著者名:岡本倫 引用元:ヤングマガジン2018年2・3号

パラレルパラダイス28話29話
ネタバレ感想

パラレルパラダイス28話と29話のネタバレと感想、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

歩みを進める合間に交尾をしているのか、交尾の合間に歩みを進めているのか分からない淫らな旅で世界救済を目指すヨータとルーミ。

不純の権化のパイコーンを手懐けてパカラパカラと遅れを取り戻したおかげで、あっという間に目的地のリールに着いた。

 

 

28話

尻の形がそっくりそのまま出るTバックを履いているその女の子は、海の町らしい三つ矛の武器を携え、腹が減った、魚は飽きたと不満を垂れ流すつるぺた少女に愚痴るなと冷たく言い放ってから、見張りの仕事はもう少しだからと慰めもした。

 

ティアと呼ばれたTバックが万一の時に備えることこそ大事だとつるぺたを諭した直後、その万一がさっそく訪れた。

 

ただそれはモンスターの類ではなく、ユニコーンに乗ったよその町のガーディアンらしき誰かだった。

いや、よく見ると人間に懐くことはないとされているバイコーンに乗っているようで、あり得ない状況につるぺたは驚愕する。

 

 

ティアはスタッと門壁から飛び降り、誰が来たのか顔を確認すると、相手がルーミだと分かって驚くも、感情が顔に出ないタイプなので驚きは伝わらない。

 

それはそれとして、二人は久しぶりの再会を果たしたのだった。

 

 

バイコーンが凄くいい子だと言うので、ティアは手を出して撫でてみようとするが、今にも喰いちぎらんばかりに威嚇されてしまい、ルーミに疑念を抱く。

 

続いて後ろに乗っていた見知らぬ誰かを紹介してもらおうと促すと、彼は地声のままなのをルーミに指摘されて慌てて飴を舐め、ころころと舌で転がして効力を染み込ませてから自己紹介した。

 

取り合えず中で詳しい話を聞く前に、もう一度試しにパイコーンを撫でてみようとしたが、しつこさにイラついたのか、馬はさっきよりも怒りを露わにしているようだった。

 

ルーミに手懐けた方法を訊くと、取り合えず性奴隷を増やしつつ人助けもしたい彼は、自分と交尾して処女を失えばコロッと態度を変えるんだと教えてあげようとした。

 

しかし独占欲の強いルーミに遮られてしまう。

 

崩月が近いガーディアンなんだから、既にヤリマンになったルーミとするよりよっぽど必要なことだと正論をぶつけると、彼女はただのヒステリックな女になった。

 

 

助け合わなければならない仲間同士で諍いを起こしてから、やっとリールの町に足を踏み入れた。

 

門の先はいきなり砂浜になって海が広がるリゾート地のような場所で、ヤシの木に桟橋に海の家の家屋といった赴きある風景が広がる南国の町だった。

 

海産物を採り、干物を作り、子供たちが浅瀬ではしゃぐ気持ちのよさそうな雰囲気で、何より暖かい気候なので住民は薄着で肌色率が高かった。

 

 

彼は3日分の旅と交尾の汗を海に飛び込んで流したくなり、ティアに断ってからいそいそと服を脱ごうとしたが、またしても途中でルーミに遮られてしまう。

 

裸になったらおっぱいないのがバレると言われれば、そこはちっぱい設定でいくと返す。

下半身にないはずのものがあるだろうと言われれば、下まで脱ぐわけないだろうと返す。

泳いでいるうちにはみ出すだろうと言われれば、そんなにでかくないと返す。

 

薄着の女の子を見ているうちに大きくするだろうと言われれば、その答えを返す前に、ドジっ子巨乳でエロ過ぎる服を来た女の子が躓いて彼に突っ込んできた。

 

彼がサッと避けたので、ドジっ子巨乳は見事に地面にヘッドスライディングをかました。

 

ハナハナと呼ばれたドジっ子巨乳に一応謝るが、触れたらパニックになるので致し方ない。

 

 

どうやらハナハナもルーミとは知り合いで、久しぶりの挨拶を交わしてから、彼ともご挨拶。

 

ハナハナもリールの町のガーディアンで、トライデントと呼ばれる内の一人だった。

 

 

トライが示す通り、リールは3人のガーディアン編成になっていて、この町はガーディアンになるべく修行する場所でもあったので、みんな知り合いで旧知の仲だと言うわけだ。

 

そしてトライデントの残す一人は、ピナコという女の子だった。

 

 

そのピナコはつるぺたからバイコーンに乗ったガーディアンが訪れたと報告を受けており、すぐに男に処女を奪われた可能性に行き着いていた

 

 

29話

リールの町に着いたヨータは、そこを守るガーディアンの二人の、トライデントのティアハナハナと出会いその薄着っぷりに目を奪われた。
しかし暑くて敵わず、汗を流しがてら海に飛び込みたかったが、簡単に男なのをバラすわけにもいかずちっぱい設定でいくしかなかった。

それはそれとして、このリゾート地の居心地は最高で、ゆったり椅子に座って浜辺の風の気持ちよさを
これでもかと堪能していた。

それはそれとして、見た目は間違いなくいい女のルーミはちゃっかり水着になっていた。

自分だけ涼しい格好をするのに文句の一つでもぶつけてやったが、そんなことより、今は彼女の水着姿がさんざん見た全裸よりも妙にエロく感じるのに、興奮してしまっていた。
やはり、何もかもさらけ出すより、見えない分からないところがある方が、何倍も本能を刺激することが分かった。

そうして脳内で犯していると、急に背後から声が聞こえてきてびっくりした。

見える部分なのか、中心が細すぎるサングラス的なものをつけていたその子は、3人目のトライデントのピナコだった。

ヨータは普通に始めましてと挨拶すると、ピナコは目を見開いてじーっと見つめ、なるほどと呟いてから席に着いた。

それで何の用かとピナコが話を促すと、彼はストレートに嫉妬深い神を知っているか訊いた。

するとティアとハナハナは僅かに沈黙を挟んで、知らない聞いたこともないと答えた。
返事を促されたピナコも表情を変えず、何それ?と答えた。

命の危機に遭ってまでここに来たのに収穫なしじゃやってられず、「君たちは20歳で死ぬんだろ?」と焦って人事のように「」をつけて訊いてしまった。
一番頭の悪そうなハナハナにそれを指摘されてまた焦り、ティアにも突っ込まれて適当すぎるフォローをして、いい加減に切り抜けた。

 

気を取り直して話を進め、神の鳥のジーニアスのタレコミで崩月を回避する方法がその嫉妬深い神を殺すことだと知ったのを教えてあげた。
しかしトライデントのテンションは寸分も変わらず、ちょっと小バカにしてるくらいの態度でピナコは鼻で笑った。

じゃあ嫉妬深い神の祠は?とルーミが訊くと、それなら岬の先にそれらしきものがあったらしいが、それも100年ほど前に、人には辿りつけないほど深く海の中に沈んでしまったそうな。

しかしその時、絶望しかけた彼に、爆乳のハナハナがリルなら何か知っているかも知れないと新キャラの名前を出して希望を見出してくれた。

 

リールの街の地縛神だからリルと言う名前なのか、リルがいたからリールになったのかはさておき、リルも海の中を棲み処にしていて、会いたくても会えなかった。

用意してもらった部屋のベッドに倒れこんでままならない現実に嫌気が差した彼だが、肌色率がアップしたルーミがテラスからの眺めに嬌声をあげた。
まさにリゾート地の海上コテージそのままで、眺めも最高だった。

進展はなかったが、旅行気分さながらに水平線が見える景色に見惚れていると、開放的な景色に気分まで開放的になったルーミが手すりに手をついた立ちバックの格好のまま、水着を自らずらして既に準備万端の穴を見せつけた

外と変わらない場所に彼は人目を気にするが、彼女がいいならまあいいかと、旅行に来たカップルのように、旅の恥はかき捨て、いつものように激しく腰を打ちつけ始めた。
ルーミは欲望のままに、神がどうのこうのより、この時間が長く続く事を願った

その直後、海中に棲んでいた神リルが出現。
どこからどうみても、ただのイルカだった。

全能感に溢れている男子高校生の彼は、相手がだれだろうとぞんざいな言葉遣いを崩さず、喋るイルカ相手にも空中に浮いていることを偉そうにダメ出しして機嫌を損ねてしまう。

取りあえず形だけ様付けをして敬意を表すると、嫉妬深い神は既にお亡くなりになっていると教えてもらえた。

 

 

感想

パラレルパラダイス28話と29話でした。

バイコーンが最早厄介な動物と言うより、人間の天敵くらいのレベルで豹変する危険生物でしたね。

次に交尾するのが、3人ならまとめてこいとなる可能性を考慮しとこうと思います。

神は死んだとリルは言い、ピナコは神に報告するとか言っていた。これは矛盾なのかなんなのか・・・

LOTUS