花園メリーゴーランド4巻
ネタバレ感想

心配した春子が来てくれたものの、バスを見送り川に落ちて体調を崩した相浦は、また村に留まらざるを得なくなった。

ただ、目的の刀は澄子が持っているらしい。

https://kuroneko0920.com/archives/34645

 

33話

澄子の要望で、春子が寝静まるのをじりじりしながら待った。

 

彼が電話で怯えていたのと、いやらしい雰囲気が漂っているこの村を怖く感じていた春子は、寝入り端に彼に話しかけているうちに、やがて寝息を立て始めた。

 

 

彼は約束通りに澄子の部屋に行き、そっと戸を開けて中を覗くと、ベッド脇に確かにがあった。

 

澄子は気配に気付いて顔を上げ、電気をつけて彼を招き入れた。

 

 

彼がさっそく刀を見せてもらうと、そこには想像したような輝きはなく汚れて曇っている刃だった。

 

その時、澄子が背中に寄りかかり、彼は言われるまま電気を消した。

 

 

すると澄子はいきなり激しくキスをして、服を全て脱いで全裸になり、上に圧し掛かった。

花園メリーゴーランド

著者名:柏木ハルコ 引用元:花園メリーゴーランド4巻

 

 

そして彼の股間をまさぐり、そのまま下着ごと摺り下ろした。

 

一階では、みづえと夫が久しぶりに激しく求め合っていた。

 

 

34話

彼のイチモツは既に硬くそそり立っていて、パンツを下ろした瞬間に跳ねるように飛び出した。

 

彼は抵抗しようとするが、彼女の妙な迫力に押されて抗いきれず、好きと訊かれて明らかに心のこもっていない好きを返す。

 

 

彼女は問答無用で彼のイチモツが動かないよう掴み、一息に腰を下ろして飲み込んだ。

 

彼は一方的なセックスに、身体は繋がっていてもなぜか凄く遠くにいるように感じた。

 

彼女は切ないとも嬉しいとも取れるメスの表情をしていた。

花園メリーゴーランド

著者名:柏木ハルコ 引用元:花園メリーゴーランド4巻

 

 

その時、帰りの遅い彼を探していた春子が戸の隙間から、二人のまぐわいを目撃した。

 

信じられないものを見たような顔をした直後、部屋に駆け込んで澄子を引き剥がし、彼の胸を何度も叩いてやり切れない思いをぶつけ始めた。

 

 

しかし澄子は彼を連れて行かせようとせず、刀を抜いて春子だけ出て行くよう脅す。

 

すると彼は澄子を突き飛ばして春子を庇った。

 

いきなり男を襲ってセックスを始めたり、刀を抜いて人を脅したりと極端過ぎる行動が理解できなかったのだった。

 

 

全裸の春子が突き飛ばされ、一瞬の沈黙が部屋を支配した。

花園メリーゴーランド

著者名:柏木ハルコ 引用元:花園メリーゴーランド4巻

 

 

彼が春子に優しくして部屋を出て行こうとするのを見せつけられ、澄子は涙を流しながら彼にまで刀を突きつけ、出て行けと告げた。

 

 

35話

澄子の鬼気迫る表情と階段を上がってくる音に負けて、二人は部屋に戻った。

花園メリーゴーランド

著者名:柏木ハルコ 引用元:花園メリーゴーランド4巻

 

 

澄子は結局、父に村の男の誰かに夜這いされたと勘違いさせたまま、真実を話さなかった。

 

 

彼は僅かに切られた春子の腕の傷の手当をし、泣く彼女を慰めようとしたが、春子からの信用も失い、性に奔放な村人と一緒くたにされてしまった。

 

改めてここでのことを思い起こした彼も、最低な自分をようやく恥じた。

 

 

ただ澄子には自分から何かしたわけじゃなく、刀を返してもらいに行ったら襲われただけだと弁明した。

 

そこに嘘はなかったのに、澄子を責める言葉に心が痛んだ。

 

 

それで春子は彼が心底変わってしまったのではないと分かり、耐えていたものを解き放つように彼に抱き付き、泣きじゃくった。

 

 

36話

朝遅くに目覚めると、春子の顔がすぐ傍にあった。

 

どうやら、彼の布団に入ってそのまま寝入ってしまったようだ。

 

 

彼は好意を寄せてくれている春子がただ横で安心したように眠る姿と、むりやり挿入した澄子の強引さを比べ、なんとも複雑な気持ちになる。

 

 

澄子に謝り、とにかく刀を返してもらうと思ったが、家のどこにも誰もいなかった。

 

その時、久方ぶりに帰ってきた主人に声をかけられ、家族は祭りの準備でお宮にいると言うので、一緒に行くことにした。

 

 

彼は幸枝と鉢合わせないように人を避け、拝殿の方に行くと、お供え物の中に一本のがあるのを見つけた。

 

まさかあれが烏丸な訳がないと思い、澄子を探しに辺りを歩いていると、今まで見たこともない刺激的な格好をした彼女を見つけた。

 

ほんのり化粧をした彼女は、今にも見えそうなミニスカートを履いていた。

花園メリーゴーランド

著者名:柏木ハルコ 引用元:花園メリーゴーランド4巻