著者名:横槍メンゴ 引用元:レトルトパウチ5巻

レトルトパウチ5巻ネタバレ感想

レトルトパウチの漫画最新話、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、エロ画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

例のプールで興奮やら性欲やらが抑えられなくなった幸流と恵麻。

思い思われ振り振られの三角関係に変化が生じ、ふみかと仲良くなった幸流は少し積極的に頑張ろうとし始めていた。

 

32話

性交渉を推奨する衿糸学園の夏休みでも童貞と処女を守り抜いた天我と幸流。

 

新学期が始まっても生徒たちは相変わらず所構わずいちゃついていたが、天我たちも変わらず貞操を守り続けるつもりだった。

 

しかし、テコ入れ要素を鑑みた新展開として、転校生がやってきた。

 

可愛い系男子の綿津見真秀

ビッチ女子たちは色めき立つが、お初の自己紹介で処女喰いだと堂々と宣言し、空気を凍らせる。

レトルトパウチ

著者名:横槍メンゴ 引用元:レトルトパウチ5巻

 

 

そして遅れて教室に飛び込んできたふみかを一目見て、処女だと指摘

 

それにふみかも隠さず怯まず肯定し、敵意を剥き出しにした。

 

しかし真秀は爽やかな笑顔を返してターゲット認定するだけだった。

 

 

 

波乱が起きそうな新学期初日、幸流は恵麻が人知れず短気留学していたのを先生から聞かされた流れで、天我が告白された話題を本人に訊ねてみた。

もちろん、恵麻を振ったのは訊かなくても分かっていたが、彼の好きな人が自分じゃないのを改めて思い知らされる。

 

 

その後、帰ろうとしているところに先生が呼んでいるらしいと真秀から聞いていつもの教室に行ったのだが、それは処女喰い転校生のだった。

 

教室に入った途端に押し倒され、シャツを引っぺがされて下着姿が露に。

 

好きでもなんでもない男相手でも、人一倍敏感な幸流は少し触られただけで股間がウズウズしてしまい、性欲に支配されそうになってしまう。

レトルトパウチ

著者名:横槍メンゴ 引用元:レトルトパウチ5巻

 

 

その時、外で早々に新学期一発目をヤリ終わっためばえが二回戦をするために入って来た。

 

いくら一年中ヤリまくりのビッチだとしても和姦以外は認めないめばえは、無理矢理されそうになっている幸流を助けたのだった。

レトルトパウチ

著者名:横槍メンゴ 引用元:レトルトパウチ5巻

 

 

33話

憂鬱な月曜日の朝がさらに憂鬱になる一時限目前の処女補習。

 

いつもの放課後ではないこの時間に行った訳は、エロい妄想や刺激がなくても不意に勃起してしまうあの現象を参考に、この時間にあえて媚薬を飲み、不意な発情を体験しようという狙いがあった。

 

 

根が生真面目な天我はあっさりと受け入れて媚薬を飲み、女の繊細な興奮を男の勃起と一緒にされて反発していたふみかも、不意に飲み込んでしまう。

 

そこにビッチーズの二人が現れた。

 

めばえは寝返ったふみかをバカにしつつ、天我が自分で勃起したことを暴露してしまう。

レトルトパウチ

著者名:横槍メンゴ 引用元:レトルトパウチ5巻

 

 

まさかの事実を聞かされた幸流は言葉もなく、先生の思惑に乗って媚薬を飲み込み、大切な人以外には勃起さえしないと言っていた天我の気持ちに涙した。

 

 

彼は普通に怒らせ悲しませたと思って凹むが、幸流も幸流ですぐに言い過ぎたことを後悔し、自分が迫っても勃起しなかったことに悔しさを感じていた。

 

 

その直後、授業中だというのに急に股間が疼き出した。

 

媚薬の凄まじさに腰をガクガクさせながら、保健室に引きこもっておこうと動き出す。

レトルトパウチ

著者名:横槍メンゴ 引用元:レトルトパウチ5巻

 

 

そこでまた待ち受けていたのが、転校生の真秀だった。

 

彼とはしたくないのに、身体の疼きを抑えたくて仕方なくなっていた幸流は、なすがままに火照る身体をベッドに横たえた。

レトルトパウチ

著者名:横槍メンゴ 引用元:レトルトパウチ5巻

 

 

その頃、ふみかも股間が疼き出し始めていた