著者名:横槍メンゴ 引用元:レトルトパウチ2巻

レトルトパウチ2巻
ネタバレ感想

レトルトパウチ2巻のネタバレと感想とあらすじと画像、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

性的体験が豊富なほど優等生扱いされるトンデモ学園に入学した幸流と天我。

処女四天王でも相当な感度の良さを持つ彼女は彼に人知れず操を立てる事を誓い、しかし彼は他の女に愛を誓っていた。

処女と童貞はこの学園において退学も覚悟しなければならない落ちこぼれなのだが、果たして二人は無事に卒業にこぎつけられるのだろうか・・・

 

7話

食料を買い込んで帰り道を歩いていた天我は、偶然愛しき人と再会した。

 

松波彩葉

レトルトパウチ

著者名:横槍メンゴ 引用元:レトルトパウチ2巻

 

いつも明るく前向きな彼女と会うのは2年ぶりで、初めての出会いは彼が電車で眠りこけて降りる駅を寝過ごしそうになっていたのを起こしてくれたのが彼女だった。

その時彼女は、その車両で寝ている全員に声をかけ、あまつさえリバースした酔っ払いのゲロを自分のバックで受け止めるという離れ業をやってのけ、それでも笑っていたのだ。

 

それが縁で仲良くなり、同い年ながら既に大学に通い、やがて海外の研究所に旅立って行った彼女との約束を守る為、彼は衿糸学園に入った。

 

 

当たり前のようにその夜は部屋に泊まり、聡明で美しい彼女の寝顔と胸の谷間にドキドキしながら悶々とした一夜を明かす。

レトルトパウチ

著者名:横槍メンゴ 引用元:レトルトパウチ2巻

 

同じ気持ちでいるのか怖くて訊けないまま、目覚めるともう布団は畳んであり彼女はいなかった。

 

夢か幻かと思いながら学校に行くと、幸流が号泣しながら助けを求めてくるのだった

 

 

8話

どうやら本日は性的体力測定の日らしく、前日の性交渉は控えましょうと注意がされるほどの、体力を要する測定が行われるようだった。

 

もちろん興奮を煽る為に女子の体操服はブルマーで、ビッチとして有名なめばえはハミパンしないのが不思議なほど食い込ませた角度で履いていた。

ではなぜ食い込まないのかと言えば、準備万端ノーパンだったからだ。

レトルトパウチ

著者名:横槍メンゴ 引用元:レトルトパウチ2巻

 

 

淡々と性的体力測定が始まっていくが、天我は相変わらずポーカーフェイスで平常心を保っていた。

なぜなら、昨夜再会した彩葉にちゃんと童貞を守り続けている事と愛を伝えていたからだった。

 

だから性的体力測定などで童貞を失う訳にはいかないと決意をしている横で、めばえが男子の下腹部に乗っかり騎乗位スクワット500回を達成していた。

レトルトパウチ

著者名:横槍メンゴ 引用元:レトルトパウチ2巻

 

学園始まって以来の新記録にざわざわするが、それ以上に相手をしている男子の股間は今にも爆発しそうになっていたので、先生の許可のもと体育倉庫にしけこんで行った。

 

しかし、すぐにリカがめばえの記録を打ち破った。

 

 

次は1年生男女の番が回ってきて、ペアを作れと言われる。

幸流は男に跨って腰を振るなど考えられなかったが、天我が相手ならイケそうな気がしないでもなかった。

 

そう思うも覚悟ができないでいると、彼から強引に手を引いてきた。

 

 

9話

大体のペアはカップルで、イチャイチャと測定を同時に行って楽しそうにしている。

 

騎乗位さえ分からない幸流は先生に座る位置を微調整され、今までピクリとも反応したことのない天我がガチガチになっているのを感じた

しかしそれは、彼なりの配慮で着けていたファールカップの感触だった。

レトルトパウチ

著者名:横槍メンゴ 引用元:レトルトパウチ2巻

 

手をつく位置は胸の方が動きやすいと言われて周りを見れば、チュッチユし合っているカップルがそこかしこにいた。

 

彼の胸に手をつき、ファールカップとは言え硬い感触が股間に擦れるたび、あのバイブのことが思い出されてあっさり感じてしまう

でも、体力も筋力もなく5回でフィニッシュした。

レトルトパウチ

著者名:横槍メンゴ 引用元:レトルトパウチ2巻

 

 

騎乗位スクワットの次は男子の体力を測る駅弁ストロークで、女子はただ掴まっているだけでいいのではないのを証明するため、めばえは男子が限界を超えて頑張れるように淫らな喘ぎ声でヤル気を出させていた

レトルトパウチ

著者名:横槍メンゴ 引用元:レトルトパウチ2巻

 

駅弁ストロークをどうにかこうにかクリアした幸流と天我だったが、今度は女子の柔軟性を見るための正常位限界開脚が始まり、これでもめばえは男子のSっ気を刺激しながらノーパンブルマーの股間をこれでもかとおっぴろげて新記録を作った。

 

股関節の柔軟性を見るのに仰向けでやる必要性に疑問を投げかけた幸流だったが、とにかくやらなければならず、でも数十度程しか開けない。

 

先生に初体験の時に苦労するわよと言われると、足を広げようとする天我にこれから挿入されそうになっている気がして、ギチギチだった股間が自然と開いていくのだった

レトルトパウチ

著者名:横槍メンゴ 引用元:レトルトパウチ2巻

 

 

ラストは普通の持久走だった。

 

なんだかんだいつもめばえと一緒にいるリカは、エッチも男を混ぜて一緒にすることが多く、でも男に突かれるよりめばえが感じている顔を見る方が好きだった

今も一緒に走りながら、この気持ちを打ち明けられるはずがないと思っていた。