インフェクション
100話101話ネタバレ感想

インフェクションの漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

インフェクション100話を記念して、今号はヒロインでお色気要員キャラクターのコスプレをしたエロくて可愛いグラビアも掲載!

おまけにエロゲームまで用意されている!

 

香里たちの大学潜入作戦は無事に成功。

一方晴輝たちは蛍の作戦に従って方々に篭城する生存者たちを救出しに行くことになったが、誰も彼も癖だらけの面々で、良くも悪くも秋保に混乱を招きそうな予感がした。

https://kuroneko0920.com/archives/44327

 

100話

濃過ぎて先行き不安になる各篭城エリアのリーダーたち。

 

ヤクザの色が霞むほどの癖が強い生存者は続き、今は自然に囲まれた新興住宅地にいた。

 

 

そこでも晴輝が率先してリーダーと面会し、今は生存者を集めている途中で、最後に秋保に集まって守りを固めるつもりだと説明する。

立ち寄るのが最後になって申し訳ないと彼は謝るが、リーダーの女性は謝る必要も、助けもいらないという。

 

流水ながみという高校3年生の彼女はなぎなたの全国覇者で、なぜか上半身水着で美巨乳を露にしている、またしても癖が強いキャラだった。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

彼が困惑したその時、彼女に守られてきただろう住人たちが割り込み、彼女に罵声を浴びせた

 

老若男女幸いにも生存しているここの住人たちは、流水の戦闘狂いの支配に辟易しているらしく、暴言が出るのも仕方ないほど救助を待ち侘びていたようだ。

 

ながみんと愛称で呼ばれる辺り、親しみと感謝は持ってもらえているようだが、戦国時代よろしく、なぎなたの腕を振るえるこの地獄に未練タラタラで救助を拒み続ける。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

説得されて思案するが、やっぱり救助を拒否して一人でも残ると言い返すと、さすがに住人たちに本気で叱られ、ついには駄々っ子のように頬を膨らませて不機嫌を隠しもしなくなる

だが、叱られたらしょげ返り、謝り、大人しくバスに乗り込んだ。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

 

一悶着あってから次の救出ポイントへ。

 

そこは今までとは違い、少人数で篭城しているマンションの一室だった。

 

晴輝と神城を先頭に少数精鋭で突入することに決まると、ここに来て小早川がメンバーに名乗りを挙げ、神城は呆れたように了承した。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

小早川はなんとか晴輝に螢を信じてもらおうとまたしつこく話しかけるが、晴輝は兄がどんな人間か知ってるが故、そもそも信用する気がなかった。

 

やがて目的の部屋の前に着き、晴輝がインターホンを押し、応答の音がしたので助けに来た旨を告げた。

 

すると部屋の中から駆けてくる騒々しい音が近づいてきて、勢い良くドアが開いた。

出てきたのは髪が乱れ、無精髭を生やした中年男性だった。

 

晴輝がもう一度助けに来たと告げると、男性は膝から崩れ落ちて嗚咽を漏らし、心から助けの手を喜び始めた

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

保菌者騒動が始まった当初、男性はさして危機感もなく部屋に引きこもって解決を待っていたが、外からの悲鳴は途切れず、食料はどんどん少なくなり、それでも恐怖で外に出ることはできず、空腹を感じるたびこの部屋の中で死を覚悟したという。

 

そんな中、ついに救助の連絡が来て、暗闇の中にやっとを見出したのだ。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

心からの感謝を伝えられた晴輝は、螢がいなければ彼の存在さえ知らずにいたのを痛感せずにはいられなかった

 

彼のように螢に助けられた人は大勢いると小早川に言われると、自分の知らぬ間に兄も変わったのかも知れないと晴輝は思った。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

インフェクションを読むならこちら