ToLOVEるダークネス
著者名:矢吹健太朗 引用元:ToLOVEるダークネスカラー版

ToLOVEるダークネス
全18巻までのネタバレ感想

ToLOVEるダークネスのエロ画像、ネタバレ、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

リトをハーレム王にさせるべく、あの手この手で誘惑しまくったモモ。

いつしか彼に恋心を抱き、彼の特別になりたくなった。

だが彼は幾多のラッキースケベで春菜とララを手篭めにし、思い思われいい仲に。

はっきりしないままふわっと最終回を迎えた今、改めて振り返ってみよう。

 

 

1巻

ララの双子の妹、モモとナナとも一緒に暮らし始めた結城家。

学校にも通うようになり、リトの能力の対象になる相手が増えた喜ばしい状況になっていた。

 

モモは植物を操る蔵馬タイプで、一見可憐な清楚タイプだから男子たちは色めき立ち、彼女の能力で返り討ちに遭ったりしていた。

そんなある日、お風呂でメアとの初対面で乳首をいじった

To LOVEる―とらぶる―ダークネス カラー版(1)

 

 

2巻

デビルーク星双子姉妹王女が結城家に馴染み始めていたが、モモの不穏な動きに美柑は気づき始めていた。

その美柑はヤミと仲良しレベルをじわじわあげていたのだが、殺し屋生体兵器のヤミに復讐しにきた暴虐のアゼンダとの争いに巻き込まれてしまう。

その戦いで美柑は操られ、手出しできなくなったヤミをボコボコにしてから無抵抗の乳首を吸い上げていた

To LOVEる―とらぶる―ダークネス カラー版(2)

 

 

3巻

リトとルンがデートをすることになった晴れ晴れとしたある日。

それはハーレム計画を押し進めているモモのセッティングによるもので、二人の後をモモ、ナナ、ヤミ、メアが野次馬根性で尾行していた。

くしゃみをすると男女の人格と身体が入れ替わってしまう難儀な生態をしているルンは、致し方ないトラブルに見舞われながらも、想いをぶちまけてから暗い公園にしけこんでいく

To LOVEる―とらぶる―ダークネス カラー版(3)

 

 

4巻

リトたちが通う高校に、なんとヤミの生みの親であるティアーユが先生として赴任してきた。

 

輝くような金髪とダイナマイト過ぎるボディに男子たちは色めき立ち、犯罪者としていつ捕まってもおかしくない校長の興奮を煽り、襲われそうになる。

そこをリトに助けられ、トラブルに巻き込まれ、全裸にされる。

To LOVEる―とらぶる―ダークネス カラー版(4)

 

 

5巻

可憐でおしとやかな外面のおかげで、モモには熱烈なファンクラブができていた。

しかし、なぜかモテるリトと同居している情報が彼らに流れ、騎士を気取る彼らの妄想を捗らせ、家ではあんなことやこんなことをされているんだろうと、希望的観測なシーンを描き始める。

To LOVEる―とらぶる―ダークネス カラー版(5)

 

 

6巻

ティアーユと旧知の仲であり、理想的な保健室の先生として学校の風紀を乱しているミカド。

そんな彼女の、シンプルなシャワーシーン

To LOVEる―とらぶる―ダークネス カラー版(6)

 

 

7巻

いつもの展開で、ララのびっくりドッキリメカの被害に遭ったリト。

今回は可愛らしいリトネズミになってしまい、見上げるアングルで女の子たちのスカートの中を覗きながらさ迷っているうちに追われる立場になり、うまく春菜と古手川に全身を挟み込まれるが、柔らかい部分だったので助かる。

To LOVEる―とらぶる―ダークネス カラー版(7)

 

8巻

ザ・お嬢様の天条院がなんやかんやで我が家の執事やメイドたちを再起不能にしてしまったので、臨時で手伝いに呼ばれたリトとリトガールズたち。

そこでモモは、側近の九条凛にもハーレム要員になれる素養を感じ、武士の魂を持つ古風な彼女みたいな女の子は、逆に無理矢理されるシチュエーションを望んでいるはずだと考えた。

To LOVEる―とらぶる―ダークネス カラー版(8)

 

 

9巻

ハーレム計画において、姉のララが正妻ポジションに収まるのが何より重要なのに、なかなか二人の仲が進展しないことに焦れたモモは、ララに甘い囁きをしてけしかけた。

するとララはさっそくリトの入浴中に乱入し、驚いて立った彼の股間を興味津々に凝視する

To LOVEる―とらぶる―ダークネス カラー版(9)

 

 

10巻

またララのびっくりドッキリメカがトラブルを巻き起こした。

お掃除メカなのになんでもかんでも吸い込み散らかし、特に女生徒たちの制服をこれでもかと吸い込んで剥ぎ取り、学校をパニックに陥れ始めた。

リトは事態の収拾を図るため、ナナと共に駆けずり回って女子更衣室にまで踏み込み、女体の山に埋もれてしまう。

To LOVEる―とらぶる―ダークネス カラー版(10)

 

 

11巻

ダークネス化したヤミがプールの授業をしっちゃかめっちゃかにし、異変に気づいたララが参戦。

しかし、あっという間に半裸に剥かれてしまい、究極奥義の尻尾ビームを撃った。

それでもダークネス化を元に戻せず、力を使い果たしたララはちっちゃいロリ体型になってしまう。

To LOVEる―とらぶる―ダークネス カラー版(11)

 

 

12巻

ダークネス化したヤミとの死闘は、リトの勇気ある行動でどうにか終結を迎えた。

校長の変態行為を手本にして、当たって砕けろ精神でヤミの身体をまさぐりまくりあえて捨て身のえっちい攻撃をして、ダークネス化を止めたリト。

そのお詫びにたい焼きを進呈したところ、また能力を発動する。

To LOVEる―とらぶる―ダークネス カラー版(12)

 

 

13巻

事ある毎にリトと子供を作って温かい家庭を作っている未来を夢想するようになった古手川。

そんなある日、人間の女子高生に擬態したネメシスにいきなり赤ん坊を押し付けられる。

それが若返ったリトなんて分かるわけもなく、偶然出会った美柑に助けを求める。

 

そして結城家でおしっこを引っ掛けられ、お風呂を借り、一緒に入って乳首を吸われているうちに、例えようのない幸福感に包まれていく

To LOVEる―とらぶる―ダークネス カラー版(13)

 

 

14巻

場所は春菜の家。

ララと春菜が遊んでいるところにリトを呼び出したまではいいが、またびっくりドッキリメカがトラブルを巻き起こし、春菜とリトがミクロキッズになってしまった。

 

まともに着れる服もなく、一先ずティッシュを巻きつけたところに両親帰宅。

ララが変身してごまかしている間に二人は勝手にどったんばったんして絡み合い、図らずもお互いの股間をまじまじと見た

To LOVEる―とらぶる―ダークネス カラー版(14)

 

 

15巻

ネメシスの絡みが増えてきた15巻。

そのせいでリトのストレスが増えたり信用は落ちたりしていたある時、最近様子がおかしいことを心配した春菜が声をかけてくれるが、悪戯心を起こしたネメシスに身体の自由を奪われ、春菜を抱きしめてから下僕になってくれ宣言。

その後は自分の能力で押し倒し、あそこを連射で撮り始める

To LOVEる―とらぶる―ダークネス カラー版(15)

 

 

16巻

甘い毎日を過ごしていたリトは、夢の中でも甘いスイーツに囲まれていた。

マシュマロに挟まれたキャンディーを舐めると、隙間からじわじわとトロトロの蜂蜜が溢れだしてきてどんどんテンションが上がってきた。

その時、同化しているネメシスにこれは夢だと言われて目覚める。

現実では、ララの股間を舐めていて骨抜きにしていた。

To LOVEる―とらぶる―ダークネス カラー版(16)

 

 

17巻

両親からの愛に飢えていた籾岡は、アポも取らずに結城家を訪問し、強引に家に上がり込んだ。

偶然美柑がいない夜だったこともあり、シャワーを浴びた彼女は密かにリトに男を感じていたので、湯上りの上気した肌で迫りだす。

そこでまたネメシスに自由を奪われたリトはビーストモードにされ、バスタオルを剥ぎ取ってスマホのバイブで喘がせる。

To LOVEる―とらぶる―ダークネス カラー版(17)

 

 

最終18巻

春菜と気持ちを確かめ合って大団円とはいかず、結局一番モモが可愛かったのかも知れないという雰囲気で締められたダークネス。

しかし、最終回直前に再登場したリトの女体Verのリコがネメシスリトに犯されるというシチュエーションを描き、美少女たちの一角に入り込んだ。

To LOVEる―とらぶる―ダークネス カラー版(18)

 

 

感想

ToLOVEるダークネス1巻から最終で最新18巻まででした。
面白度☆8 エロ度☆10

決して18禁ではなく、少年誌作品なのにも関わらず、あの手この手で新しい試みをしてくるジャンプお色気枠の金字塔的作品でした。

リトは不能なのかどうかが心配になる精神力の持ち主で、宇宙人姉妹は可愛くて、春菜は最高で、ヤミ、ネメシスはもちろん、リコがいい仕事をしてくれました。

ToLOVEるダークネスを読むならこちら