著者名:岡本倫 引用元:ヤングマガジン2018年15号

パラレルパラダイス
36話37話ネタバレ感想

グラビアアイドルがガーディアンのコスプレをしたパラレルパラダイスの最新話、最新刊ネタバレと感想とあらすじと画像、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

ヨータとルーミにだけ見える謎の少女。

母親を助けるために、夜毎砂浜を掘り返している彼女は一体何者で、なぜ人間を憎んでいるのか。

果たして、人間の姿をした魔物か、ただの母親思いの少女なのか・・・

https://kuroneko0920.com/archives/39343

 

36話

ヨータがどれだけ優しく話しかけようとツンツンな反応で威嚇してきた少女。

しかし、背に腹は変えられないと思ったのか、涙ながらに彼に助けを請うてきたのだった。

彼はお母さんを助けてと頼む少女に事情を話すよう促した。

 

 

少女の母親がこの海の底にある祠に繋がれて沈んでいるらしく、それは自分のために悪い人間に騙されてしまったからだという。

パラレルパラダイス

著者名:岡本倫 引用元:ヤングマガジン2018年14号

 

 

助ける方法と言って、少女は懐からひび割れた水晶玉を取り出した。

それが母親を繋いでいる枷を外す鍵で、破片を全部集めてまん丸に戻せば母親を助けられるらしいが、あともう少しというところで、最後の一かけらが見つからないようだった。

パラレルパラダイス

著者名:岡本倫 引用元:ヤングマガジン2018年14号

 

その時、ハナハナが急に叫び声をあげた。

 

彼女たちには水晶玉だけが浮かんでいるように見えているので、唐突な水晶玉浮遊に驚いてしまったのだ。

パラレルパラダイス

著者名:岡本倫 引用元:ヤングマガジン2018年14号

 

 

 

話を少女に戻し、少女は海に潜れないのだという。

 

だから、20年に一度の大干潮が起こって祠が海上に出る1週間後が母親を助ける大チャンスなのだが、それまでに水晶玉を完成させなければ再会できるだけで、また20年も待たなければならないし、母親を苦しめ続けることになるらしい。

そしてなんと、もう100年も探し続けて、残り一かけらまで辿り着いたと言うのだ。

パラレルパラダイス

著者名:岡本倫 引用元:ヤングマガジン2018年14号

 

嘘を言っているようには見えないが、100年のロリババアだと言われてもにわかには信じがたい。とは言え、人間でなければ何でもありそうな世界なので否定もできなかった。

 

 

100年前にこの砂浜にかけらがばら撒かれるのを見たので、このどこかにあるのは間違いないらしい。

事情を聞いた彼は、取り合えず信じることにして、少女に名前を訊くと、箱舟から取っているのかノアと答えてくれた。

そしてこの町のガーディアンに許可を取ることもなく、ノアを助けることに決めたのだった。

パラレルパラダイス

著者名:岡本倫 引用元:ヤングマガジン2018年14号

 

 

 

と言うことで、村中の女を駆り出し、人海戦術のここ掘れワンワン作戦を開始。

波打ち際に篝火を焚いて照明にし、ロープで掘る区画を分けるという効率のいい作戦を取った。

パラレルパラダイス

著者名:岡本倫 引用元:ヤングマガジン2018年14号

 

邪険に接した相手からこんな手厚い助力を受けたノアは、また涙を溜めて町娘たちの躍動する姿を眺めていた。

パラレルパラダイス

著者名:岡本倫 引用元:ヤングマガジン2018年14号