ゆらぎ荘の幽奈さん109話
ネタバレ感想

カラーゆらぎ荘の幽奈さんの漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

女将さんコレクションの一つ、ウォーターサバゲ~の世界に取り込まれて激しいバトルを繰り広げたゆらぎ荘の住人たちと関係者女子一同。

優勝したのは不幸中の幸いか、コガラシを飯炊き要員として見ている夜々だったので、ドロドロの恋愛模様がこじれずに済んだ。

https://kuroneko0920.com/archives/44280

 

109話

裏山で滝行するのが習慣になっていた狭霧と朧。

 

今日も今日とて前回のサバゲ~で共同戦線を張り、名前呼びになって少し距離を近づけた二人は一緒に滝に打たれ、薄くて白い装束を透け透けに濡らしていた

 

そしてひとしきり打たれた後で、朧は狭霧がもうコガラシを好きになっているのではないか?と訊ねたのだった。

 

もちろんあーだこーだ理由をつけて狭霧は否定する。

その最たる理由は、雨野家に婿として迎える大義名分だった。

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2018年23号

 

 

当人同士の意思を問われれば、見合い結婚だって似たようなものだろうと理屈をこねくり回し、彼の人格は全肯定しているものの恋愛感情は認めようとしない。

 

流れで朧にも同じことを訊き返したが、狭霧が知らぬ間に朧は心まで骨抜きにされていたのだった。

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2018年23号

 

 

ただ、結婚したいとか独り占めしたいとかは変わらず考えてなくて、むしろ密かに真に愛される愛人ポジションに歪んだ理想を描いていた

なんだかんだ彼が好きだったから、あんなことやこんなこともできたんだろうと自己分析できるほど、朧は彼を冷静に好きになっていたのだ。

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2018年23号

 

 

 

さて朧までガチ惚れしているのをさっそくうららに報告。

 

うららは以前のプールデートで任務で仕方なくやっているのを暴露したのは悪手だったと言いつつ、なら狭霧が本当に彼に恋愛感情を抱いていると自覚すれば、任務がどうたらと言い訳せず、ガチでアピールできるだろうと提案。

 

そこで気持ちを確かめるため、雲雀のように「あ~ん」してみたり、朧のように半裸で迫ったり、幽奈のようにベッドインしてみて、その時どんな気持ちになるかで判断すればいいという。

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2018年23号

 

 

性格的にとてもできそうになかったが、これもまた性格的にそれらしい理由と里のためだと言われれば、覚悟を決めるのだった。

 

 

 

その夜の夕食の席。

 

毎夜の光景ながら彼は雲雀、朧、幽奈に囲まれチヤホヤされ、女たちのアピールの渦中にいる。

 

恋は盲目というが、周りの目を気にせずイチャつこうとするのを恋心がさせていると言うのなら、自分にはできそうもないと思う。

しかし、やらなければ気持ちは分からない。

 

だから「あ~ん」してみてが、輩がいちゃもんをつけているようにしかならなかった。

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2018年23号

 

 

周りにも怖がられ、自分の女子力の低さを恨み、悲しさに打ちひしがれる。

 

しかし、彼だけは「あ~ん」の意図を汲み、ちゃんと食べてくれたのだった。

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2018年23号