著者名:岡本倫 引用元:ヤングマガジン2018年9号

パラレルパラダイス
33話34話35話ネタバレ感想

パラレルパラダイスの最新話、最新刊ネタバレと感想とあらすじと画像、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

ピナコの態度が比較的良くないものの、ヨータは十分にこのリゾート地でいい気分だった。

ルーミとハッスルし、ティアの絶品料理をたいらげて脇汗をかかせ、そしてお片づけ中に手が血塗れの少女と遭遇するのだった。

 

33話

突然現れた手が血塗れの少女を見たヨータは「なっ・・・」と驚き、少女は「ん?」と、すっとぼけた反応を返した。

手は血塗れだが顔はめちゃくちゃ可愛く、そのギャップがベクターを使いそうな恐ろしさを醸していた。

パラレルパラダイス33話

著者名:岡本倫 引用元:ヤングマガジン2018年9号

 

 

彼は当然手を怪我していると思って話しかけるが、少女はツンデレキャラなのか、心配されたのを邪険に返し、もう自分には時間がないのだからとか呟き、中二病風味まで醸した

パラレルパラダイス33話

著者名:岡本倫 引用元:ヤングマガジン2018年9号

 

そう言うや否や夜の浜辺を駆け出した少女。

よく見ると、この街の他の女の子より露出は少なめだった。

 

来るなと言われればそこまでして追いかけなかった彼。

パラレルパラダイス33話

著者名:岡本倫 引用元:ヤングマガジン2018年9号

 

少女が立ち去った後でティアもやってきた。

彼はいたいけな少女がいたけど走って逃げたと報告すると、彼女はそれはおかしいなといった感じで、夜の浜辺には近づかないよう言ってあるといい、彼にもさっさと帰るよう促し、夜の浜辺では殺人が起きることも珍しくないとも付け加えた。

パラレルパラダイス33話

著者名:岡本倫 引用元:ヤングマガジン2018年9号

 

 

翌朝、寄せては返す波の音をゆったりチェアに座って間近で聴きながらまったりしていたピナコ。

そこでヨータに朝の挨拶で声をかけられ、スチャッと例の眼鏡を外してご挨拶。

食後もハッスルしたのかどうか、彼はぐっすり眠れたようだった。

パラレルパラダイス33話

著者名:岡本倫 引用元:ヤングマガジン2018年9号

 

ただ彼は通りがかりに挨拶をしたのではなく、祠が出現するかもしれない干潮の日まで暇だから、何か仕事でもないかと訊きにきたのだった。

 

殊勝な心がけだったが、ピナコはきっぱり迷惑だと断り、ルーミとハッスルしておいてくれればいいとアドバイスした。

パラレルパラダイス33話

著者名:岡本倫 引用元:ヤングマガジン2018年9号

 

だが彼も簡単には引き下がらず、暇を持て余しているからもあったが、この世界にきたのはきっと意味があるからだと選ばれし者的なニュアンスで言い返し、ピナコのめんどくさそうな顔を引き出した。

 

 

すると彼は急に話を変え、18才以上のガーディアンにしては、ピナコがお子様に見えることをいじり出した。

今日はまたとてつもないエロい下半身の衣装を身につけている年頃の女の子に対し、ロリ属性があるなどと言うものだから取り扱い方を知っているルーミが注意するが、またすぐに小さいなどとタブーを発してしまう。

パラレルパラダイス33話

著者名:岡本倫 引用元:ヤングマガジン2018年9号

 

 

敏感に反応したピナコはすぐさま可愛い胸をバカにされていると思って真っ赤になりながら怒りを露にするが、彼は自分でフォローしたのに、直後に胸も小さいとフォローを自ら台無しにする。

その直後、パナエパナエと連呼しながら女の子たちがやって来た。

パラレルパラダイス33話

著者名:岡本倫 引用元:ヤングマガジン2018年9号

 

 

その子達が言う場所に急いで駆けつけると、既に人だかりができていた。

その輪の中心には、腹を抉られて惨たらしく殺されている女の子が倒れていた。

パラレルパラダイス33話

著者名:岡本倫 引用元:ヤングマガジン2018年9号

 

 

夜の浜辺をうろついたらしいその女の子。

 

彼はすぐに昨夜の手が血塗れになった少女を思い出し、「赤いリボンの女の子」と口走った。

それをトライデントたちは聞き逃さなかった。

パラレルパラダイス33話

著者名:岡本倫 引用元:ヤングマガジン2018年9号

 

 

この地には、赤いリボンをしている魔物が現れるという言い伝えがあった。

しかし、何百年もこの地にいて何百人も犠牲になってきたというが、女の子たちにはその魔物の姿が見えず、夜は家に引きこもることでしか対処する方法がなかった。

 

彼だけに見える女の子タイプの魔物。

そこに目をつけたピナコは、暇を持て余した彼に強引に魔物退治の役目を任せるのだった。

パラレルパラダイス33話

著者名:岡本倫 引用元:ヤングマガジン2018年9号

 

 

そしてピナコは、ひとけのない岸壁に空いた洞窟の中に一人でいた。

しかも全裸で。

 

光が届かず薄暗くなった奥の方に向けて話しかけるピナコは、股の間から愛液を垂らした、発情初期段階の顔をさらしていた。

パラレルパラダイス33話

著者名:岡本倫 引用元:ヤングマガジン2018年9号