暗い家ネタバレ感想

暗い家の最新話、最新刊ネタバレと感想とあらすじと画像、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

佐伯タカフミ先輩に恋する女子高生の高崎かなこ。

バレンタインデーに学校でチョコを渡そうと思っていたけれど、散々ドジったり、先輩とのエッチな夢を見たりしてそれどころじゃなかった。

だから放課後、先輩の家を訪ねてサプライズしようと思っていたのが、まさかあんなことになるとは・・・

暗い家を読むならこちら

 

暗い家

初恋の相手の佐伯タカフミ先輩にチョコを渡すため、住所のメモと睨めっこしながら住宅街をさ迷っていた高崎かなこは、なんとか先輩の家を探し当てることができた。

でもそこは、とても先輩には似つかわしくない、荒れ放題の庭にゴミ袋が溜まり、汚らしい廃屋のような家だった

それでも、住所の通りの場所に建っている。
暗い家

 

その時、突然背後から声をかけられた。

振り向くと、家と同じように小汚いおっさんがいた。

 

まさか先輩の家族とは思いたくなかったが、メモの住所の「千田町」と「干田町」のが違うだけのよく似た地名で、しかも苗字も同じ佐伯だから間違って訪ねてくる人が珍しくないのだと教えてくれた。

なるほどと思い、安心して本当の住所に行こうとした直後、かなこは急に意識を失ってしまう

 

 

かなこを気絶させた佐伯のおっさんは、家の中に連れ込んでゴミ袋の山に寝かせ、さっそく勘違い女子高生のスカートの中を覗きこみ、可愛らしいボーダーパンツを捲って指で入り口をいじり始めた
暗い家

 

 

気絶しているのにほどよく濡れてくると、今度は舌で解しながら愛液の味を堪能していく

 

その頃になってかなこは目を覚ましたが、いきなり指が中に突っ込まれた初めての強い衝撃で一気に覚醒した。

 

なんでこんなことになってるのか訳が分からず、叫ぼうにも口を塞がれてしまう。

しかし、頑張って噛み付いて歯の痕をくっきり残し、おっさんが怯んだ隙に逃げ出そうとしたが玄関はゴミが引っかかっているのか開いてくれず万事休す。

 

キレたおっさんは容赦なく後ろから突っ込んできた

 

 

玄関の引き戸をガタガタいわせながら腰を打ちつけ、今度はかなことくるっと持ち上げて駅弁の体位になりながら唇まで貪った。
暗い家

 

 

家を間違えただけなんて言ってもおっさんが開放してくれるわけもなく、処女だろうが関係なく女子高生の体を堪能しつくそうとする。

最悪のバレンタインと最悪の初めてだとかなこが思った時、愛しの佐伯先輩の声が戸のすぐ向こうから聞こえてきた

 

先輩の家にもここと間違えて配達が来るらしく、それを届けに来たようだった。

しかしおっさんは腰を振るのを止めず、かなこにぱっくり股を開かせた状態にさせながら先輩を家の中に招き入れようとした

 

 

しかし、開かない玄関戸。

でも、先輩にもばっちり聞こえているかなこの喘ぎ声と生々しい棒と襞が擦れる音

 

そして先輩は、わずかな隙間から何が起こっているのか覗いてみた・・・
暗い家

 

 

 

おっさんの毒牙にかかった高崎かなこが性奴隷になってしばらく、ひょんなことから市ヶ谷貴子という大人びた女子も同じような目に遭ってしまう。

 

年上のスクールカウンセラーに恋をしていた彼女は、あることでかなこに興味を持ち、そしてあの暗い家に近づいてしまった。
暗い家II

 

 

背伸びしている巨乳の貴子だったが、まだ処女で天然パイパンの子供っぽさを残している純粋な女子高生だった・・・
暗い家II

 

 

感想

暗い家でした。

エピソード1は先輩に恋するあどけない女子高生のかなこ。

エピソード2はモテるけど年の近い男子には興味がないパイパン巨乳の貴子。

私としては、貴子の方がそそりましたし、如何にも乙女って感じじゃない気が強いところがどうしようもなくおっさんにいいようにされてしまうのが、悲しくもエロかったです。

暗い家を読むならこちら