著者名:もんでんあきこ 引用元:グランドジャンププレミアム2018年3号

エロスの種子7話ネタバレ感想

エロスの種子の最新話、最新刊ネタバレと感想とあらすじと画像、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

自分の死期を悟った女性は、偶然見かけたラブドール製作者の男性に一目惚れし、自分の身体を模したラブドールを作ってもらい、人生の最後に確かな愛を感じて旅立った。

 

7話

時は昭和40年代

学生運動が熱を帯びて息巻いた学生たちに生きる糧を与えていたこの時代、正義の名の元にやりたい放題していた若者たちの中に、ある一人の女子大生がいた。

 

学生運動に参加している同年代の主義主張に大して興味もなかった彼女は、その時、かなり肌を露出した格好で縄で縛りあげられ、あられもない姿をある一人の男にさらけ出していた

エロスの種子

著者名:もんでんあきこ 引用元:グランドジャンププレミアム2018年3号

 

 

椎名順子

彼女を真剣に見つめながらその男は絵筆を走らせていた。

 

体勢の辛さよりも恥ずかしさが勝るであろうその格好を男は気遣い、順子は大丈夫だと答える。

やがてタイマーが時間を伝えてくれると彼女の縄は解かれ、約束通りの報酬が支払われるのだった。

 

 

昭島薫

瀟洒な古い屋敷に飼い犬と住んでいる彼は日本画家で、順子は彼の絵のモデルだった

売れているようには見えなかったが、金払いも身なりも良い、不思議な男だった。

エロスの種子

著者名:もんでんあきこ 引用元:グランドジャンププレミアム2018年3号

 

 

 

モデルの仕事が終われば学部セクトの幹部をしている彼氏の森川浩介が待っている六畳一間の部屋に戻り、部屋に入るや居丈高に脱げと言われ、有無を言わさず縄で縛られて火照った身体を抱かれる

浩介は自分以外の男に付けられた彼女の縄の痕を見て、興奮していた。

エロスの種子

著者名:もんでんあきこ 引用元:グランドジャンププレミアム2018年3号

 

独りよがりな行為でも、順子は確かに浩介が好きだった。

 

田舎から上京し、学生運動の中心になって活気に溢れていた彼に一目惚れし、何とかお近づきになって言葉を交わすようになり、彼も求めてくれ、やがて抱かれて同棲するようになった。

エロスの種子

著者名:もんでんあきこ 引用元:グランドジャンププレミアム2018年3号

 

この時はまだ、夢の中にいるような幸せな毎日だった。

エロスの種子

著者名:もんでんあきこ 引用元:グランドジャンププレミアム2018年3号

 

しかし浩介は、順子の部屋に転がり込んだはいいが一切生活費を出さず、何かと理由をつけて彼女を丸め込み、最後には愛撫で黙らせた

順子も彼のだらしなさは理解していたし、親の仕送りだけではやっていけない現実に直面していたが、彼から離れられなかった。

エロスの種子

著者名:もんでんあきこ 引用元:グランドジャンププレミアム2018年3号