著者名:横槍メンゴ 引用元:レトルトパウチ4巻

レトルトパウチ4巻
ネタバレ感想

レトルトパウチの最新話、最新刊ネタバレと感想とあらすじと画像、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

新たな処女四天王の喜多嶋ふみかと出会い、一悶着あった幸流と天我。

恵麻はどんどん天我への思いを認識し、気持ちを抑え込むのに必死になっていた。

そしてめばえは、相変わらずヤリまくっていた。

 

21話

夏休みに入り、宿題のために久しぶりに集合した処女の二人と天我。

先に待ち合わせ場所で恵麻に会った幸流は、いつの間にやら彼に携帯を渡して連絡を取り合っていたらしいのを知り、危機感と嫉妬を抱くが、その場で3人のチャットルームに招待されたのですぐに機嫌が良くなった。

しかし誘うのを忘れていたと恵麻は言うが、少しでも彼と二人だけの繋がりが欲しくてそうごまかしただけだった。

 

 

処女&童貞に出された夏休みの特別宿題は、なんのことはない読書感想文だったので、取り合えず図書館へ行き指定の本を手に取ると、それは文章を読み上げてくれるサウンドノベルだった。

 

当然官能小説ばりのエロ小説なのは想定済みだった。

しかし、読み上げている音声が、どう聞いても幸流の声だったのだ。

レトルトパウチ

著者名:横槍メンゴ 引用元:レトルトパウチ4巻

 

 

自分の声で喘ぎ声やいやらしい文章を聞かされ羞恥に身悶える幸流

 

それはそれとして、前の席で顔を赤らめている天我は、一体どっちの声を聞かされているのかが気になって仕方ない幸流だった。

レトルトパウチ

著者名:横槍メンゴ 引用元:レトルトパウチ4巻

 

 

22話

次の宿題はプールに行けと指示されていた。

彼と一緒にプールに行けるならこんな嬉しいことはない幸流だったが、如何せん、最近甘い物を食べすぎでムッチリしてきている。

でも、胸のサイズも比例して大きくなっていたから、今度は彼の好みのサイズが気になって仕方なかった。

 

 

そして後日、赴いたプールは分かる人には分かる例のプールだったが、さすが処女&童貞はそこがどういう目的で使われることが多いか知らずに平常のテンションだった。

 

ここでの課題はグラビア撮影

もちろんカメラマンは天我でモデルは幸流と恵麻だ。

スタイルのいい恵麻は黒の水着で大人っぽく、ムッチリ度合いが増した幸流はサイズがギリギリの食い込みやすい一着で登場。

レトルトパウチ

著者名:横槍メンゴ 引用元:レトルトパウチ4巻

 

 

本当のグラビアらしく胸を寄せたり股を開いたりと、体を張って課題をこなした二人の体力が削られた後、次は白のスク水に着替えて水と戯れているショットを撮ることになった。

 

露出が少なくなって助かったと思う二人だったが、すぐに先生の罠に気づいた。

それはこのプールにバッチリな、濡れたら透けるエロ水着だったのだ。

レトルトパウチ

著者名:横槍メンゴ 引用元:レトルトパウチ4巻

 

 

23話

まさか透けているなんて気づきもしない彼にポーズを催促されるが、最早正面を向くことさえできるはずもない。

すると恵麻が咄嗟に機転を利かせ、二人で抱きしめ合って前を隠し、イチャついているポーズという形を取った。

 

ナイスアイデアではあったが、それはそれで乳首が擦れ合い、特に敏感な幸流は興奮著しかった。

 

 

水の中の撮影は早々に切り上げられ、次はスチール撮影から動画に変わってオイルマッサージシーンを撮ることになった。

 

天我は平気な様子で幸流の足から尻にかけて揉みあげてくる。

そして気づいているのかどうか、水着の隙間を軽く突っ込んで割れ目目前の生尻を触ってくるものだから、幸流は辛抱堪らずに腰が浮いてしまい、透けた前面部分を見られそうになってしまう。

レトルトパウチ

著者名:横槍メンゴ 引用元:レトルトパウチ4巻

 

 

そうこうしているうちに恵麻の水着は乾いていたので堂々と前を向いたが、恵麻には妙に恥じらいを見せる天我は背中を向けさせた。

しかしオイルを零してぶっかけてしまい、全身ヌルヌルの状態で揉み始めた。

 

そして、彼の手が胸に触れそうで触れないギリギリとヌルヌルで、恵麻はスイッチが入りそうになっていた。

レトルトパウチ

著者名:横槍メンゴ 引用元:レトルトパウチ4巻

 

 

24話

そのまま前に来てもいいと言われた彼は、乳房さえ避ければ問題ないと考え、谷間に手を滑り込ませた

レトルトパウチ

著者名:横槍メンゴ 引用元:レトルトパウチ4巻

 

かなりの締め付けだったのでオイルを足すと、スムーズに腕の上下動を繰り返してリンパを流せていると確信。

そして恵麻は、とんでもなくもどかしくもジンジンくる快感に乳首が完全に勃起状態になっていて、最後までしてもらわなければ治まりがつかなくなってしまった。

だから、振り向いて彼を見つめて手を取り、自分の硬くなった先っちょに触れさせようとした

レトルトパウチ

著者名:横槍メンゴ 引用元:レトルトパウチ4巻

 

だが、課題はそこで終了を告げられた。

 

 

初めて完全に照れた彼の顔を見た幸流は嫉妬と悲しみに包まれながら家路を辿り、天我は彩葉以外の女に興奮したことで罪悪感に襲われ、恵麻は幸流の恋を応援できなったことでグループチャットを退会した。