著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2017年44号

ゆらぎ荘の幽奈さん81話
ネタバレ感想

ゆらぎ荘に来たばかりの頃の狭霧の初々しいエピソードを知った住人たち。

ツンデレを地で行く彼女の可愛らしさに目を細めながら、仲居の手料理に舌鼓を打つ毎日。

そして今日の献立は、おそらくメバルの煮付けだ。

 

 

81話

仲居に買い物のメモを託され、夕飯の材料のお使いに出たコガラシと幽奈。

 

その内容から察するに、夜々が喜びそうなメバルの煮付けだと思われた。

 

 

まだ今すぐ帰らなければならないような時間でもないので、幽奈はちゃっかり散歩に誘って二人きりの時間を引き延ばそうと考えた。

 

すると道の先に、一匹のがいた。

 

屋根の上をとことこと歩いていく猫に興味を引かれた二人は、散歩がてらついていってみることにした。

 

 

てくてくと歩みを進め、小川を渡り、小高い丘の上に着いたらば、そこにはたくさんの猫が棲み家にしている朽ちかけた木造家屋があった。

その中には尻尾が何本もある、猫神様もいたのだ。

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2017年44号

 

 

二人がその猫神に気付いた直後、もちろん夜々登場

 

猫が集まるところに夜々あり。

 

そこも彼女のテリトリーの一つらしく、ゆっくりしていけと言ってくれる。

 

 

 

観光地育ちの猫らしく、得体の知れない幽奈にも懐き、コガラシは溢れる中身のイケメンオーラで何もしなくても擦り寄られていた。

 

 

ここに辿り着いたのがメバルその他を買いに行く途中だと知った夜々もついてくることになり、あまり長居はせずにスーパーに向かうことにした。

 

去り際、幽奈が猫の生活も楽しそうですね~なんて話すが、まさかそれがとんでもないトラブルを引き起こすとは知る由もなかった。

 

 

 

メバル一尾398円

 

この辺りにしては大特価で、チラシで見つけた仲居が逃すまいと今日の夕飯に選んだのだ。

 

魚にはうるさい夜々はじっくり吟味して選び、ほくほくと満足気な笑みを零す。

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2017年44号

 

 

滞りなく必要なものを買い揃えてスーパーを出ると、さっきの廃屋にいた二匹の猫が彼らを待ち受けるようについてきていた。

 

可愛らしい行動だなと思って幽奈は一匹の頭を撫でた。

もう一匹はコガラシの足に擦り寄った。

 

その瞬間、二人にしか分からない感覚に襲われ、なぜかその二匹の猫になっていた。

 

そして二匹の猫は、逆に幽奈とコガラシになっているようだった。

 

つまり、意識だけが入れ替わったのだ。

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2017年44号

 

 

ニャーニャーとしか言えずに困っていると、今度はあの老体の猫神がやってきた。

 

そして夜々が聞いたところによると、猫の生活に興味を持った幽奈たちのために、特別に猫体験をさせてあげたらしい。

 

それはまあありがたい話だが、本来の身体を猫に預けるのは止めて欲しかった。

 

 

案の定、二匹が人間らしく振舞ってくれることはなく、幽奈の方から窮屈な浴衣をはだけさせて上半身裸になってしまった。

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2017年44号

 

普通の人間には見えないことだけが、せめてもの救いだった。

 

 

そして誰からも見えるコガラシはパンツ一丁に早変わり。

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2017年44号

 

したかと思えば、事情を察した夜々憑きの猫神がコガラシ猫の気配を消してくれて、一般人に見えなくしてくれた。

[ad#co-2]