テセウスの船 サスペンス

「テセウスの船」漫画ネタバレ無料1巻。凶悪犯の息子が過去に戻るクライムサスペンス!

テセウスの船

更新日:

テセウスの船1巻ネタバレ感想

もうすぐ出産を迎えようとしている妻がいる、田村心。

彼の父は彼が生まれる前に、大量殺人犯として逮捕されていた。

しかも父は、現職の警察官だった。

 

 

誕生と別れ

音臼小無差別殺人事件と題された未曾有の殺人事件は、1989年6月に起きた。

 

 

28年前の1989年6月24日。

小学校のお泊り会で出されたオレンジジュースの中に青酸カリが混入されており、それを飲んだ39名のうち、教職員5名、児童16名が犠牲になった。

 

その後、警察はある男の家から青酸カリを押収し、その男を逮捕した。

 

佐野文吾32歳。現職の警察官だった。

 

 

 

心が起きて顔を洗っていると、妻の由紀が辛そうにお腹をさすっていた。

 

産徴が続いているので、そろそろ産まれる頃だった。

 

心は由紀のリクエストに応えて、まだ見ぬ我が子のために自分で作った曲をハーモニカで吹いて聴かせた。

テセウスの船

著者名:東元俊哉 引用元:テセウスの船1巻

 

 

由紀の両親は心の父親の件もあって、最後まで結婚に反対し続けていて、出産にも来る予定はなかった。

 

逆に心の母は、あの事件依頼大変な思いをして子供3人を育ててきた立派な母親だったが、子供たちにも笑顔で生きる資格はないのだと教えるほど、懺悔だけを胸に生きるようになってしまっていた。

 

 

心自身も教師の夢を諦めて一般の会社で働いていた。

 

しかし由紀は、父親が起こした事件の責任は心にはないと励ましてくれ、当時の事件のことまで調べてノートに書き留め、新聞記事までスクラップしていた。

 

その調べた中に、無差別殺人事件が起きる前に、村内でいくつか事件が起きていたことまで調べていた。

 

 

 

後日、心の仕事中に由紀が急に産気づき、病院に運ばれた由紀は女の子を出産した。

 

だが、彼女は子供の顔を見ることなく亡くなってしまったのだった。

テセウスの船

著者名:東元俊哉 引用元:テセウスの船1巻

 

 

葬儀でも心の母は涙を見せないようにしなさいと彼に釘を刺した。

 

由紀の両親は、娘が死んだのは全て心のせいだと激昂し、産まれたばかりの孫を引き取るとまで言い出した。

 

 

心は娘を連れて家に帰り、由紀が遺した事件を調べたノートを読んだ。

 

どうやら彼女は父の冤罪の可能性を見出していたようで、心は親権を守るためにもその事件と向き合うことを決め、父に会いに札幌の留置所に行くことにした。

テセウスの船

著者名:東元俊哉 引用元:テセウスの船1巻

 

 

 

担当弁護士と会う前に音臼村を訪れた。

 

今は誰も住んでいない廃村になっていて、小学校跡地には慰霊碑が建っていた。

 

その辺りを歩いていると濃い霧が立ち込め始め、自分の手がかろうじて見えるくらいに前が見えなくなった。

 

何かに躓いて転んだ直後、急に風の音がゴオっとなり、いつの間にか一面真っ白な雪に覆われていた

 

その日は、まだ夏に入ったばかりの6月だった。

 

 

 

目線を上げれば、なぜか取り壊されたはずの音臼小学校がそこにあった。

 

どういうことか理解できないでいると、狐面を被った奇妙な子供が声をかけてきた。

テセウスの船

著者名:東元俊哉 引用元:テセウスの船1巻

 

 

それにも驚いていると、今度は老婆が声をかけてきた。

 

慌てて逃げ出すが、スマホの電源も入らないしどこに車を停めたかも分からなくなった。

 

偶然見つけた電話ボックスで弁護士事務所に電話をかけたが、なぜか使用されていない番号になっていた。

 

 

とにかく村を出ようと思ったがどこをどう行っていいのか分からず、近くの民家のドアを叩いた。しかし、中に人の気配があるのに誰も出て来てくれない。

 

ふと表札に被った雪を払ってみると、佐野と書かれていた。

 

そしてその直後、雪に埋もれて意識を失っている少女を見つけたのだった。

テセウスの船

著者名:東元俊哉 引用元:テセウスの船1巻

 

 

 

三島外科医院という病院を運よく見つけられ、そこに運び込んだ。

 

少女の治療が終わるのを待っている間、院内で見たカレンダーやテレビによると、今は1989年1月7日で平成になったばかりだった。

 

さらに由紀のノートのスクラップ記事によると、助けた少女の名は佐野鈴と言い、心の12歳上の姉で、家の屋根の除雪中に誤って転落した事故のようだった。

 

 

その時、姉の名を叫びながら男が駆け込んできた。

 

警察の制服を着たその男は、間違いなく佐野文吾だった。

テセウスの船

著者名:東元俊哉 引用元:テセウスの船1巻

[ad#co-1]

 

娘が大事に至らずに喜ぶその様子は、とても無差別殺人をするようには見えなかった。

 

心はしつこく恩を返したいと言う彼を振りきり、まだ吹雪いている外に出た。

 

するとまた別の少女に話しかけられた。

 

その子も由紀のスクラップ記事にあった三島千夏と言う7歳の少女で、病院の倉庫にあった除草剤のパラコートを誤って飲み、中毒でまさに今日死亡することになっていた。

テセウスの船

著者名:東元俊哉 引用元:テセウスの船1巻

 

 

心は彼女を助けるため、ごまかしてパラコートのボトルを盗み出し、千夏の怪しむ目線を振り切って森の中に入り、中身を全て捨てた。

 

 

これで千夏は助かるはずだと思って安心していると、なぜか文吾がその千夏と一緒に歩いている所を目撃してしまうのだった。

 

 

追いかけたが、吹雪に遮られてすぐに見失ってしまった。

 

すると今度は、兄の慎吾を連れた若い頃の母に出会ってしまった。

 

 

こんな吹雪の中で薄着でいる彼は心配され、姉を迎えに行くらしい母についてまた病院に戻ることにした。

 

 

心が知っている姉は顔中凍傷の痕が残っていて、それを運命の呪いだとよく言っていた。

 

しかし、彼が助けたおかげで軽い霜焼け程度で済み、綺麗な顔を失わなかった。

テセウスの船

著者名:東元俊哉 引用元:テセウスの船1巻

 

過去を変えれば未来も変わると知った彼は、千夏も助かるはずだと確信した。

 

 

しかしその直後、外で文語の騒ぐ声が聞こえてきて、彼の傍にはグッタリした千夏がいた。

 

 

倉庫の前に倒れていたのを見つけたと文語は言うが、一緒にどこかへ歩いていくのを見た心は信じられなかった。

 

文吾が署に連絡しているのを聞いていると、千夏が何かを盗んだ男を追いかけているのを文吾が見つけ、彼女を倉庫の前まで送り、彼はそのまま盗難犯人を捜しに出たらしかった。

 

 

文吾は明らかに心がその犯人の風貌と一致しているを分かりながら、まだあくまで娘の恩人として接するのを止めなかった。

 

母も娘の恩人の彼が自分の旧姓と同じ田村だと知るとさらに厚意を抱き、行く宛てのない彼を家に招いてくれた。

 

だがその日の夕食中に、千夏が亡くなったと連絡が入った。

テセウスの船

著者名:東元俊哉 引用元:テセウスの船1巻

 

 

未来はやはり変えられないのか?

そもそも、本当にただの誤飲事故なのか?

文吾の話は本当なのか?

 

何を信じていいのか分からないでいると、心が倉庫で千夏と一緒にいるところと何かを盗み出したのを見た人物が接触してきた。

 

それは、鈴を発見するはずだった新聞配達員の男だった。

 

 

千夏の事件のことで疑いの目を向けてくるが、間に警官の文吾が入ってくれたことで彼は渋々引き下がっていった。

著者名:東元俊哉 引用元:テセウスの船1巻

 

 

しかし、結局親子で疑い合うことになってしまった。だが今度は母が恩人を疑うなと言って文吾を叱り、妙な事情聴取は有耶無耶のうちに終わった。

 

 

1月10日。

由紀の調べと同じ日に千夏の死因が、やはりパラコートの中毒症状だと判明した。

 

通夜に出かけた母たちの代わりに留守番をしながら、除草剤であるパラコートが一つの家庭に何個もあるとは思えないでいると、自宅と繋がっている駐在所の中から、ダンボールに入ったパラコートのボトルを見つけたのだった。

テセウスの船

著者名:東元俊哉 引用元:テセウスの船1巻

 

 

無差別殺人以外も文吾の仕業なのか?

 

その彼は心を疑っているようにも見える。

 

心は由紀が調べ上げた無差別殺人以前にこの村で起きる事件事故を全部変えてやろうと決意し、無差別殺人が起きる6月までこの村に滞在するため、うまい理由をつけてこの家に住まわせてくれるよう母の了承を得た。

 

 

次に文語の了承を得ようとしたが、彼は心の運転免許証を勝手に漁って見ていた。

 

もちろんそれに印字されていたのは、今から見れば数十年後の未来だった。

 

 

感想

テセウスの船1巻でした。
面白度☆9 ミステリー度☆8

これはおもしろかった。

過去を変えて未来にどこまで影響があるのか考えないのはどうかと思いますが、人の生死がかかっているなら仕方ないのかも知れません。

まだ犯人が誰か分かりませんが、どう考えても最初に出てきた狐面の子供が怪しいです。

なぜなら、犯人らしき人物の語りが所々に挟みこまれているので、それを読めば疑わざるを得なくなります。

テセウスの船を無料で読む方法

[ad#co-4]

-テセウスの船, サスペンス
-, ,

Copyright© 黒猫がおすすめする漫画のネタバレと感想 , 2017 AllRights Reserved.