すんどめ!!ミルキーウェイ
15話~17話ネタバレ感想

すんどめミルキーウェイのネタバレと感想とあらすじとエロ画像、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

由井園と付き合うことになったものの、生育環境のせいか、人を愛することも愛されることも理解でいない義武は、相変わらずヤルことだけに必死。

元カノと気づかぬまま君島とイカせあったりしつつ、由井園と一ヵ月後にすぐヤレるためには、それ以内にルネに種付けしなければならない。

「すんどめ!!ミルキーウェイ」最新ネタバレ無料12話13話14話3巻。ジムの更衣室で元カノを喘がせる!!

 

15話

女とヤルことしか頭にない義武だが、食品メーカーの営業としてそつなく仕事をこなし、なんだかんだイケメンでコミュ力もあった。

 

営業だから小売店の陳列を手伝うこともあるわけで、今日もスーパーの陳列を手伝っていると、賞味期限が近いものから前に置く常識を知らずに置いていたのを、そこのチーフの猫目が可愛い有森世那に注意されてしまった。

 

営業相手だろうと厳しい言葉を投げつけてくるが、可愛いので義武はもちろん狙っていて、ちょっとした小言を言われても問題なかった。

 

一通り陳列が終わり、軋む腰をさすってバックヤードに休憩に行くと、ちょうど有森も休憩中でタバコを吹かしていた。

すると彼女は、いきなり彼に彼女がいるのか訊いてきた。

 

彼は一応いると答えつつ、冗談めかして狙ってるんすか?と言ってみると、彼女は一切躊躇せずタイプだから狙ってると答えるものだから、トントン拍子に今夜飲みに行くことが決まった。

 

 

あまりに都合が良すぎる流れるような展開に、逆に彼はちょっと怖くなるが、取り合えずルネとした後のセフレになれれば最高だと思っておいた。

 

さて、待ち合わせ場所にやってきた彼女は、スーパーの制服姿とは一転、華奢な身体つきがパッと見で分かる可愛らしい服装で、可愛いと言うだけでかなり照れてくれるので、いつもの厳しい態度とは違うギャップが最高だった。

すんどめ!!ミルキーウェイ 3(ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

さっそく居酒屋に入ると、彼女は焼酎をぐいぐい煽って楽しそうな笑顔を零す。

 

彼は酒が弱いと言ってあまり飲まないでいると、彼女はそっと顔を近づけ耳打ちで「勃ちが悪くならないようこの後のことを考えてるのかと思った」と、いやらしく囁いた。

 

すぐペシペシ叩いて冗談めかすが、ほろ酔い加減の赤い頬に潤んだ瞳、小ぶりでも美乳そうな胸に彼は我慢の限界を超えようとしていた。

そして君島の時と動揺、思わずローターを渡してしまっていた

 

一瞬それが何か分からなかった彼女だが、いやらしいアダルトグッズだと気づくと大笑いし、何度も変態呼ばわりしてきた。

しかし、ローターを着ける気はないが、彼がその気なら彼女もやぶさかではなかった。

 

 

そしてまたトントン拍子にホテルにしけこんでいて、彼女は服を脱ぎながら「お風呂一緒に入る?」などと躊躇なく誘ってきた。

 

ここまで来たらシャワーを浴びる時間も待ってられない彼は、彼女が下着を脱ぐ前に飛びついて後ろから胸をわし掴んだ。

 

取引先の可愛いお姉さんの胸が目の前に現れ、すぐさまむしゃぶりつく。

すんどめ!!ミルキーウェイ 3(ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

舌は乳首を転がしながら、片手はするりとショーツの中に滑り込ませ、既に濡れているのを言葉攻めをして興奮を高めさせると、狙っていた男からされるだけあって、彼女もノリノリで名前呼びをおねだりし、舌を出してメスの顔になっていく。

 

彼女もされるがままではおらず、ズボンのジッパーを下ろしてギンギンのものを取り出し、片手で擦り上げた後にチロチロ舌先で舐め始める。

 

猫っぽい彼女だけあって舌使いはとてつもなくうまく、実は一人称が僕っこだった彼女はてらてら濡光るピンクのあそこを自分で広げて見せてきた

 

お互いに股間に吸い付き合い、自慢の舌使いでガンガン攻め合いまくる。

 

彼がちょっと歯を立てられた痛みを感じると、今度は彼が覆い被さって一方的な手マン攻撃を繰り出し、彼女はすぐにはイカされまいとするためか彼の肩をはむっと噛んで耐える

 

しかし、あっという間に愛液をほとばしらせた。

すんどめ!!ミルキーウェイ 3(ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

その直後、彼は肩を噛み切られた痛みで反射的に身体を離した。

 

そう、彼女は見た目通りの完全な肉食系だった。

 

積極的にアプローチするというだけでなく、エッチの最中に相手の肉を噛むのが好きで、相手の痛そうな顔を見るのも好きで、それで興奮が止まらなくなるサバンナの狩人のような女の子だった。

 

 

さすがに受け入れられなかった彼は、仕方なくお預け状態で家路につくのだった。

 

 

16話

寝起きの義武にエロい悪戯をされるところから始まるルネの一日

相変わらずそれで元のエイリアン姿に戻ってしまったその日は、カップメンを買い置き用に買っておいてくれと頼まれた。

 

洗濯、掃除、休憩の後、お昼ご飯に最後のカップメンを食べながらテレビを見ていると、お料理番組で精力満点メニューを紹介していたので、ルネはそれを作って彼にご褒美エッチをしてもらおうと妄想を働かせた。

すんどめ!!ミルキーウェイ 3(ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

しかし、栄養を考えてお買い物を始めた結果、野菜がしっかり入っているタイプのカップラーメンだった。

 

その時、ロン毛で爽やかさをゴリ押しするような怪しげな男が声をかけてきた。

笑顔がしつこいその男は、近くでお料理教室をやっているらしく、彼氏と同棲していると口を滑らせたルネを言葉巧みに誘い、彼女も無料だと言われてノコノコついて行ってしまった。

 

 

とあるビルの一室に入ると、なんのことはなく他にも結構な数の女性がいた。

 

飯塚と名乗った男は、フランス語だか何かをこれでもかと混ぜこんで話すものだからルネは何を言っているかほとんど理解できなかった。

それでも、飯塚がお手本で作った一品のなんとおいしそうなことに目を奪われ、義武に褒められる様を思い描いて包丁を握りしめた。

 

 

いざ調理開始。

 

飯塚は事細かに工程を説明してくれるが、やっぱり何を言っているか分からず取り残されたまま、他の女性たちがお手本通りに仕上げていく中、ルネは消し炭しか作れなかった

 

飯塚はこの後もマンツーマンで教えてあげると優しくしてくれるが、始めっから若くて綺麗で胸がでかいルネ自身をおいしくいただくために誘っただけだった。

 

と言うことで、手取りナニ取り教える風を装って谷間を堪能し始める。

 

そして、手段を選ばずクロロホルムを染み込ませたハンカチを顔に押し付けるが、宇宙人だからか効かなかった

 

飯塚は汗を拭いたのだとごまかし、もっと大量に染み込ませて・・・

 

 

そこにはすっかり夢の中にいってしまったルネが無防備な姿でスヤスヤと眠っていた。

飯塚は顔が良くても心はひん曲がっているゲス野郎で、ババア共を教える代わりの自分へのご褒美に若い女性を食っている性犯罪者だった。

 

そしてルネも毒牙にかけられ、まずブラを脱がされた状態でシンクに乗せられる

すんどめ!!ミルキーウェイ 3(ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

飯塚はまたフランス語か何かを漏らしながらほとんど型崩れしない胸の弾力を確かめ、タコのように吸い付き、片手で片乳首をもてあそび始めた。

さらにその美しい身体の下側に進み、ショーツを脱がせて意識がないルネにがっつり足を開かせ、絵画のような美しいあそこに感動を禁じ得ない。

 

 

ぬっぱりそこを押し広げ、最初に舌を挿し入れて軽くほぐしてから、指をにゅるりとつき入れ、おもしろいほど湧き出してくるルルドの泉に指を動かすのを止められなくなる。

 

もう我慢できず、飯塚もシンクの上にのってガッチガチになったものをルネのあそこにあてがい、吸い込まれるように挿入した

すんどめ!!ミルキーウェイ 3(ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

今度は腰の動きが止まらず、悩ましげな顔でピストンしているうちに、やっとルネは目を覚ました。

 

目が覚めるといきなり犯されている訳の分からない状況のせいか元のエイリアンに戻る事はなく、飯塚も嫌がる彼女に構わず腰を振り続け、そのまま中出しして果てるのだった。

 

 

それは夢だったのか・・・

 

ルネは汗を拭いてもらった直後に飯塚がいきなり倒れたのだと、ビルの警備員を呼んで説明していた。

倒れている飯塚はギンギンに勃起していて、ちょうど夢精したところだった。

 

 

17話

ついに一ヶ月経った。

由井園と付き合い始めて一ヶ月経ったその日は、無理矢理君島に交わされた一ヶ月は由井園としない約束が解禁される日だった

 

それは貫通される由井園自身も分かっていて、君島にも今日の夜のことを囁かれたのだが、タイミング悪く女の子の日が訪れていた。

 

 

義武はこの日を待ちわびていた・・・はずだった。

 

当初の計画では、一ヶ月もあればルネの元の姿になってしまう癖を直して散々種付けライフを送っているいるはずだったのだがそうはなっていない。

つまり、今日このまま由井園とヤレば、ルネを孕ませることができなくなり、傍からいなくなってヤレなくなる。

二人とヤルには、今日由井園とせずにルネの特訓を続けるしかないが、いつ終わるか分かったものじゃない。でも性欲はしたくて堪らない。

 

 

どうしていいか分からずに頭を抱えていると、待ち合わせに由井園がやってきた。

 

あまりの性欲の高ぶりに、服の下に隠されたぷりぷりの裸体が透けて見えるような気さえした。

すんどめ!!ミルキーウェイ 3(ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

彼女はすぐに、今日はできないことを言おうとするが、彼がこの日を楽しみにしていたのは知っていたので言い出せなかった。

 

 

取り合えず居酒屋に入り、お互いモヤモヤ考えている事を表情に出さずに飲んで会話を楽しんだ。

 

店を出て、彼はヤルべきかヤラざるべきか悶々と考えながら「さて、じゃあ」と声を出した瞬間、ハッとした彼女が被せるように声をかけてきた。

すると彼女は、涙を零していた

 

なんで泣いているのか分からず戸惑う彼。

そして彼女は、今日は生理なのでできなくなってしまったと打ち明けた。

 

彼は一瞬キョトンとしたが、スッと手で涙を拭いてあげ、「遊びにでも行くか」と笑いかけた。

 

ヤルことだけじゃなく、気遣ってくれた優しさに彼女はまた涙が零れそうになる。

差し出してくれた手を握ると、一ヶ月経って初めて繋いだ手はとても温かかった

 

 

ダーツバーでささやかな乾杯をして、店を出てから路地裏で壁ドンしながらのキス

すんどめ!!ミルキーウェイ 3(ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

駅で別れて満員電車に揺られながら帰る彼女は、優しくイケメンで恋焦がれている義武との時間の余韻に顔がニヤけるのを止められなかった。

しかし、彼が持ってくれていたバッグを返してもらうのを忘れているのに気づいた

 

 

その頃、彼女のバッグを肩にかけているのも忘れて暗い道を帰っていた彼は、由井園が生理で良かったと思っている自分を恥じていた。

 

理性が欲望に勝ってしまったことに雄叫びをあげ、部屋に入るや真っ先にルネに飛びついて服とブラを一緒にずらし、有無を言わさず乳首にむしゃぶりついた。

 

そして、もう性欲の猶予が一刻もないのと激しい特訓の始まりを告げ、そのまま胸を刺激してからショーツの中をほぐし始めた。

すんどめ!!ミルキーウェイ 3(ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

一方由井園は、化粧品やら何やら明日も必要な物が入っているバッグを取りに彼のマンションの部屋の前まで訪れていた。

 

メッセージを送っても電話をかけてもチャイムを鳴らしても応答はなく、もう終電が近い。

物は試しとドアノブに手をかけると、鍵はかかっていなかった。

 

狭くて短い廊下を抜け、奥の部屋に入ると、妹のはずのルネのあそこを彼がクンニしていた

 

由井園に見られていることに気づいたルネは恥ずかしさが絶頂に達し、元の姿に戻ってしまうのだった。

 

 

感想

すんどめ!!ミルキーウェイ15話から17話でした。

由井園とヤレずにホッとしておきながら、有森とするのはウェルカムなのは一体どういうことなのか。

徐々に愛情が芽生えてきているような感じだと思いましたが、結局ヤリたいだけなのは変わらずで、それとルネは犯されたのか飯塚の夢だったのか・・・

まあ、夢じゃないと雑すぎる展開ですよね。

すんどめ!!ミルキーウェイを読むならこちら

「すんどめ!!ミルキーウェイ」ネタバレ最新18話。彼が妹にしているシーンを目撃する彼女!

ライブチャットで恋愛体験!?