著者名:大井昌和 引用元:明日葉さんちのムコ暮らし6巻

明日葉さんちのムコ暮らし6巻
ネタバレ感想

明日葉さんちのムコ暮らし6巻のネタバレと感想、漫画を無料で読める方法を紹介。

無事に結婚式を挙げ、名実共に夫婦になったむつみとひなた。

家族としての絆も深まり、むつみの両親にも報告を済ませた。

お次は、愛の結晶が待ち望まれる。

 

明日葉さんちのご懐妊

朝の支度で込み合うトイレの中。

 

ひなたは妊娠検査薬に出た印を見て言葉を失っていた。

 

しおんが慌てて駆け込んできたら黙って席を明け渡し、階段を上がってむつみと愛を交わしまくった自室に戻った。

 

 

するとむつみも既に起きていた。

 

彼の顔を見ていると、自然と涙が溢れてきた。

 

そして検査薬の印を見せて赤ちゃんができたと打ち明けてから、朝一番のハグサプライズをした。

明日葉さんちのムコ暮らし

著者名:大井昌和 引用元:明日葉さんちのムコ暮らし6巻

 

 

ママにも報告すると涙を流して喜び、一緒に聞いていたアスナは高校生にして叔母さんになる事実に複雑な顔を隠しきれず、しおんはバカ騒ぎ。

 

 

ともあれ、あれだけ毎晩頑張ってたら当然だと言うのが、ママとアスナの意見だった。

 

 

 

取りあえず確定するまで明日葉家女性陣だけの心に留めておいて、産婦人科で改めて確認してもらうことにした。

 

幸せな気持ちでルンルン足も弾むようだったが、本格的な検査が股をおっぴろげてあそこの中をつぶさに見られるとは思いもよらず、ひなたは羞恥心でどうにかなりそうになる。

明日葉さんちのムコ暮らし

著者名:大井昌和 引用元:明日葉さんちのムコ暮らし6巻

 

 

ひなたに問題なければ、次に検査されるのはむつみだ。

 

コップとオカズ用のエロ雑誌を渡され、薄暗いブースの中に案内された彼は、妙な背徳感と気恥ずかしさを感じながら擦り始めた。

 

するとひなたが入ってきて、手取りナニ取り手伝ってくれるのだった。

明日葉さんちのムコ暮らし

著者名:大井昌和 引用元:明日葉さんちのムコ暮らし6巻

 

 

さて、精子も元気いっぱいで問題なく、明日葉家の娘たちの出産を子供の頃から見守ってきた若院長の鷹山温子の頼もしい笑顔に見送られて、最初の検査は終わった。

 

 

 

しおんは上の姉に赤ちゃんができたと知り、いつにも増してテンション上げ気味の毎日を送り出し、登下校中にご懐妊の歌を口ずさんでいた。

 

そんな歩くスピーカー状態のしおんのせいで、ひなたの妊娠はあっという間に近所に知られてしまう。

 

 

ひなたは恥ずかしいから止めなさいと叱るが、「なんで恥ずかしいの?」と純粋な瞳で訊き返され、無邪気な子供の眩しさに何も言えなくなってしまった。

明日葉さんちのムコ暮らし

著者名:大井昌和 引用元:明日葉さんちのムコ暮らし6巻

 

 

さらに赤ちゃんはどこから出てくるのと訊かれ、それこそ女の人のお股の間だなんて言えず、ひなたとママはあたふた状態。

 

そこにむつみが帰ってきて、彼に丸投げしたのだったが…

 

 

 

そんなこんなで、赤ちゃんの存在は明日葉家に新しい風を巻き起こし始めていた。

 

ただそれらが全て嬉しいものばかりではなく、43歳でまだアラフォーだと言い張るママはおばあちゃんになるのだと今更ながらに気づき、アスナにその事実を突きつけられて凹んでしまう。

明日葉さんちのムコ暮らし

著者名:大井昌和 引用元:明日葉さんちのムコ暮らし6巻

 

 

だがその時、むつみのおばあちゃんから電話がかかってくると、しおんは一気にはしゃいで電話を変わってもらって楽しそうに喋り出した。

 

 

嬉しそうにおばあちゃんと話す、まだ小さな我が子を見たママは、おばあちゃんになるのも悪くないなと思えるのだった。