著者名:闇川コウ 引用元:U12、2巻

U12、2巻ネタバレ感想

U12、2巻のネタバレと感想、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

ある極悪変態犯罪者のために新法が成立され、少女たちを生贄にする刑務所まで作られた。

そこに拉致され閉じ込められた12人の罪もない少女たちは、お楽しみ会と称した囚人たちの欲望解放タイムで、殺るか殺られるかの生活を強いられる事になった。

https://kuroneko0920.com/archives/36624

 

5話

002号と呼ばれたがたいのいい変態ゴスロリ男に連れ去られた心愛は、今まで殺されマネキンにされてきた多くの少女たちと同じく、シリコンを注射されて人形にされそうになっていた。

 

まさに変態鬼畜男の注射針が汚れなき白い細腕に刺し込まれそうになる寸前で、かなめ率いる11人の仲間たちがなだれ込んできた。

 

他の独房とは何もかも違う豪華な内装と、剥製状態にされた今までの少女たちを見て、彼女たちはまた違う異常性に開いた口が塞がらない。

U12

著者名:闇川コウ 引用元:U12、2巻

 

お人形作成作業を邪魔された2号は凄んで睨みを利かせてくるが、彼女たちは作戦通りに陣形を作り、琴美と関西弁の日向が左右に走って注意を引きつけた。

他の少女たちは手当たり次第に持ち物を投げつけて視界と自由を奪い、その隙に琴美&日向が一気に距離を詰めた。

しかしそれも囮で、ちゃっかり後ろを取っていたかなめが忍び寄り、最初の変態を返り討ちにした時と同じように、鋭く尖らせたリコーダーを脳天に突き刺した

 

しかしリコーダーは弾かれてしまい、2号の髪がごっそり取れてしまった。

その髪は頭ではなくヘルメットに装着されていて、突き刺そうとした衝撃でヘルメットが脱げたのだ。

 

そして露になった2号の頭は、なぜ生きているのか分からないほど凹んでいた

U12

著者名:闇川コウ 引用元:U12、2巻

 

あまりの気持ち悪さに叫ぶ少女たち。

2号は気持ち悪そうな視線を向けられて悲しくなり、かなめに斧を振り下ろした。

 

しかしギリギリでマネキンにされた女の子を盾にして受け止め、2号が落とした注射を奪って刺し返した。

 

毒が回って死を覚悟した2号は、道連れにしようと琴美に斧を振り下ろした。

すると、かなめがその身を投げ出して盾になり、ランドセルごと背中を叩き斬られてしまうのだった

U12

著者名:闇川コウ 引用元:U12、2巻

 

 

6話

かなめが瀕死の重傷を負い、2号が事切れたタイミングで所長が現れた。

所長は死に掛けているかなめを放置しようとするが、ある一本の電話を受けると、ちゃんと治療する代わりに一つの条件を出した。

 

それは、お楽しみ会とは別に琴美だけが参加する特別イベントで、いつもの囚人エリアに囚人たちを開放して手が届かない高さにロープを張り、琴美が綱渡るというサーカスのような内容だった。

 

落ちずに渡りきれば問題なし。

落ちれば飢えた変態共に蹂躙されて終わり。

しかも興奮を煽るためにブルマ体操服を着させられた。

U12

著者名:闇川コウ 引用元:U12、2巻

 

ブルマ姿の琴美を見た囚人たちのテンションは跳ね上がり、落ちてくるのを渇望して肉団子クッションになるつもり満々だった。

 

琴美はできるだけ冷静になって少しずつ進んでいくが、とんでもない状況と変態共の煽りと期待に体が強張り、落ちそうになって汗が噴出した。

そして垂れ落ちた汗を受け止めた変態のテンションをさらに上がり、琴美の集中を邪魔していく。

U12

著者名:闇川コウ 引用元:U12、2巻

 

 

それでもなんとかゴールを目指していたが、いつの間にか変態共が協力する事を覚えて人間ピラミッドを作ってロープに届かせ、後を追いかけてきていた。

 

揺れるロープ。

近づく変態。

U12

著者名:闇川コウ 引用元:U12、2巻

 

そしてついに、ロープが重さに耐え切れずに千切れてしまった

 

果たして琴美は、変態共の海に飲み込まれてしまうしかないのか・・・