おススメコミック! ふたりのじかん 青春・部活・日常

「ふたりのじかん」漫画無料ネタバレ1巻。生足魅惑の写真部女子高生セクシーショット!

ふたりのじかん

更新日:

ふたりのじかん1巻ネタバレ感想

高校1年生の真田文人は写真部所属。

たった二人しかいない写真部のもう一人は、2年生の進藤和月。

彼女がまたいつもスキだらけで、目のやり場に困ってしまうのだ。

 

 

女子高生のスカート丈

ちょっと遅れて部室に顔を出した文人

 

すると和月は、何もすることがなかったのはグースカとソファの上で眠りこけていたのだ。

 

しかもその寝姿が健全な男子高校生にはとても刺激的で、短いスカートの奥が見えそうで見えない魅惑的な体勢になっていた。

ふたりのじかん

著者名:おにお 引用元:ふたりのじかん1巻

 

 

そこで彼の気配に気付いて彼女は起きたのだが、変わらずソファに寝そべって雑誌など広げながらスカートのことなどお構いなしに足を動かすものだから、もう堪らない。

 

そして彼女は彼のスケベ心を見透かしたように、女子高生のスカートに興味ある?と訊いてくるのだった。

 

 

ただそれは、彼女が読んでいた雑誌の話題だった。

 

後輩男子をからかうようなタイプの女の子じゃなかったのだが、やはりドキっとした文人。

 

全国の女子高生のスカート丈は地域によって様々で、ここは一つ彼の好みは何なのか気になっただけの、他愛もない世間話の一コマ。

 

 

しかし彼の視線は、今目の前にいる先輩のスカートから伸びる白い足にどうしようもなく注がれていて、それどころじゃない。

ふたりのじかん

著者名:おにお 引用元:ふたりのじかん1巻

 

 

その彼の視線に気付いているのかいないのか、同じく女子高生の生足に見惚れることがある彼女は、同じクラスの一際美脚の友達を呼んで生足撮影会をしようなんて言い出した。

 

 

彼は変にかっこつけて賛成しかねるが、なんとか理性を保とうと頑張る彼にずっとその綺麗な生足を見せつけ続ける和月。

ふたりのじかん

著者名:おにお 引用元:ふたりのじかん1巻

 

成人雑誌の企画みたいな部活動をしようとする彼女だが、ここ最近、ろくにカメラも触っていなかったのである。

 

 

美脚代表小野寺

さて、話題に出た和月のクラスメイトの美脚自慢のその子とさっそく対面する機会が文人に訪れた。

 

 

ある日の放課後、いつものように部室に行ってみると、ジャージを羽織った真ん中分けの女の子が何やら和月と押し問答していたのだ。

 

しかしそれは深刻な話などではなく、彼女の美脚を題材に生足撮影会をしたいと、和月が頼みこんでいただけだった。

 

そして彼が来て程なく、見事な土下座をしたのである。

ふたりのじかん

著者名:おにお 引用元:ふたりのじかん1巻

 

 

その人が美脚だと噂の小野寺先輩だった。

 

それはそれとして、和月は何かと有名人なのか、二人きりの部活動でも音を上げていない彼に小野寺は感心していた。

 

暴走しがちだと言われた和月は、彼にもそう思ってるか訊いてみるが、全く自然にスッと顔を近づけてくるせいで、純情少年の彼は目を逸らしながら、楽しくやれてますとモゴモゴフォローしなければならない。

 

 

その様子に、小野寺はピーンと察した。

ふたりのじかん

著者名:おにお 引用元:ふたりのじかん1巻

 

 

撮影会のモデルをやってもいいけどポーズとかよく分からないから、まず和月をモデルに写真を撮ってそれを後で見せてくれるならOKと告げ、流れるように写真部を二人きりに。

 

 

もちろんやる気満々の和月。

 

先輩を撮ったことはいくらかあるものの、生足を題材にするとなると、妙な気持ちになる。

 

 

そんな彼のドキドキに気付く気配もない彼女は、短いスカートを揺らしながら色んなポーズを取り、ついには熱が入りすぎて靴下までその場で脱ぎ出したのだ。

ふたりのじかん

著者名:おにお 引用元:ふたりのじかん1巻

 

だから彼はもう、プロカメラマン気取りで雑念を押さえ込むしかなかった。

[ad#co-1]

 

バレー部撮影

とある日の気だるい放課後。

 

和月がソファの上でダル~と足を上げて見えそうな体勢を取っている所に、珍しく顧問がやってきた。

 

村瀬真弓30歳

 

写真部にほとんど干渉しないおかげで、大した活動もしていない二人。

しかし、先生は今日撮影の予定を持ってきていた。

ふたりのじかん

著者名:おにお 引用元:ふたりのじかん1巻

 

 

夏の広報誌に載せる運動部の練習風景を写真部である二人に頼みに来たのだ。

 

二人としても快諾したいところだが、腕前は素人と変わらないのが気になるところ。でも、写真部がちゃんと活動しているとアピールしたいだけらしいので、何も問題はなかった。

 

 

 

まずは女子バレー部だ。

 

運動部らしく熱と気合の入った女子高生たちの躍動する姿は、それだけでとてもいい写真になりそうだった。

 

その時、部員の一人が怪我をしてしまい途中で抜けてしまった。

 

ギリギリの人数でやっていた彼女たちは、当然の如く和月に目をつけ、即席のバレー部員として練習に混ざってもらうことにした。

 

本人も身体を動かしたくてウズウズしていたようなので、ウィンウィンな取引だった。

 

そして彼も合法的に先輩の写真を撮れるので、密かに一石三鳥だった。

 

 

だが、特にバレーがうまいわけでもない和月は、一発目から顔面レシーブをきめてしまう。

ふたりのじかん

著者名:おにお 引用元:ふたりのじかん1巻

 

 

それでも徐々に動けてくるといい笑顔を出し始め、彼もすかさずシャッターを切ってドキドキが増していた。

 

 

しかし、本当のバレー部そっちのけで先輩ばかりを目で追うあまり、食い込んだショートパンツを直している所まで無意識に撮ってしまって嬉し恥ずかしの自己嫌悪に陥った。

ふたりのじかん

著者名:おにお 引用元:ふたりのじかん1巻

 

 

その直後に天罰を食らい、写真もろくなのが撮れなかった。

 

 

照れる小野寺

夏真っ盛りのある日。

 

自然と写真部に出入りするようになっていた小野寺は、和月と一緒に夏の暑さにダレきっていたが、ファミレスで涼むという方法を思いつき、食べ物撮影という名目を押し出してきた。

 

 

と言うことで涼しいファミレスへ入店。

 

そこで写真部らしくおいしそうに撮られているメニューの写真に注目していると、こういうのは詐欺紛いの方法で綺麗に撮られているものだと、業界の闇を暴露する小野寺。

 

 

それは置いといて、目当てのパフェがきたら撮影などすっかり忘れて口の中に放り込み始める和月に呆れながらも愛おしそうな目で見つめる文人をニヤニヤ観察する小野寺に気付く彼。

 

しかし和月は自分がそういう対象で見られているなんて思いもせず、パフェを物欲しそうに見ていたのだと勘違いし、彼に魅惑のあ~んをしてくれるのである。

しかし小野寺がさっと横取り。

ふたりのじかん

著者名:おにお 引用元:ふたりのじかん1巻

 

 

すると想像以上にテンションがダダ下がる彼がいたたまれなくなり、小野寺は自分のパフェを彼の口に突っ込んであげたのだ。

 

それはそれで、もちろん恥ずかしい文人。

 

 

やがて和月がお手洗いで席を外して二人きりに。

 

すると妙に彼がチラチラ見てくるものだから、これは純情な彼をからかうチャンスだと思い、意識しちゃって可愛いな~なんて言いながらポッキーを咥えて煽った

 

しかし、彼は興味を示さない。

 

 

それじゃあつまらないので意気地なしは和月にも嫌われるぞ~と禁句を出した。

 

すると彼は勢いよくポッキーを齧り取った。

 

その肉食獣のような荒々しさに、逆に小野寺が照れさせられてしまったのだった。

ふたりのじかん

著者名:おにお 引用元:ふたりのじかん1巻

 

 

感想

ふたりのじかん1巻でした。
面白度☆7 ギリギリ度☆9

まさに生足。足にはやはり気合を入れているようで、肉々しさがありました。

シンプルな部活日常もので、ノスタルジックさとお色気がいい感じに融合しています。

9話まで収録されているので、パンチラに透け透けにお宅訪問など、青春の何ページ分も詰まった1冊になっています。

ふたりのじかんを無料で読む方法

[ad#co-4]

-おススメコミック!, ふたりのじかん, 青春・部活・日常
-, , ,

Copyright© 黒猫がおすすめする漫画のネタバレと感想 , 2017 AllRights Reserved.