黒猫がおすすめする漫画のネタバレと感想

黒猫がおすすめする漫画のネタバレと感想

BTOOOM! デスゲーム

BTOOOM!13巻ネタバレ感想。ヒミコと離れ離れの坂本

更新日:

ヒミコがいなくても展開加速

全部で32人いるプレーヤー。これから新登場のキャラが続々出てくるが、
きっとさくさく吹き飛んでしまうだろう。仕方なし。

 

浜辺に打ち上げられた坂本は、小さな女の子に連れられて新しいグループへと身を寄せることに。

殺し合いには参加していないそのグループは、どうやらその小さな女の子「輝夜」を中心に集まっている様子。

新興宗教教祖の「輝夜」と団体側近の天草。

映画監督志望のトリオ。

ストリートダンサーの蘇我。

主婦の清。

国会議員の柴田。

認知症の小野。

ここに8人目の坂本が加わったことで、ギリギリのところで保たれていたバランスが
崩壊していく。

 

[ad#co-1]

 

巧妙な殺人者

今までは出会ったらドッカンドッカンの連続だったが、今まで築き上げてきた
コミュニティの中から疑われずに壊していく、頭脳犯的ボマーが登場。

一番ちょろかった老人で認知症の小野さんの絞殺死体が発見されたことで、
保たれていた均衡が不協和音が流れていく。

新参者の坂本が一時拘留されるも、その間に響き渡る爆発音。

一気に8枚のチップを集めようと、一夜の殺人劇が幕を上げた。

 

また泣ける。霊が視えると言う輝夜は、坂本と平の関係を知らないはずなのに、
平との間に起きた出来事を告げる。

申し訳なさそうな顔をしたり笑っていたりするのだと。

坂本は輝夜の能力を信じ、彼女と行動を共にする。

ああ、平のおっさん。

試し読みはこちら

-BTOOOM!, デスゲーム
-,

Copyright© 黒猫がおすすめする漫画のネタバレと感想 , 2017 AllRights Reserved.