著者名:もんでんあきこ 引用元:エロスの種子

エロスの種子1巻ネタバレ感想

エロスの種子のネタバレと感想とあらすじと画像、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

1話から4話を収録。

書生と若き人妻
古きよき時代とは言えない戦中の頃
ヤクザ者と女になっていく少女
生きるためにストリッパーに・・・

美しくも妖しい女たちと男たちの物語。

 

 

1話

日下部先生の家で書生をすることになった蒼井孝太郎

 

今日から住まわせてもらうことになった初日、庭で水やりをしていた先生の妻の珠子を見て、一目で新しい何かが芽吹いていくのを感じた。

エロスの種子

著者名:もんでんあきこ 引用元:エロスの種子

 

しかし、随分先生と年が離れているとは言え、彼女は人妻だった。

 

 

経済的事情で書生をさせてもらっているので、彼女に手を出すなど正気の沙汰ではなかった。

 

しかし悶々としたその日の夜、妙な声が聞こえて階下に下りると、それがすぐに彼女の喘ぎ声だと分かったのだ。

襖を開け放した部屋で、先生に乳首と股間をいじられている珠子はいやらしい声をあげていた。

孝太郎と目が合っても、それは止むことはなかった

エロスの種子

著者名:もんでんあきこ 引用元:エロスの種子

 

 

なのに翌朝になると、ケロッとした顔をして何事もなかったかのように接してくるので、それに倣って動揺しないように努めた。

 

それから後日、雷雨で先生が帰れなくなった日の夜、彼女は稲光に怯えて抱きついてきた。

涙を溜めた上目遣いで見つめられなどしたら、もう欲望を抑えることなどできなかった。

 

着物の胸元を押し開き、形のいい乳房に吸いついた。

ズボンを脱ぎ、彼女の中に押し入ろうとしたが、初めての孝太郎は入れる前に果ててしまった

 

着物に白い染みができたその時、タイミングを計ったように先生が帰ってきた。

しかし先生は寝盗られそうになったというのに怒りもせず、妻に着物を全部脱がせて、彼が入りそこなった穴の奥を足を開かせて見せてきたのだった

エロスの種子

著者名:もんでんあきこ 引用元:エロスの種子

 

一体、先生は何を考え、彼女はどうして従順に従っているのだろうか・・・

 

 

2話

街中が瓦礫の山になり、少女は生きるために食べれる物がないかと漁り回っていた。

 

街が焼かれ、母と弟は死に、鞠子は天涯孤独の身になった。

しかし、運よくある御仁のお世話になることができた。

顔に焼けどの痕があり左腕がない男だった。

 

 

山の中腹にある立派な屋敷に住んでいる松岡というその男の家には、紫乃という、女中とも妻とも分からない女と、通いで家事をしているキヨというお婆さんがいた。

 

温かい食事と空襲を心配しなくてもいい生活を提示され、鞠子はこの家でお世話になる事をすぐに受け入れた。

ただ、一つ仕事をしなければならなかった。

もちろんそれは、松岡の相手をすることだった。

 

何をされるか分からなかったが、もはや失うものはなにもないと思っていた。

 

しかし、最初に紫乃に身動きできないよう縛られ、胸元をはだけられて後ろから焦れるような手つきで刺激され始めた。

エロスの種子

著者名:もんでんあきこ 引用元:エロスの種子

 

下にも手が伸びてきて突起をいじられると、自然と膝が緩んで腰が浮いてきた

そうして鞠子が初めての快感に身をよがらせている様子を、松岡はタバコを吹かしながらジッと観察していた。

 

蜜がどんどん溢れだし、一度果ててもまだ彼は動かず、紫乃の指が何度も何度も中で蠢くのを感じて何度も真っ白になった後で、ようやく彼が四つん這いになった鞠子の後ろから一気に押し入ってきた。

 

初めてだったが、鞠子はもう快感を貪ることだけで頭が一杯になっていた

エロスの種子

著者名:もんでんあきこ 引用元:エロスの種子

 

それが証拠に、事が終わった後の湯船の中で、今度は自分でいじってしまっていた。

 

 

一晩で人が変わったように女っぽくなった鞠子。

 

それからも紫乃の代わりに彼とまぐわい続け、入るなと言われている彼の部屋に入り、ついに自ら彼の股間に手を伸ばして怒張させ、快楽を手に入れようとした。

エロスの種子

著者名:もんでんあきこ 引用元:エロスの種子

 

紫乃は自分を介さずに乱れる二人を見て、ある覚悟を決めた。

 

どうして紫乃は自分の身体を使わず、また松岡もどうして紫乃にやらせて他の女を抱いていたのか・・・