ピグマリオン ホラー

「ピグマリオン」漫画ネタバレ無料1巻。全国のゆるキャラたちが起こす惨劇!

ピグマリオン

更新日:

ピグマリオン1巻ネタバレ感想

ご当地マスコットたちが地元の住民と交流するお祭りが、全国各地で一斉に行われた。

母親の勧めもあり、高校生の綾原ケイゴは幼馴染みの瀬島アコに誘われ、彼女の父親が運営委員をしている大阪のお祭りに弟のマコトと一緒に遊びに来ていた。

 

 

ピグマリオン神話

うだるような暑さなのに、マコトはお気に入りのスウェットのお手製つなぎを着ながらめいっぱい楽しんでいる。

 

そんな無邪気な弟と、何かと気にかけてくれる幼馴染みのアコの笑顔を見ていると、わざわざ大阪にまで来た甲斐があったとケイゴは思えた。

ピグマリオン

著者名:渡辺千紘 引用元:ピグマリオン1巻

 

 

スタッフとして働いているアコの父によると、この後サプライズイベントがあるらしく、一部の人間しかその詳細は知らされていないらしかった。

 

 

そのイベントが始まる前に、ケイゴはアコからもらったコーラを噴射してしまって服を汚してしまった。

 

仕方なく二人を残してトイレを探しにいくと、人ゴミの中で拳銃を懐に忍ばせたいかつい男と肩がぶつかる。

 

明らかにヤクザ風だったが、意外と礼儀正しい男だったので絡まれずに済んだ。

 

 

 

ケイゴが戻るのを大人しく待っていたマコトだったが、見た事のない小さなマスコットに目を奪われて人ゴミの中に飛び出して行ってしまった。

ピグマリオン

著者名:渡辺千紘 引用元:ピグマリオン1巻

 

 

アコが追いかけようとした直後、放送用のスピーカーから不協和音が鳴り、突然パブリックビジョンに何かのマスコットが映り、前置きなく話し出した。

 

運営スタッフはこれが例のサプライズかと思ったが、話し出した内容は意味が分からない。

 

 

「人間はなにでできているか?それはです」

 

 

全国各地で同じ放送が流れていて、それを聞いていた人々は戸惑いながらも耳を傾けていた。

 

そして、嘘を現実にするのがこのサプライズイベントですと言い終えて訳の分からないまま放送が終了した。

 

 

訳が分からなさすぎてお客さんたちが白け出した頃、ケイゴの前にいた着ぐるみが突然、一人の少女を殴り、その子の身体が弾けとんだ

ピグマリオン

著者名:渡辺千紘 引用元:ピグマリオン1巻

 

 

一気に悲鳴が響き渡り、人々はパニックに陥っていく。

 

傍にいた母親が子供の名前を呼んだ直後に、彼女の頭は消えていた。

 

 

 

ケイゴは何とか人ゴミを縫って二人を探し始めたが、その間にも他の着ぐるみが同じように手当たり次第に人々を襲って肉塊に変えてしまっていた。

ピグマリオン

著者名:渡辺千紘 引用元:ピグマリオン1巻

 

 

ケイゴが元の場所に戻ると、アコとさっきのヤクザ風の男がアコ父に肩を貸して現れた。

 

マコトとははぐれたらしいことに絶望する暇もなく、さっきヤクザが頭を撃ったはずの着ぐるみが立ちはだかり、とてつもなく大きな絶叫をあげた。

 

 

絶叫した着ぐるみは持っていた人間の中身を吸い、骨と皮だけにして襲いかかってきた。

ピグマリオン

著者名:渡辺千紘 引用元:ピグマリオン1巻

 

ケイゴは落ちていたパイプで目を突き刺して反撃したが、まるで堪えていないようだった。

 

 

何とか逃げ切り他に避難している人もいる建物の中に逃げ込んで一息ついていると、ヤクザは警察手帳を取り出して名前を名乗り、身分を明かしてくれた。

ピグマリオン

著者名:渡辺千紘 引用元:ピグマリオン1巻

 

 

とにかく怪我をしているアコ父に応急処置をして逃げ場が無くなる前に場所を移そうとするが、その前に着ぐるみが侵入してきて、一人のチンピラが調子に乗って戦いを挑んだ。

 

着ぐるみは意外にもバットの一撃で沈んだ…ように見えたが、散々食い散らかして消化しきれていない人間をチンピラに吐きかけ、彼は骨が至るところに刺さって倒れた。

 

 

まだ人も着ぐるみもいないフロアに移動し、何かを探しにいった竹沢を待っていると、別の着ぐるみに見つかってしまい絶対絶命。

 

その時、車に乗った竹沢が着ぐるみを轢き飛ばしてくれ、九死に一生を得た。

ピグマリオン

著者名:渡辺千紘 引用元:ピグマリオン1巻

 

 

しかしケイゴはそのままマコトを置いて車に乗るわけにはいかなかった。

 

竹沢はケイゴの意思を尊重し、銃とこれから向かう予定の場所のメモを渡してくれた。

 

 

途中ガソリンスタンドに寄った竹沢は、誰かに電話をかけていた。

 

その相手は警視総監で、綾原兄弟についての報告をしていたのだった。

 

 

 

ケイゴが妙な落書きをしていた着ぐるみを尾行して進むと、何体もの着ぐるみが集まっている場所に着き、なぜかそこにマコトがいた。

ピグマリオン

著者名:渡辺千紘 引用元:ピグマリオン1巻

 

 

ケイゴは覚悟を決めて踏み込み、銃をぶっ放し、弾切れになると重石のついたポールを振り回して叩きつけた。

 

だが、全くダメージを与えられずに逆に地面に叩きつけれる。

 

それでも吐き出したゲロを投げつけて意地でマコトの元に走り、足を貫かれても飛び込んで弟の傍に辿り着いた。

 

 

しかし着ぐるみたちは大口を開けて襲い掛かってくる。

 

 

もうダメだと思った瞬間、その着ぐるみたちの半分が消えてなくなり内臓が丸見えになって動かなくなっていた。

 

 

そしてその血の海の中に、マコトが追いかけたあの小さなマスコットがいた。

 

 

するとマコトも目を覚まし、もう家族を失わずに済んだとケイゴは思った。

 

だが、その小さなマスコットが蹴った小石がマコトの頭に直撃し、頭半分が消し飛んでしまったのだった。

ピグマリオン

著者名:渡辺千紘 引用元:ピグマリオン1巻

 

 

 

警視庁本部は着ぐるみに乗り込まれ、為すすべがなく犠牲を増やしていた。

 

対策本部では生命科学を専門とする科学者の春名に協力を仰ぎ、有効な対策手段の研究を開始しようとしているところだった。

 

機動部隊はあの放送を流した張本人を追い詰めていたが、完全武装した彼らでさえたった一体の着ぐるみの前に全滅させられていた。

 

 

そして他にも一人、綾原兄弟を監視している人間がいた。

 

スナイパーの彼女はマコトの頭が消し飛んだ時も冷静に、ただ事態の把握に努めていた。

 

ただ悲しむケイゴへの罪悪感を感じたその時、微かにマコトが動いたように見えたのだった。

 

 

 

 

感想

ピグマリオン1巻でした。
面白度☆5 よく分からない度☆8

グロとか突飛な設定が好きならかなり楽しめると思います。

私もグロは問題ないんですが、今のところ何が言いたくてどこに向かおうとしているのかよく分からないので、いまいち入り込めないといった感じです。

1巻はもう少し続きがありますし、もっと詳細にディティールを知りたい人は是非ご一読を。

ピグマリオンを無料で読む方法

-ピグマリオン, ホラー
-, , ,

Copyright© 黒猫がおすすめする漫画のネタバレと感想 , 2017 AllRights Reserved.