最新おすすめセレクション
「花園メリーゴーランド」ネタバレ無料2巻の最終回。実践的性教育で童貞を奪う女たち

花園メリーゴーランド2巻
ネタバレ感想

父親から聞いた刀を求めて、山深い田舎の村に迷い込んだ相浦。

運よく民宿に泊まらせてもらうことができたが、その村の大人の女たちは誰も彼も、とんでもなく性に奔放で、彼はその民宿の若女将と二度も入れる寸前までヤってしまっていた。

https://kuroneko0920.com/archives/34362

 

11話

澄子も抱きしめ返してきたような気がして、相浦はもっと力を込めた。

 

ただ、その後はずっと黙って宿まで戻ったから、もしかしてみづえとしたことを知られているのかも知れないと思い、なかなか寝付けなかった。

 

 

翌朝になると雪は止んでいて、祖母に今日は外に出るなと命じられ、朝も昼も部屋で食事を摂らされてしまった。

 

とにかくトイレに行ったついでに澄子に謝っておこうと思い、部屋の前に行くと、戸の隙間から着物を着て化粧をしている、いつもと全然雰囲気の違う彼女が見えた。

花園メリーゴーランド

著者名:柏木ハルコ 引用元:花園メリーゴーランド2巻

 

 

みづえに呼ばれた彼女は一緒に出かけて行った。

 

2階の窓から二人を見送った直後、彼女が廊下にお守り袋を落としているのに気づいた。

 

さっき、みづえがお守りを忘れないように言っていたのを思い出し、彼は外に出るなと言われはしたが、届けるために外に出てしまった。

 

 

しかしどこに行ったか見当もつかず、行き当たりばったりに歩き回っている所に、偶然みづえが一軒の家から一人で出て来るのを見つけた。

 

 

その家の窓から覗くと、中には澄子と、橋まで車で送ってくれた男が一緒にいた。

 

世間話か何かをしているようでしかなかったが、彼女がトイレから戻ると、布団が敷いてある部屋に二人で入って戸を閉めた

 

 

12話

その頃にはもう日が暮れていた。

 

彼はどうしても気になってしまい、裏に回って勝手口から忍びこみ、二人が消えた部屋の前まで静かに進んでいった。

 

 

中からは二人の荒い息遣いが聞こえ、彼女の股間が濡れていると男が言うのがはっきり聞こえた。

 

舌でぴちゃぴちゃと舐める音も響き始め、指を入れようという声もする。

 

 

彼は我慢できず戸を少し開け、中を覗き見た。

 

その時はまさに、男が彼女の中に押し入らんとしている瞬間で、彼女は恥ずかしさからか、目を瞑り顔を少し隠していた。

花園メリーゴーランド

著者名:柏木ハルコ 引用元:花園メリーゴーランド2巻

 

 

そして気配を察したのか戸の方を見た彼女は、彼と目が合った。

花園メリーゴーランド

著者名:柏木ハルコ 引用元:花園メリーゴーランド2巻

 

 

咄嗟にシーツで裸体を隠し、彼に向かって枕を投げた。

 

 

13話

彼女は憤怒の形相だった。

 

彼は息せき切って外に飛び出した。

 

 

がむしゃらに走り、自分がどこにいるか分からなくなったところで足を止め、呼吸を整えながらこの村の異常さはなんなんだと思わずにはいられなくなった。

 

 

サキなら気軽に教えてくれるかも知れないと思い、さっき見かけた時に公民館に行くと言っていたのを思い出し、あの橋で出会った眼鏡の女性にまた偶然出会い、道を訊いて再び走った。

 

眼鏡の女性が止める声も聞こえないほど、前だけしか見えていなかった。

 

 

迷わず公民館に着くと、中から人の声がしたが、構わず戸を開け放った。

 

中にいたのはサキたちとよく一緒にいる彼女を含めた4人の女と、マサシを含めた彼と同じ年頃の4人の少年だった。

ただ少年たちは、皆ふんどし一丁だった。

花園メリーゴーランド

著者名:柏木ハルコ 引用元:花園メリーゴーランド2巻

 

 

彼はまずい気がしてまた逃げ出したが、すぐにサキに追いつかれて、公民館に連れ戻されてしまった。

 

部外者に見られてはいけなかった村の秘事だったらしく、その中で一番不細工で、彼を以前羽交い絞めにしたヤエが、彼も参加させようと言い出した。

 

 

14話

それは罪人を村に置いておけないといったような事と同じのようだった。

 

本来部外者である彼に参加させ、形だけでも村の人間とみなし、を破っていないことにしようということで、彼の意思とは関係ないところで話がまとまった。

 

そこにあの眼鏡の女性から話を聞いたらしいみづえもやって来て、彼は訳の分からないまま叱られてしまった。

 

 

ただ、あくまで彼にも拒否権はあった。

 

しかし、彼女たちは今後の人生がかかっているかのように焦っていたので、彼はこの針の筵状態から逃げ出したい一心で、自ら参加すると告げた。

 

 

村の掟と言えど、本来はおめでたい儀式で、彼女たちの表情はすぐに明るく変わっていった。

 

彼は手ぬぐいをふんどし代わりにし、あみだくじの一つに名前を書かれた。

 

それぞれ男女の組が決まり、彼はサキに当たった。

 

 

もちろん一人増えた分はみづえが入っていたが、息子のマサシと当たった時はどうするつもりなのだろうかと思ったし、そもそも母と子が同じ空間でセックスをするのを、二人はどう思っているのか。

 

 

そこは言うまでもなく、年上の女性が大人になろうとしている男子に性教育の手ほどきをする場だった。

花園メリーゴーランド

著者名:柏木ハルコ 引用元:花園メリーゴーランド2巻

 

サキは緊張する彼をまずは優しく抱きしめて落ち着かせてから、服を脱いで下着姿になり、彼にブラを外させようとした。