ド級編隊エグゼロス14話
ネタバレ感想

ド級編隊エグゼロスの最新話、最新刊ネタバレと感想とあらすじと画像、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

宙が本屋でエネルギーを解放させ、烈人の妹の緋色と仲良くなったり、雲母が幼児退行してめちゃくちゃエロく可愛くなったり。

そしてついに、あの意味深な二人組が再登場する。

https://kuroneko0920.com/archives/37904

 

14話

歩道橋下に陣取り、お姉さんたちのパンチラを見る事に必死になっていた一人の少年と、それに嫌々付合いながらもしっかりスタンバイしていた少年。

今度こそ前みたいに変な光に邪魔されない、生パンチラを見ようと張り込んでいた。

 

しかし、目的を果たす前に褐色系の怖そうな眼帯女子高生に見咎められ、覗き趣味を注意される。

だがその女子高生はしゃがんで見えるか見えないかのギリギリの体勢になり、少年たちを誘惑したのだった。

ド級編隊エグゼロス

著者名:きただりょうま 引用元:ジャンプSQ2018年3号

 

 

するすると捲られていくスカート。

だが、後ちょっとのところでお預けを食らい、パンチラとは偶然だからこそ価値があるのだと説かれた。

 

友達らしいマスク巨乳のツインテと歩道橋を上がって去っていくお姉さんたち。

少年二人が上を向いて生きろと言われた通りにすると、さっそく綺麗なお姉さん二人分のパンチラを見れて、幸先いい再スタートを切ることができたのだった。

ド級編隊エグゼロス

著者名:きただりょうま 引用元:ジャンプSQ2018年3号

 

 

 

烈人と雲母が通う学校では教師が寝坊で遅刻して自習になっていた。

とはいえ眠そうにしているのは雲母も同じで、今朝、烈人と仲良しこよしでいちゃいちゃ夢のような夢を見たおかげで逆に起きるのが辛く、起きたら起きたであくびが止まらなかった。

ただ、目覚めると宙がほぼ裸の状態になっていたので、その瞬間はパッチリ目が覚めた。

ド級編隊エグゼロス

著者名:きただりょうま 引用元:ジャンプSQ2018年3号

 

しかも先生が遅刻しているだけじゃなく、学級閉鎖のように多くの生徒が遅刻や欠席をしていた

その異常事態は都内各地で起こっており、原因はまだ解明されていなかった。

 

 

仲良く風呂に入っていたエグゼロス女子4人。

雲母だけでなく他の3人の学校でも欠席・遅刻が続出していた。

 

最近良い夢を見ているのも共通していて、宙はと言えばいい漫画のネタになる烈人と他3人のくんずほぐれつな一幕を。

舞姫はキセイ蟲に捕まりながらも気持ちよくされた夢だった。

ド級編隊エグゼロス

著者名:きただりょうま 引用元:ジャンプSQ2018年3号

 

同じく一緒にお風呂に入っていたチャチャによれば、それらの異常事態はゲンム蟲という、ある意味サキュバス的な感じの怪人の仕業らしく、なかなかの実力者なのだという。

 

ただ、毎度そのジワジワ過ぎる侵略の仕方に疑問を感じざるを得ない雲母。

それは、キセイ蟲たちが平和的な侵略を望んでいるからだとチャチャは言うが、平和を望むのに侵略はするという矛盾をそこで誰も指摘せずに、湯にまったり浸かりながら聞いていた。

ド級編隊エグゼロス

著者名:きただりょうま 引用元:ジャンプSQ2018年3号

 

 

とにもかくにも大規模な被害が出ているので早く退治する必要がある。

そのためにもエネルギーを溜めようと、百花は雲母のたわわな巨乳を揉みしだきながらじゃれつき、イスの真ん中に開いた穴から雲母の股間が見えていた