著者名:染谷ユウ 引用元:罪と快1巻

罪と快1巻ネタバレ感想

罪と快の漫画最新話、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

ままならない日常生活のストレスから、盗撮を繰り返す男子高校生。

今日も駅の階段で下から女性のスカートの中を撮ろうとしたが、狙った相手が悪かった。

相手は変態野郎をものともしない、変態女子高生だった。

 

 

罪と快1巻

勉強しても成績が上がらず、学歴至上主義の両親から小言を言われる毎日の峰寺善

 

家でも学校でもパッとしない彼はストレス解消のために、人が行き交う駅の階段で盗撮に耽っていた。

 

 

しかし、偶然同じ学校の制服を見つけ、あまりに綺麗な後姿に見惚れ、思わず後ろに忍び寄って撮ろうとしたが、あっさりとバレてしまったのだった

罪と快

著者名:染谷ユウ 引用元:罪と快1巻

 

 

スマホを取り上げられ、大量に保存された盗撮画像まで見られてしまった善。

 

社会的死が頭を過り、人目もはばからず土下座したおかげで、警察沙汰は勘弁してくれた。

 

ただ、何でもすると言ってしまったのが命取りだった。

 

 

 

ビルの屋上に連れて行かれると、その女子高生は鞄からロープを取り出し、見事な手際で善をあっという間に縛ったのだった。

 

緊縛師を名乗る彼女は嬉しそうに微笑み、生徒手帳付きで彼の縛られている変態な姿を写真に撮り、脅迫の材料を手に入れた。

罪と快

著者名:染谷ユウ 引用元:罪と快1巻

 

 

照りつける太陽の下で自分だけペットボトルでお茶を飲んだかと思えば、身動きできない彼の顔面に吐きかける

その後でちゃんと優しく飲ませてくれたが、それは罠だった。

 

 

彼は次第に尿意を催して来たが、それもそのはず、利尿作用のある緑茶はあえて飲まされたものだった。

 

人が苦しみ堕ちていく表情に愉悦を感じていた彼女は、彼に恥ずかしい台詞を言わせて言質を取り、いつ誰が来るとも分からない屋上でパンツを脱がしてあげ、直接触って放出させてあげたのだった

罪と快

著者名:染谷ユウ 引用元:罪と快1巻

 

 

 

恥ずかしさと開放感、支配できた恍惚。

 

お互いに気持ちよくなったこれが、二人の出会いだった。

 

 

 

生徒手帳とスマホを奪われたまま、善の新生活が始まった。

 

いつ学校や親にバラされるかとびくびくしながら一人寂しく放課後の教室掃除をしていると、さっそく緊縛師JKがやって来た。

 

そしてまた脅しのネタをチラつかされて縛られるしかなく、盗撮しか逃げ道がなかったんだと開き直って言い返したが最後、彼女は窓を開けて不審者がいると叫んだのだ

 

 

すぐに野次馬根性を剥き出しにしたサッカー部で同じクラスの男子二人が教室に上がってきた。

 

善はギリギリで箒とくっつけられながらも掃除道具のロッカーに隠れたが、彼女も一緒に入って来た。

罪と快

著者名:染谷ユウ 引用元:罪と快1巻

 

 

サッカー部は彼の鞄が残っているのを見つけ、さっそく陰口を叩き出す。

 

彼がクラスで残念なポジションにいるのを知って彼女はさらに嬉しくなり、さらにロープを出して足を吊った状態で縛った

 

太ももの付け根から股間まで指先でそっとなぞ、どうしよもなく彼は勃起してしまう。

 

外ではサッカー部が鞄を漁って陰口を叩き続ける。

罪と快

著者名:染谷ユウ 引用元:罪と快1巻

 

 

ついに彼女がロッカーを開けて変態同級生を披露しようとしたその時、クラスの良心的存在の蒼井美羽がやって来て、サッカー部を咎めて追い出してくれた。

 

 

それで緊縛師の興が削がれてくれたが、これは始まりに過ぎなかった。

 

 

 

ギリギリの放課後を切り抜けた後日、あの緊縛JKが体育の授業で走っているところを見かけ、3年生の先輩なのが分かった。

しかし、ガリ勉なのに大した成績じゃないのがサッカー部にバレたので、クラスでのポジションはさらに悪くなっていた。

 

 

とにかくどうにかスマホを返してもらおうと彼女の後を尾行したが、またあっさりバレてしまった。

 

スマホを返す代わりに放送室に連れ込まれ、今度はズボンを脱がされたパンツ姿の足を開いた恥ずかしい格好で縛られ、ご丁寧に上靴を脱いだタイツ越しに股間まで踏まれ、またしても勃起してしまう。

罪と快

著者名:染谷ユウ 引用元:罪と快1巻

 

 

そして彼女は彼のクラスを確認すると、同じクラスの蒼井美羽を放送をかけてこの放送室に呼び出したのだった