異世界ハーレム物語ネタバレ感想

異世界ハーレム物語の漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、エロ画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

剣と魔法の世界に召喚されてしまった主人公の男子高校生。

彼の特技と言えば、人並み外れた性欲のみ。

そんなエロいだけの人間が、果たして危険な異世界で生きていけるのだろうか?

異世界ハーレム物語を読むならこちら

 

異世界ハーレム物語

あるところに、まだ16歳にしてオナニーだけが生き甲斐だった及川直樹という少年がいた。

 

あまりにオナニーし過ぎて周りが引くのも構わず、一冊の雑誌で8回連続で抜くという荒業をやってのけた直後、急に雑誌が宙に浮き輝き出した

 

強力な吸引力まで発揮し出して吸い込まれそうになったが、彼はとにかく9回目のオナニーを優先させ必死に擦り続けた。

 

そして発射と同時に吸い込まれた。

 

 

すると、目の前にはシスターの格好をした美女がいて、彼女の顔面に顔射してしまっていた。
【DMMコミック】同人:異世界ハーレム物語 SP/PC

 

 

しかも、巨大なトロールだかゴブリンだかと二人の女性が対峙している。

 

激しい戦いが繰り広げられているようだが、シスターは彼の精子をペロッと舐めたかと思うと呪文を唱えて強力な魔法を繰り出し、一撃で巨大モンスターを倒したのだった。

 

 

 

一先ず近くの村で落ち着いて話すことに。

 

多くの異世界ものの例にもれず、魔王出現、人間世界滅亡の危機、そして勇者として召喚された主人公という流れを説明され、顔射については触れられなかった。

 

 

3人パーティーの彼女たち。

 

剣士で礼儀正しいフィリアは防御力が全くなさそうな露出しまくりのビキニアーマー。

顔射をされ、精子を舐め、強力な魔法を繰り出したシスターでおっとりタイプのティアーネ

口が悪く、耳が長く、やはり相当な美形でエルフのリュゼ
【DMMコミック】同人:異世界ハーレム物語 SP/PC

 

 

彼は元の世界に未練もないし行く当てもないし、深く考えずに旅に同行することを決めた。

 

そのまま宿に泊まり、全裸になってさっそくエロい格好をした3人をオカズにオナニーを始めて寝落ちして目覚めた翌朝、3人が彼の役目を伝えに部屋を訪ねてきた。

 

全裸の彼がシーツで隠しながらドキドキしていると、先の戦いで攻撃魔法が不得意なはずのティアーネで実証されたように、精液により自分たちの能力を底上げして欲しいと言われた。

 

あまりにできすぎた話で彼は信じられなかったがそんなことには構われず、強気なリュゼがシーツを剥ぎ取り、既に勃起しているモノの前に跪き、小さな口に含んだ

 

エルフが一番手かと思ったが、他の二人も横から舌を伸ばして舐め上げていく
異世界ハーレム物語

 

 

オナニーが最高だと思っていた彼は、それを遥かに超えるフェラの刺激に身悶え、しかも初めてが美女3人同時ご奉仕にほとんど我慢できず、二日連続で顔射。

 

先っぽを咥えていたリュゼにぶっかかったが、彼女は余さず飲み干そうと根元まで咥えこんで吸い尽くした
【DMMコミック】同人:異世界ハーレム物語 SP/PC

 

 

するとリュゼは、確かに力が漲っていくのを感じていた。

それと同時に身体が熱くなり、股間が疼き出す。

 

下半身から取り込んだ方がもっと効果があるに違いないと言い出し、完全に発情したメスの顔になって彼を押し倒し、彼との子供なんて欲しくないと言いながら期待に満ちた目でホットパンツを脱いだ
異世界ハーレム物語

 

 

彼は初めてを生エルフに奪われることに感動していると、フィリアが顔面騎乗位をしてきた。

 

下半身はエルフの処女膜を突き破って締め付けられ、口元は礼儀正しくもエロ過ぎる剣士の女性器に包まれている

 

興奮と快感しかない夢のようなシチュエーションを楽しみ、エルフの中に注ぎ込んで剣士の愛液で喉を潤した。

 

 

そしてリュゼは相変わらず口は悪いものの、にゅぽっと勃起を抜き取ると、精液を押し出しながらお漏らししてしまったのだ。
【DMMコミック】同人:異世界ハーレム物語 SP/PC

 

 

ティアーネは我慢し切れず、彼の初キスを奪ったが、次に挿入されるのはフィリアの番だった。

 

彼はバックで獣のように突きながらくっついて巨乳をわし掴む。

しかし、まだ出さずにティアーネに移ってバックで突きまくり、これでもかと喘がせる。

 

そして尻を三つ並べてそのままシスターを突き続けながら、剣士とエルフには後ろからの手マンでクチュクチユいやらしい音を立てさせる。
【DMMコミック】同人:異世界ハーレム物語 SP/PC

 

 

ティアーネに注ぎ込み、すぐにフィリアにも挿入し直して注ぎ込み。

 

ここに来て、オナニー狂いだったのが幸いし始めた。

 

 

だが勇者の精子で発情しまくっている3人はまだまだ満足せず、ティアーネの魔法で体力を回復させられ、もう何発したのか分からないくらい、白濁液塗れの一日を過ごしたのである。
異世界ハーレム物語

 

 

翌日、3人が底上げされた圧倒的なパワーを確かめている頃、彼は宿の主人の熟れ頃エルフに搾り取られていたのだった。

 

 

感想

異世界ハーレム物語でした。

これは普通にちょっとハードな青年系で連載できそうな感じですね。

内容はタイトル通りで、画力も絵柄も文句ないですし、ストーリーものにしてもおもしろくできると思います。

エルフがにゅぽっと抜かれた直後にお漏らししてしまうところが、一番エロ可愛かったです。

異世界ハーレム物語を読むならこちら