著者名:NON 引用元:ヤングマガジン2018年13号

ハレ婚157話158話
ネタバレ感想

ハレ婚の最新話、最新刊ネタバレと感想とあらすじと画像、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

小春が計画した温泉旅行で嫁二人と混浴した龍だったが、3Pの流れにはならず、代わりに父親と再会して麟之介と会わせることができた。

 

157話

父と再会して何かが吹っ切れたのか、龍は今まで以上にピアノにのめり込んでいった。

まどかを辱めた、あの倉庫にあるピアノを打ち鳴らし、やがて水面という曲を書き下ろした。

それが話題の戦争映画に起用され、「だてのすけ」という名前で世間の認知度が飛躍的にあがった。

ハレ婚

著者名:NON 引用元:ヤングマガジン2018年13号

 

 

ピアニストとして再び世の中に出始めた龍

ここ3年の伊達家にとって、それが一番大きなニュースだった。

 

そう、あの温泉旅行からもう3年が経っていて、麟はそこら辺に落ちている棒を拾って駆けずり回るわんぱくな少年に成長し、ゆずはバッサリ髪を短くしたものの、たわわな胸は維持し、また雰囲気の違う色気を放っていた。

ハレ婚

著者名:NON 引用元:ヤングマガジン2018年13号

 

 

広い庭にポツリと家庭菜園を作っていた伊達家。

それはうららからもらったトマトの苗を育てたもので、食べ頃に近づいてきたトマトを美人ママのゆずと走り回っていた麟が仲睦まじく観察していた。

ハレ婚

著者名:NON 引用元:ヤングマガジン2018年13号

 

これがママので~これがパパので~と楽しそうに品定めする麟は、小春のことを小春ちゃんと呼んでいた。

ハレ婚

著者名:NON 引用元:ヤングマガジン2018年13号

 

 

家の中にも元気一杯駆け戻り、言葉を覚えたてに特有なよく分からないことを捲し立て、小春とプールがしたいと言いながらキッチンへ。

その時、火傷をして思わず叫んだ小春の声が響き渡った。

 

指先をチュッと舐めて冷ましている小春の背中に声をかけた麟。

振り向いた小春は3年経っても顔も体型も変わっていなかったが、ゆずと同じく長かった髪をバッサリ切って、活発な中身そのままにボーイッシュな雰囲気に変わっていた。

ハレ婚

著者名:NON 引用元:ヤングマガジン2018年13号

 

 

ゆずは麟に対してはデレデレ状態の常に笑顔という感じだが、小春は普通の言葉遣いで汚くして家の中に入ってきたのを指摘し、おしっこしたからと答えた麟に慄いた。

 

相変わらず料理の腕が上がらない小春に麟も諦めているような表情を見せた後、ゆずが届いていた小包を開ける。

入っていたのは龍が表紙になった音楽雑誌だった。

ハレ婚

著者名:NON 引用元:ヤングマガジン2018年13号

 

贔屓目に見なくても普通にカッコよくて、嫁二人は驚きつつも誇らしく、麟はパパがいることを不思議がった。

昨年にはツアーも行った龍はリストの再来などと持て囃され、ニューアルバムがリリースされる予定もあり、最早売れっ子芸能人のような扱いだった。