著者名:横槍メンゴ 引用元:レトルトパウチ1巻

レトルトパウチ1巻
ネタバレ感想

レトルトパウチ1巻のネタバレと感想とあらすじとエロ画像、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

明星幸流。

清天我。

国立衿糸学園に通う高校1年生の二人は、狂ったこの学校においては落ちこぼれだった。

 

 

1話

通学途中で幸流はずっこけ、天我に突っ込んでパンもろを見せた。

レトルトパウチ

著者名:横槍メンゴ 引用元:レトルトパウチ1巻

 

 

この衿糸学園の生徒たちは、猫も杓子も男女がイチャイチャしまくっていて、休憩時間になればトイレの個室から喘ぎ声が聞こえるのも珍しくない。

 

エスカレーター式の大学卒業後には超一流大手企業に就職が決まっているこの学園に入るには、とにかく金が必要で、必然的に金持ちの子供ばかりだった。

 

一見ただの成金学校だが、保健体育の時間にはコンドームが配られる。

実はここは政府が作った特別な学校で、家柄の良いもの同士が付き合うことを推奨し、いずれ結婚させるのが目的だった

 

そんな学校だから、女子たちはお口でゴムを着けるのは朝飯前のビッチばかり

レトルトパウチ

著者名:横槍メンゴ 引用元:レトルトパウチ1巻

 

男はとにかく女を求めるヤリチンばかり。

だが、性体験さえしっかりしていればこの学園では優秀な生徒だった。

 

しかし幸流はゴムを触るだけで真っ赤になる処女で、天我はとにかく童貞を守り抜く超絶ポーカーフェイスな男だった。

でも幸流は天我が好きなので、彼となら婚前性交渉もやぶさかではないと思っていた。

 

 

そしてゴム装着実習をできなかった幸流は処女補習を受ける事になり、VR装置のようなものをつけさせられて、バーチャル天我に軽くタッチされただけで腰ガクガクの骨抜きにされてしまう。

 

実はこの純粋純潔な幸流は、この学園にいる処女四天王の一人で最弱認定されている感度抜群のそそる女の子だった。

レトルトパウチ

著者名:横槍メンゴ 引用元:レトルトパウチ1巻

 

 

お互い初めては好きな人と決めている二人。

しかし、まだその思いは重なっていなかった。

 

 

2話

金持ち専用学園だが、とにかくバイトを頑張って通っている貧乏な天我。

 

 

VRで辱められた後で、幸流は宿題を出されていた。

それはあるアイテムを使ってレポートを出せばいいというだけだったが、そのアイテムというのがゴツゴツしたバイブだった。

もちろん使うつもりなんてなかったが、説明書を読んでいるうちにムラっときて、股の間に挟んで振動し始めると、そこから生えているような光景とブルブル震えるせいでじわじわ熱くなってきた。

レトルトパウチ

著者名:横槍メンゴ 引用元:レトルトパウチ1巻

 

そんな宿題を実行した翌朝、全校生徒の憧れの的、美少女ギャルの宇留鷲恵麻が唯一の童貞の天我に声をかけ、放課後に話があると言ってきたのだ。

 

 

顔良し頭良し超金持ちの恵麻。

 

世界平和が最終目標だと公言する意識まで高そうな彼女の誘いだったが、天我は恩義があるバイト先の店長を裏切れないからと断った。

すると恵麻は気分を害しもせずに逆にもっと気に入った様子で、バイトが終わるまで店の前で待つと言ったのだった。

レトルトパウチ

著者名:横槍メンゴ 引用元:レトルトパウチ1巻

 

幸流の最大のライバルになってしまうのか?

 

 

3話

寿司屋の店先を掃除していた天我。

労を労いにきた恵麻はソフトクリームを差し出し、彼も溶けてポタポタ落ちるのを食い止めるために舐めとった。

そして覗き見ていた幸流は心中穏やかではいられない。

 

仕事が終わり、お腹が空いた恵麻はどこかに食べに行きたいが、天我は女子と二人でお食事なんて気が引けて乗り気じゃない。

でも恵麻は笑い、女友達はいないのと訊く。

天我はちょっと考えて、幸流の名前を搾り出し、盗み聞きしていた本人をキュンキュンさせた。

レトルトパウチ

著者名:横槍メンゴ 引用元:レトルトパウチ1巻

 

 

するとそれで言質を取った恵麻は、友達になった自分とならご飯を食べに行っても変じゃないと逃げ場をなくしていく。

そこで幸流も偶然を装って二人の前に飛び出し、友達の友達は友達という恵麻の勢いに飲まれて、ファミレスになだれ込んだ。

 

散々食べ飲みした恵麻は、食後のレトルトパウチをチューチュー吸ってから本題を切り出した。

 

天我が童貞なのを改めて訊いて彼が堂々と肯定するやいなや、胸元をはだけて誘惑だが断る彼

レトルトパウチ

著者名:横槍メンゴ 引用元:レトルトパウチ1巻

 

すると恵麻は彼の膝の上に乗って、股間と股間をドッキングさせた。

それでも愛情と性欲が密接に繋がっている彼は一切反応せずポーカーフェイスを保った。

 

恵麻はそのコントロール法が知りたかったのだが、彼はただナチュラルに一途なだけで愛した人にしか興奮しない性質だった。

 

 

恵麻がレトルト食品が好きな理由、それは外界から遮断されて清潔さを保ち腐らないからだった。

それは処女と同じ・・・

 

つまり、恵麻も四天王の一人だったのだ。

レトルトパウチ

著者名:横槍メンゴ 引用元:レトルトパウチ1巻