系でならしている彼女は怪我でもさせかねないと感じて躊躇う。

 

しかし、キャラが振り切れている人間の人心掌握術を会得している真奈菜は、スポーツだと思ってさ・・・とテンプテーションワードを囁き、瞬時に彼女のスイッチを入れた。

ちおちゃんの通学路

著者名:川崎直孝 引用元:ちおちゃんの通学路7巻

 

 

人に手を汚させ、ちおちゃんから笑顔を奪う

 

涎が止まらないシチュエーションに持ち込めて真奈菜は気味の悪い笑い声を心の中で漏らしていたが、はて、細川雪に本気でしばかれたら、果たしてどうなるのだろうかと考えた。

 

 

直後に強烈なスイングが起こり、一陣の風が吹き抜けた。

 

それは頬には当たらず空振ったが、ちおちゃんの背後の茂みが真っ直ぐ押し倒されるほどの風圧だったし、全く持って殺気を感じ取れなかった。

 

 

その時、ちおちゃんは気付いた。

さっきのは単なるマグレだったのではないかと!?

 

それでも、もう後に引ける雰囲気ではない。

 

しばかれるか受け止めるかのどちらかしかなく、ちおちゃんは顔面崩壊を回避するために全ての感覚を研ぎ澄まし、周囲の映像をビジョン化できるほどまでに底上げした。

 

 

すると現れた邪悪な気配。

 

だがそれは目の前の雪ではなく、涎を垂らして決定的瞬間を撮ってやろうとスマホを構えている真奈菜の像だった。

 

そこで真実に気がついた。

自分の感覚は、長年の諸々を積み重ね合ってきた親友だけを感じ取るのだと。

ちおちゃんの通学路

著者名:川崎直孝 引用元:ちおちゃんの通学路7巻

 

 

その真奈菜像がぐにゃりと歪んだ瞬間を見逃さず、強烈なビンタをキャッチして顔面崩壊から生き残る事ができた。

 

しかしビンタの勢いは完全に死なず、僅かにメガネの弦に当たって弾け飛び、真横で待機していた真奈菜の両目にレンズがめり込むのだった。

 

 

キレる真奈菜。

薄いちおちゃん

ちおちゃんの通学路

著者名:川崎直孝 引用元:ちおちゃんの通学路7巻

 

 

その後も雪には怒らずちおちゃんだけにギャンギャン文句を垂れる真奈菜を、内心蔑むちおちゃんだったが、雪にまでその薄過ぎる顔を笑われたことなど知る由もなかった。

[ad#co-1]