著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

インフェクション78話
ネタバレ感想

らぎ姉とも未遂で終わり、悶々とした状態で研究所にやってきた晴輝。

小鳥を探して建物内を探していると、突然誰かに部屋に引っ張り込まれた。

それは、以前殺されかけたこともある外道の榎並夏苗その人だった。

 

 

78話 地下研究所にて

いきなり晴輝を部屋に引きずり込んだ榎並は、再会した感動を味わうことも、ゆっくり思い出話に興じることもなく、真っ先にスカートを持ち上げ、下着を履いていないあそこを人差し指と中指で広げて見せて誘惑してきた。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

晴輝は照れや欲望の前にまず怒りがこみ上げ、声を荒げてすぐに彼女から離れ、部屋を出て行こうとした。

 

 

この保菌者騒動に巻き込まれてからこっち、榎並には出会った当初から悪女の本性を見せられてきたから、もうさすがに今は彼女の言葉を鵜呑みにすることもなかった。

 

 

思わぬ反応に彼女は背中に縋りつき、ただ二人きりで話したかったのだと涙を零し始めた。

 

さすがに力づくで振り解くのは躊躇われ、彼もドアノブに伸ばした手を下ろした。

 

すると、すぐさま彼女は涙を引っ込めて彼を部屋から出さないようにするため、自分の方が犯されたという状況にするつもりだと脅し、彼の選択肢を無くすのだった。

 

 

それは冗談だと言うが、もちろん信用できたものではない。

 

それはそれとして、彼が小鳥を探していると言うと、以前に手マンをして辱めた彼女はすっかり小鳥と仲良くなったなどと嘯き、案内してあげると言い出した。

 

 

もちろんそれも信用できたものではない彼は、これでもかと胡散臭そうに思っている顔を向けるが、彼女はニコヤカさを崩さずに、仲良くしたい理由を打ち明けた。

 

もう、同じ学校で生き残っているのは自分たちくらいでしょう?

 

そう言う彼女の上目遣いは、自分の利だけを考えて生きている気分屋の猫のように鋭かった。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

 

彼女の部屋に移動して、お茶をご馳走されることになった。

 

彼はまだ彼女を憎み切れていなかった。

 

それは、保菌者騒動で彼女の悪女っぷりを目の当たりにする前から彼女を知っていたからで、菊池先輩といる彼女は、ただ彼氏と楽しそうにしている、どこにでもいる女の子にしか見えなかった。

 

それが保菌者騒動が起こるや、彼氏をも生き抜くための駒にして、少なくない人間を騙して死に追いやったところを見せられ、危うく自分も殺されかけた。

 

それが彼女のなのか、生死をかけた状況に追い込まれて変わってしまったのか、判断できなかった。

 

 

彼からそんな風に思われていることなど知ってか知らずか、彼女は童貞卒業した?と訊いた。

 

さっき、スカートを上げて陰部を広げて見せたと言うのに、特に慌てることもなくすぐに怒って部屋を出て行こうとしたことから、既に女の子のあそこにぶちこんで経験して余裕が出たんだと感づいたのだった。

 

 

彼はポーカーフェイスを気取ることができず、お茶を吹き出してあっさりバレてしまう。

 

彼女が気になるのは、きららからぎ姉のどっちとヤッたかで、なんだかんだ言ってきららの方だと突きつけると、彼はすぐに表情で正解を漏らす。

 

いや、実は二人ともヤッてるでしょ?と言い直され、それにもすぐに顔に出てしまう。

 

 

彼女は彼が慌てる様をからかって楽しみ、そして二股はどうだと、また鋭く目を光らせた。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

彼はやはり彼女のペースには勝てないと思った。

 

とにかく矛先を変えようと思い、彼氏といる時に感じていた幸せは何か訊いてみた。

 

 

その質問で彼が今何を悩んでいるのか敏感に察知した彼女は、逆にどう見えてた?と訊き返した。

彼は幸せそうに見えたと答えた。

 

 

彼女の幸せは、一瞬でも自分だけを見てくれていると感じた時だった。

 

それは女の子なら誰でも求めることで、その感じさせて欲しい長さは人それぞれだろうと。

 

そして、もう誠実に一人だけを完璧に幸せにはできないと彼に突きつけた。

 

なぜなら、もう女の肉の感触を知ってしまったから。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

[ad#co-2]