著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2018年11号

ゆらぎ荘の幽奈さん
96話97話98話ネタバレ感想

ゆらぎ荘の幽奈さんの最新話、最新刊ネタバレと感想とあらすじと画像、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

夢咲先生に助けを求めた雲雀だったが、婿争奪戦のライバルを増やす結果に。

エロく、可愛く、慎ましい先生の破壊力を思い知らされた雲雀。

https://kuroneko0920.com/archives/38803

 

96話

場所は朧の故郷である龍雅湖。

 

そこの主であり神の玄士郎が極龍洞なる空間に閉じこもって半年。

魚人兵士Aはいささか心配になってきていたが、兵士Bは心配ないさと励ましつつ、かつて主をぶっ飛ばしたあのコガラシが、実は御三家の一角だったらしいぜと噂話を始めた。

それは朧に機密事項だと言われていた。

なぜなら、コガラシは主がぶっ飛ばしたことにしていたから、もし真実を知ったらめんどくさいことになるからだ。

 

と言うことで、タイミングよく引き篭もりから出てきた玄士郎に話を聞かれてしまう迂闊な兵士たちだった。

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2018年9号

 

 

 

一方ゆらぎ荘の朝。

 

愛人、発情、子作りなどと魅惑のキーワードを半裸で囁き、睡眠学習の要領でコガラシに暗示をかけていた朧だった。

まあいつもの事とは言え、幽奈の乱れとは違う誘惑に彼もドキドキする。

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2018年9号

 

 

隙あらば色仕掛けで誘惑。

それも全て龍雅家のためで、コガラシの遺伝子を受け継いだ屈強な子供を生み育て、故郷の基盤をより磐石にしようと言うのが、最初か言っている通り朧の狙いだった。

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2018年9号

 

玄士郎は身内みたいなものなので交わるのは具合が悪く、そもそもコガラシと幸せいっぱいの結婚生活を送るつもりはなく、ただ種付けしてもらえる愛人に収まれれば十分だった。

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2018年9号

 

 

愛人くらい認めろという朧。

人間社会の常識を説く雲雀。

 

朝から一人の男を巡った争いが勃発する中、朧はバシュっとワープゲートを出して龍雅湖へ行こうとした。

すると、朧が入る前に件の玄士郎がそのゲートを通って出てきた。

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2018年9号

 

それだけじゃなく、あの時とはどうも雰囲気が変わっているようだった。

一度拉致された幽奈はその違いに気づくが、やはり可愛い女と見れば襲い掛かってくる見境のなさはそのままだった。

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2018年9号

 

側近で厳しい妹的立場の朧はすぐに手刀を食らわせて諌めたが、確かに頭にヒットしたにも関わらず、まるで当たっていないかのように横にするりと移動したのだ。

 

朧はついにあの秘術を会得したんだと驚くが、玄士郎はそんなことより、嫁候補を奪い返されたコガラシが実はまだ生きていて、しかも御三家の一角だったのを隠していた朧に怒っていた。

 

朧が土下座をして素直に頭を垂れたその時、渦中のコガラシが玄関から出てきた。

すると玄士郎は指先に光を集め、辺り一帯を照らし出した。

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2018年9号

 

 

その直後、コガラシ含めその場にいた全員がどこかの異空間に飛ばされていた。

そしてコガラシだけ、玄士郎と対峙させられていた。

 

ここは玄士郎が半年間引き篭もっていた極龍洞で、コガラシは幽奈たちの前にある大きな水晶玉の中にある闘技場にいるのだそうな。

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2018年9号

 

 

まさかの事態に朧はすぐどうにかしようとゲートを使って動き出した。

 

幽奈、雲雀、夜々の3人も彼を助けようと行動を開始するが、いきなりスライムみたいな何かに包み込まれ、服を溶かされだした

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2018年9号

 

 

女の子たちの悲鳴は水晶の中にも届いていた。

 

彼女たちを解放して欲しくば戦えと迫る、完全に悪役になった玄士郎。

やるしかないと思ったコガラシは彼女たちのためにもさっさと終わらせようと思い、強烈な一撃を腹に叩きこみ、なんと貫通させた。

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2018年9号

 

急にグロ展開かと思われたがそうではなく、玄士郎にダメージはないようだった。

 

それでも圧倒的な破壊力を持つその攻撃力を賞賛した玄士郎。

だがそれは、やはり通じていなかった。

 

一方幽奈たちも、スライムにいいように嬲られていた。

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2018年9号