著者名:ふなつかずき 引用元:グランドジャンプ2018年6号

すんどめ!!ミルキーウェイ
18話19話20話ネタバレ感想

すんどめミルキーウェイのネタバレと感想とあらすじと画像、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

義武はスーパーのお姉さんとヤリそこねたり、ルネはお料理教室で性犯罪者に犯されたのか犯されそうになったのか。

そして由井園と付き合って一ヶ月記念に処女と童貞を捨て合う予定だったが、彼女の体調の問題でお預けに。

そして溜まっていた彼は帰るなりルネに襲いかかったのだが・・・

 

18話

化粧品やらなんやら色々入っている鞄を義武に返してもらうのを忘れた由井園。

すぐに追いかけながら連絡をしたが反応はなく、あれよあれよと言う間に彼のマンションまでやって来ていた。

 

電話もメールも反応がない。

ドアノブに手をかけてみると、するっと開いたので入らないわけにはいかなかった。

 

しかし、少し顔を入れた途端に女性の喘ぎ声が聴こえてきた。

これはエロ動画でも見ているのか。

さすがに、そんなところに踏み込む勇気はない。

いや、よく聴いてみるとそれは聴き覚えがある喘ぎ声だった。

すんどめミルキーウェイ

著者名:ふなつかずき 引用元:グランドジャンプ2018年4号

 

その声の主が誰だか分かり、好奇心に突き動かされたのか、由井園は静かに歩みを進めた。

 

すると、義武が妹であるはずのルネの股間に顔を埋めているところを見てしまった。

 

ルネは全裸で股を開きながら、彼の舌使いに反応して喘ぎ声をあげている。

彼はパンツ一丁で、吸ったり入れたりしている

すんどめミルキーウェイ

著者名:ふなつかずき 引用元:グランドジャンプ2018年4号

 

 

そして、由井園とルネの視線が合った。

 

その瞬間、ルネは恥ずかしさの限界を突破し、元のエイリアン形態に戻ってしまった

由井園は驚きすぎて声もでず、いい感じだったのに擬態が解けたことに彼は苛立つ。

すんどめミルキーウェイ

著者名:ふなつかずき 引用元:グランドジャンプ2018年4号

 

しかし、ルネがあわあわ言いながら指差す方を見ると、なぜか由井園がぽつねんと立ち尽くしている。

一瞬考え、汗が噴出してくる彼。

 

3人の視線が一点で交わった直後、それぞれが最大レベルの悲鳴をあげた。

すんどめミルキーウェイ

著者名:ふなつかずき 引用元:グランドジャンプ2018年4号

 

 

ルネがいきなり化け物に変わった恐怖からくる叫びをあげる由井園。

由井園がここにいる驚きと浮気シーンを見られて叫ぶ義武。

由井園がここにいる驚きと新の姿を見られて叫ぶルネ。

 

3人がそれぞれの理由で腰を抜かし、近所迷惑な悲鳴をあげ続けた。

すんどめミルキーウェイ

著者名:ふなつかずき 引用元:グランドジャンプ2018年4号

 

 

リアルエイリアンが目の前に現れて過呼吸を起こしそうになる由井園をまず落ち着かせるため、彼は肩に手をかけて事の次第を話そうとするが、そう言えばルネとしていたことを思い出した由井園はまず浮気の制裁を食らわせる。

すんどめミルキーウェイ

著者名:ふなつかずき 引用元:グランドジャンプ2018年4号

 

ばしばし叩かれ始める義武が心配になってルネが声をかければ、リアルエイリアンに命乞いをする由井園。だから義武がまた落ち着かせようとすると浮気の制裁を優先させ、また怯えるを何回か繰り返す。

 

やがて彼の頬がふっくら腫れ上がった頃に近所の通報で警察が駆けつけた。

どうにかこうにか痴話喧嘩でお引取りいただいている間に由井園も落ち着き、元の美少女に戻ったルネと対峙しながら、ふざけた名前の星からやってきた異星人だと聞いていた。

すんどめミルキーウェイ

著者名:ふなつかずき 引用元:グランドジャンプ2018年4号

 

 

 

母星を救うために地求人の子種をもらいにきたと言われても、一瞬で色々な衝撃に襲われた由井園はちょっと何を言っているか分からず整理しきれなかった

すんどめミルキーウェイ

著者名:ふなつかずき 引用元:グランドジャンプ2018年4号

 

 

取り合えず彼は人間で、妹なのは嘘で、ルネが種の存続のためにやってきた異星人なのは本当。

 

例えそれが真実だろうと、とんでもない嘘を吐かれていた由井園は、はいそうですかと信じられはしなかった。

すんどめミルキーウェイ

著者名:ふなつかずき 引用元:グランドジャンプ2018年4号

 

彼はこんなSFエロストーリーを話したって信じられなかっただろうと自己正当化しようとするが無視され、逆に二人の女と同時に良い思いをしようとしていたのか問われた。

 

それに彼は、一見納得してしまいそうな答えを返した。

すんどめミルキーウェイ

著者名:ふなつかずき 引用元:グランドジャンプ2018年4号

 

 

ルネが自分とヤルのは、種の存続という大義ある仕事であり、風俗と変わらない

つまり、風俗に行っていたのと変わらず、それが一つの星を救うことに繋がるのなら、我は救世主他ならないのだとベラベラのたまった。

 

そう宣言した直後、自分の言葉を即座に否定してそんな人助け精神なんて一切なかったとあっさり白状し、とにかくただただルネと由井園、二人ともヤリたかっただけだとぶっちゃけた。

すんどめミルキーウェイ

著者名:ふなつかずき 引用元:グランドジャンプ2018年4号

 

もちろんキレのあるビンタが飛んできて、由井園は飛び出していった。

 

 

正直すぎてノックアウトされた義武に呆れつつ、ルネが後を追った。

 

しかし、化け物で浮気相手に待ってと言われて待つわけがなく「来るな!化物!」と言い放ち、怒りと悲しみをぶつけたのである。

すんどめミルキーウェイ

著者名:ふなつかずき 引用元:グランドジャンプ2018年4号

 

化物と言われたルネは、それ以上追いかける事ができなかった。