花園メリーゴーランド3巻
ネタバレ感想

金が届き、刀を手に入れて帰るだけだった相浦だが、澄子の乙女心に気付かず怒りを買い、刀を橋の下に捨てられてしまった。

川辺に下りる途中で落下し足を負傷。おまけに体調も崩して、また村に足止めを余儀なくされる。

https://kuroneko0920.com/archives/34451

 

22話

マサシが出した交換条件を守るため、中学校教師をしていて風習を認めていない幸枝に不安な顔を見せて同情を引き、今夜は同じ部屋にいてもらうように事を運んだ。

 

 

寝静まった頃に玄関の鍵を開け、妹の部屋のドアノブに目印の輪ゴムを引っかけて、部屋に戻って布団を被った。

 

 

深夜に目を覚ますと、幸枝の布団がやけに盛り上がってもぞもぞ動いているのが見えて、マサシが間違えたのだと気付いた。

 

しかし彼はその間違いを教えてやろうとせずに、露になった幸枝の白い足を見て喉を鳴らした。

花園メリーゴーランド

著者名:柏木ハルコ 引用元:花園メリーゴーランド3巻

 

 

そしてシャツのボタンを外した所で、彼女も目を覚ました。

 

 

23話

マサシも間違いに気付いたが、大声を出されそうになって思わず彼女の口を手で塞いでしまう。

 

そこで相浦がいるのにも気付き、彼に後を任せて逃げ出した。

 

 

マサシの手が離れた瞬間に彼女はもう一度大声を出そうとしたが、なぜか彼はそれをマサシと同じように塞いでしまった。

 

そして、マサシから刀は川に流されたと澄子が言っていたのを聞かされる。

 

 

呆然として手を離した隙に、また大声を出されたのですぐに塞ぐ。暴れる彼女に声を荒げて脅し、本当は何もするつもりはないし、女たちに襲われたのも逆に楽しんだくらいだと余計な弁解を始める。

花園メリーゴーランド

著者名:柏木ハルコ 引用元:花園メリーゴーランド3巻

 

 

そのせいで、彼女が彼に抱いていた被害者像が崩れ、他の村人と同じ感覚がおかしい色狂いになり、彼を拒絶した。

 

それに彼はカッとなり、こういうことされたら仕方ないだろうとばかりに、彼女の股間に指を入れ、濡れているのを上げ足を取るように見せつけ、しつこく出し入れした

花園メリーゴーランド

著者名:柏木ハルコ 引用元:花園メリーゴーランド3巻

 

 

彼女は屈辱と身の危険を感じ、ストーブにかけていた薬缶を手に取った。

 

 

24話

薬缶で殴られたが、中に入っていた水は熱くなく、二人とも火傷をすることはなかった。

 

彼は反射的に殴り返すと、倒れた彼女の泣き顔を見て少し冷静さを取り戻した。それでも彼女の胸や股間に茂る陰毛に視線が吸い寄せられる。

花園メリーゴーランド

著者名:柏木ハルコ 引用元:花園メリーゴーランド3巻

 

 

その時、騒ぎを聞きつけた彼女の父親が階段を駆け上がってくる音が聞こえ、彼は服や荷物を引っつかんで部屋を飛び出し、父親にぶつかりながら吹雪の中に逃げ出した。

 

 

誰でも自由にセックスできる場所だと思っていたこの村で、まさか性犯罪者を見るような目で見られたことが信じられなかった。

 

だから、素直に自分のを認められなかった。

 

 

とにかく刀さえ手に入れれば収まりが良くなる気がして、宿に走った。

 

玄関の鍵はマサシが閉めたらしく開いていなかったが、雪を踏みしめる足音で目を覚ました澄子が戸越しに立っている影が見え、刀を捨てた文句を言ってやろうとしたが、幸枝の家で寝てたんじゃないの?と先んじられる。

 

 

25話

彼は怒りのまま痴漢呼ばわりされて追い出された事を捲し立てた。

 

すると、幸枝は結婚して埼玉に夫がいることを澄子は話して責めたが、最早彼は色狂いの村人に何を言われても罪悪感が持てずに、ここを開けろと怒鳴って戸を叩いた。

花園メリーゴーランド

著者名:柏木ハルコ 引用元:花園メリーゴーランド3巻

 

 

その音で近所の家に明かりが点き、犬が吠え始めたので、彼はそこを離れて裏手に回った。

 

すると勝手口が難なく開いたので躊躇わず侵入した。

 

 

そしてみづえの部屋に入り、熟睡している彼女を最初は起こして助けてもらおうとしたが、マサシか誰かと勘違いしたのかそっけなくあしらわれた。

 

それで彼はまた箍が外れ、布団の中に押し入って背中越しに胸を揉み、下着の中に手を滑り込ませて覚えたてのテクニックを駆使し始めた。

 

彼女は幸枝のようには拒まず、どこの子か確かめるために顔を見ようとする。

花園メリーゴーランド

著者名:柏木ハルコ 引用元:花園メリーゴーランド3巻

 

 

それが涙を流した彼だと分かると、心底驚いた顔をした。