なんでここに先生が!?3巻
袋とじネタバレ感想

なんでここに先生が3巻袋とじのネタバレと感想とあらすじと画像、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

シリーズは4人目の先生になり、元生徒会長田中と立花先生は一足早く聖夜を一緒に過ごし、乳くりあっていた。

その前の先生、葉桜は晴れて幼馴染みのショタ系男子の高橋と付き合うことになった。

褐色で男勝りな葉桜先生と、幼馴染み男子のエロすぎる日々の記録。

https://kuroneko0920.com/archives/36063

https://kuroneko0920.com/archives/22336

 

 

21話 ミッション淫ッポシブル

22話 体育倉庫ラプソディ

23話 ブラブラお買い物

24話 Kissing-link

25話 ソウナンですね

26話 裸・裸・裸ンド

27話 ファイヤーパンツ

28話 キーすとーん

29話 Sikin’

30話 所YOU権

 

葉桜先生袋とじ

プールがあるどこかの体育館。

今から水泳競技が行われる直前で、会場内は観客のざわめきと選手たちの緊張感に満たされていた。

 

この大会に出場する葉桜先生の付き添いで来た高橋は、今朝、ギリギリまで寝ていた先生がちゃんと間に合っているか気が気じゃなかった。

観覧席に座ってまだかまだかと先生が出てくるのを待っていると、本人から電話がかかってきて、女子更衣室に来るよう集合をかけられた

なんでここに先生が袋とじ

著者名:蘇募ロウ 引用元:ヤングマガジン2018年4・5号

 

 

他の選手は既に所定の位置で待機しているようで、先生以外誰もいなくて助かった。

 

一体何の用かと思えば、慌てて来たから小さくなったサイズの水着を間違えて持ってきてしまい、一人では着れないと言うではないか。

そう説明する間も、もう当たり前のように胸をぽろんと出していて、大して恥ずかしがる素振りも見せない。

なんでここに先生が袋とじ

著者名:蘇募ロウ 引用元:ヤングマガジン2018年4・5号

 

恋人になろうとなってなかろうと、こんな痴態を晒せるのはそもそも彼にだけだった。

 

館内放送で選手集合が呼びかけられ始めた。

もうグダグダやっている時間はなく、男らしくやってくれと言われた彼はそのワードに反応し、後ろからむんずと掴んで引き上げようとしたが、乳首の僅かな出っ張りが邪魔をしてくれていた。

なんでここに先生が袋とじ

著者名:蘇募ロウ 引用元:ヤングマガジン2018年4・5号

 

ムニムニするから勃起した

そんなピロートークのようなやり取りをしつつ、ヌルヌルするもので滑らせて上げようと彼は思いつくが、ガサツな先生はクリーム系を持っていなかったし、ここには石鹸もなかった。

しかし、じんわり股が濡れてきているのを感じていた。

また館内放送がかかり、背に腹は変えられなくなった先生は自分の股を指し示した

なるほどと思った彼は、さすがに自分がやるわけにはいかず出て行こうとした。

なんでここに先生が袋とじ

著者名:蘇募ロウ 引用元:ヤングマガジン2018年4・5号

 

しかし先生は引き止め、可愛らしくお願いしてきた。

 

「自分でいじったことなくて怖いから・・・タカがやって

なんでここに先生が袋とじ

著者名:蘇募ロウ 引用元:ヤングマガジン2018年4・5号

 

彼に断る選択肢はなかった。

 

 

子供の頃なら何度も見た先生のお股の間だが、もう自分は女性に興奮する男になっている。

 

じわじわと近づけていくのに焦れた先生が自ら引っ張り、水着の上からでもとても柔らかい感触が伝わってきた。

なんでここに先生が袋とじ

著者名:蘇募ロウ 引用元:ヤングマガジン2018年4・5号

 

シミができてきたと言葉攻めをされて恥ずかしさがこみ上げ、今度はヌルヌルしてきたと言われて色々限界が近づいてくる。

ただ指にまとわりつく程度の量じゃ上半身に塗ったくるには足りない

なんでここに先生が袋とじ

著者名:蘇募ロウ 引用元:ヤングマガジン2018年4・5号

 

彼はもっと刺激を強くしようと思い、中指と薬指を擦り上げるように前後させ始めた

すると、先生の反応も大きくなり、同時に溢れ出てくる量も多くなってきた。

なんでここに先生が袋とじ

著者名:蘇募ロウ 引用元:ヤングマガジン2018年4・5号

 

その調子でリズミカルに続けようとしたその時、手の向きを逆にしたせいか、するっと水着の間に指が滑り込み、直接穴の中に吸い込まれていった

 

瞬間、先生はビクッとのけぞって身体に塗りたくるに十分な量の愛液を噴射するのだった

なんでここに先生が袋とじ

著者名:蘇募ロウ 引用元:ヤングマガジン2018年4・5号

 

 

それで予定通りヌルヌルと塗りたくり、水着は問題なくするっと着ることができた。

なんでここに先生が袋とじ

著者名:蘇募ロウ 引用元:ヤングマガジン2018年4・5号

 

しかし今度は、気持ちよくなりすぎた反動で足に力が入らなくなってしまうのだった。