最新おすすめコミック
「おばさんの肉体が気持ち良過ぎるから」ネタバレ最新1話2話。続編パート2!おばさんで初体験した少年の溢れる性欲

おばさんの肉体が気持ち良過ぎるから
ネタバレ感想

おばさんの肉体が気持ち良過ぎるからのエロ画像最新話、最新刊ネタバレと感想とあらすじ、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

黒猫スミスによる、少年の初体験だらけの最高にエロい一夏の思い出。

5年ぶりに会った叔母さんは、なぜかとても綺麗に見えた。

それは少年が大人に近づいたからなのか・・・

おすすめエロ漫画はこちら

 

おばさんの肉体が気持ち良過ぎるから

両親に連れられ、山の中の別荘みたいな家に夫婦で住んでいる恭子おばさんに会いにいった幸平少年

出迎えてくれた叔母さんを5年ぶりに見ると、なぜか顔が熱くなってきた。

 

 

夜になると大人たちは酒盛りを始め、叔母さんの夫は早々に酔い潰れた。

幸平は叔父さんを運ぶのを手伝い、叔母夫婦の寝室に入った。

そこで躓き、叔母さんをベッドに押し倒してしまった。
おばさんの肉体(からだ)が気持ち良過ぎるから ~ボクのおばさんは超名器だった~

 

 

知らずに酎ハイを飲んでいた幸平は叔母さんへの思いが抑えきれずに胸を揉みしだき始め、どんどん硬くなっていった

そして叔母さんはこれが最善だと思い、ジッパーを下ろしてまた皮がしっかり被っているものを擦り、少年の初めての射精を、デニムを履いた自分の股間で受け止め
おばさんの肉体(からだ)が気持ち良過ぎるから ~ボクのおばさんは超名器だった~

 

 

そして二ヵ月後、夏休みに入って今度は長く滞在する予定でまた叔母さんの家にやってきた。

 

 

初めて手コキされてから男女の営みがどんなものなのか勉強してきた幸平は、初日の夜に叔母さんに夜這いを仕掛け、子供が作りたいと欲望をぶつけようとする。
おばさんの肉体(からだ)が気持ち良過ぎるから ~ボクのおばさんは超名器だった~

 

 

さすがに叔母さんは受け入れられず、聞かん坊になった少年をトイレに連れ出し、パンツを下ろし、やっぱりまだ被っているものを咥えて吸い出してあげた。

 

でも、思ったより射出時間が長くて口の中が白い液でいっぱいになった
おばさんの肉体(からだ)が気持ち良過ぎるから ~ボクのおばさんは超名器だった~

 

 

翌日に夜になると、また幸平が夜這いを仕掛けてきた。

 

昨夜の一回きりなんて言われても、覚えたての少年の股間が言う事を聞けるわけもなく、嫌がる叔母さんを脅し、パンツを脱がせ、叔母さんも諦めて皮を剥いてあげてから穴の中に挿入させた
おばさんの肉体(からだ)が気持ち良過ぎるから《後編》 ~ボクのおばさんは超名器だった~

 

 

根元まで入れた途端に出してしまい、叔母さんはもう一度諦めて満足して腰を振り終わるまで待つことにした。

 

結局、ずっと硬さを維持したままおそらく7回は中出しされるのだった。
おばさんの肉体(からだ)が気持ち良過ぎるから《後編》 ~ボクのおばさんは超名器だった~

 

 

しかし幸平の欲望は止まらず、翌日の昼間、薪を取りに倉庫に叔母さんが一人でいるところを狙い、またお願いお願い攻撃を繰り出し、今度は初立ちバックを経験した。

 

さすがに昼間で叔父さんに見つかりそうになったが、見つかって破滅するのはどちらかと言えば叔母さんの方なので、どうにか切り抜けた。
おばさんの肉体(からだ)が気持ち良過ぎるから《後編》 ~ボクのおばさんは超名器だった~

 

 

しかし幸平は性懲りもなく連日連夜夜這いを仕掛けなければ死ぬかのように毎夜叔母さんのベッドに潜り込み、中出ししたらだめよと言われながらも中出ししまくり、またトイレに連れ出されて今度はしっかりゴムをつけられ、口で大きくされて突っ込んだ。

 

 

それはそれで叔母さんの胸を初めて明るいところで見られたし気持ちよかったが、やっぱり生が最高だったし、叔母さんとの子供を作りたかったのだ。

 

幸平は性欲の化け物と化していき、連日連夜、朝も昼も夜も叔母さんに挿入して腰を振って出し、口の中に出し、たまにゴムをつけているフリをして出しを繰り返し、なるべくしてなった結果を招いてしまう。
おばさんの肉体(からだ)が気持ち良過ぎるから《後編》 ~ボクのおばさんは超名器だった~

 

 

だが幸平は深く考えず、夏休みが終わって今度は叔母さんの方から家に泊まる事になると、そこでも文字通り溢れる性欲をぶつけていくのだったが・・・

おばさんの肉体が気持ち良過ぎるからを読むならこちら
おばさんの肉体(からだ)が気持ち良過ぎるから ~ボクのおばさんは超名器だった~
おばさんの肉体(からだ)が気持ち良過ぎるから《後編》 ~ボクのおばさんは超名器だった~

 

 

おばさんの肉体が気持ち良過ぎるから《Part2》

おばさんの家に行くのは一昨年の夏以来だった。

 

おばさんは女の子を産み、桃香と名付けてあの山の中の家で子育て生活を送っていた。

 

 

大人たちは可愛い桃香にデレデレで猫可愛がりするが、幸平は久しぶりに会ったおばさんの身体を舐め回すように視姦し、見ただけで勃起させた。

 

また髪を短くしたおばさんは、やっぱり美人だった。

 

だからまた寝室に侵入して無理やりフェラさせたり、朝っぱらからトイレに雪崩れ込んで強引に中出ししたりとやりたい放題しまくる幸平。
おばさんの肉体(からだ)が気持ち良過ぎるから《Part2》 ~ボクのおばさんは超名器だった~

 

 

相変わらず精子の量と濃さ、絶倫具合は凄まじく、おばさんのお腹は真っ白に染まるほどだった。

 

 

あわやおじさんにバレそうになっても一切お構いなしの幸平は、おばさんがスルーしようとするとついに関係を暴露しようとする暴挙に出た

 

さすがに身内の中で修羅場を作りたくないおばさんは仕方なく、買い物だとごまかして幸平を連れ出し、ちゃんとゴムを着けさせたうえでカーセック〇させてあげた。

 

もちろん妊娠させたい幸平は、しれっとゴムごと精子を膣内に残していった。
おばさんの肉体(からだ)が気持ち良過ぎるから《Part2》 ~ボクのおばさんは超名器だった~

 

 

立場を利用し、弱みにつけこみ、バカな子供を装い強姦を続ける幸平。

 

おばさんはゴムごと精子が膣内に残されているのに気づき、家に入る前に自分の中をぐにぐにいじって出し、最悪と独り言ちた。

 

鬼のような性欲と精子をぶつけてくる幸平は、おじさんがいない隙にまた寝室に入り込み、もしかしたら自分の娘かも知れない桃香が寝ている横で、おばさんに睡姦し始めた。
おばさんの肉体(からだ)が気持ち良過ぎるから《Part2》 ~ボクのおばさんは超名器だった~

 

 

調子乗りと性欲が止められない幸平は、おじさんが入って来ても毛布に隠れて腰を振り続け、家族崩壊ギリギリを楽しみながらおばさんの気持ち良過ぎる膣を貪り続けた…

 

 

感想

おばさんの肉体が気持ち良過ぎるからでした。

おばショタ系が好きな人はドストライクでしょうし、フルカラーなのでより生々しいです。

夫を久しぶりに誘った時のエロ下着姿が最高でした。

パート2は黒ワンピースとブルー下着のコントラストがそそりましたし、後編がありそうなので楽しみです。

おばさんの肉体が気持ち良過ぎるからPart2を読むならこちら
おばさんの肉体(からだ)が気持ち良過ぎるから《Part2》 ~ボクのおばさんは超名器だった~