著者名:横槍メンゴ 引用元:君は淫らな僕の女王2巻

君は淫らな僕の女王2巻
ネタバレ感想

君は淫らな僕の女王2巻のネタバレと感想とエロ画像、漫画を無料で読める方法を紹介。

番外編も収録。

 

10年ぶりに再会し、相当なツンデレ変態女子高生に成長していた昴。

裏神様のご利益で部屋が繋がった二人は、大きな障害を乗り越えて体も繋がった。

しかし、結婚できるまでにはまだまだ試練が待ち受けていたのだ。

 

6話

野山を駆けずり回った子供の頃に別れて10年。

 

超絶美少女でド変態に成長した川奈昴と、身長は大して伸びず彼女への思いで勉強だけを頑張った斉藤あきらが再会し、エロ過ぎる試練を乗り越えてついに繋がった

 

 

彼女の父親に付き合うことは認められたものの、二人の関係を周りにバラさない、彼が現役で東大に入れなければ、結婚はおろか会うことも許されないのだった。

著者名:横槍メンゴ 引用元:君は淫らな僕の女王2巻

 

 

彼はそれを理由に、部屋に帰るなり発情して求めてくる彼女に我慢させようとするが、勉強を始めて5分も経たないうちにオナニーを始める彼女に誘われると断りきれず、結局、初めてした日から毎日欠かさずにエッチしまくっていた

 

ただ、そうして求めてくる彼女の自制心があるのかないのかだけが、よく分からなくなっていた。

 

目を潤ませ、卑猥な言葉を連発し、ほんのちょっと腰を動かすだけで喘ぎまくる彼女が可愛くて気持ちよくて、彼も一緒にエッチに溺れていた。

著者名:横槍メンゴ 引用元:君は淫らな僕の女王2巻

 

 

その時、裏神様がロン毛イケメンの姿で現れた。

 

契約者の昴が本能のままにエッチしまくるようになったせいで、もはやもっとドギツイ変態行為を我慢している時にしか自制心が徴収できなくなったので、強制的な徴収に切り替えると言うのだ。

 

 

エッチ、つまり挿入すれば彼のがもげる

 

気を利かせて家にいる時に自制心を無くさせていたのを止め、今後は学校だろうとどこだろうとランダムで自制心をなくす

 

その二つの条件が新たに加えられてしまったのだった。

著者名:横槍メンゴ 引用元:君は淫らな僕の女王2巻

 

 

7話

今の契約は分かっててしたと言われればぐうの音も出ず、自制心の徴収の満了が分かるように、どれだけ徴収されたか砂の落ちる量で分かるでかい砂時計を置いて、煙のように消えた。

 

 

もちろん性欲の塊の彼女は怒り叫び悲しみ、試しに強引に彼のものを勃たせて挿入しようとした。

 

すると言われた通り、彼のから血が出て本当にもげそうになったので止めた。

著者名:横槍メンゴ 引用元:君は淫らな僕の女王2巻

 

 

 

一日中ヤリまくる予定だった週末を大人しく過ごしてからの週明けの月曜日、授業中に突然立ち上がった彼女は服を脱ごうとし始め、彼の名前を甘える時だけに呼ぶあだ名で呼んだ。

 

 

彼はなんとか特別な関係がバレないようにごまかして保健室に連れて行った。

 

 

1時間誰にも見られずに過ごすのは難しいので、さっさとイカせて寝落ちさせようとパンツを脱がさせるが、そんなエロい彼女の姿を見たら勃起せずにはいられず、もげそうにった傷口が開いて痛みに喘いだ。

 

それでも平静を保とうとするが、やはり愛する女性のいやらしい姿に負け、痛みで逆に気絶する。

著者名:横槍メンゴ 引用元:君は淫らな僕の女王2巻

 

 

目を覚ますと保健室の先生が戻っていて、昴が看病してくれていたと聞かされた。

 

 

一緒に帰っている途中で気づいたが、なぜかあそこの痛みがかなり引いていた。

 

なぜかと言えば、彼が気絶している間に彼女が丁寧に傷口を中心に舐めまわしていたからだった。

著者名:横槍メンゴ 引用元:君は淫らな僕の女王2巻

 

 

母猫が子猫の毛繕いをするかのような感じで彼女は言うが、ただ舐めたかっただけなのは明らかで、その証拠に、部屋に帰るとまた呼吸を荒くして、傷口が塞がるまで舐めてあげると言ってきた。

 

しかも、砂はほとんど落ちていなかった。