夏が終わるまでネタバレ感想

夏が終わるまでの漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

野球部エースと付き合っていたマネージャーの橘由比。

二人は幼馴染みで、いつしか一緒に甲子園に行こうと誓い合うラブラブカップルだった。

しかし、所構わずエッチしたせいで恐ろしい目に遭ってしまう。

夏が終わるまでを読むならこちら

 

夏が終わるまで

夜遅くまで居残り練習をしていたエースと、付き添った献身的なマネージャー。

 

それも練習が終われば誰もいない部室でエッチするためで、普段は他の部員もいるこの場所ですることに余計に興奮していた。

 

 

小さい頃から野球を続け、甲子園を経て大リーガーを夢見るエースの彼と、ずっと傍で見てきてこれからも傍で同じ夢を追いたいと思っていたマネージャーの由比

 

甲子園が決まる最後の大会の直前、こうして二人は愛を確かめ合った。

 

 

その翌日のお昼、由比は突然生徒指導室に呼び出されたのだった。

 

叱られる心当たりのない彼女は、とにかく生徒から評判の悪い生徒指導担当のおっさん教師と二人きりになりたくなかった。

 

 

先生は呼び出されてやって来た由比を、マネージャーとして頑張っているなどと関係ない話で褒めてから本題に入り、ある写真を見せた。

 

それは、由比とエースの彼が部室でヤリまくっている昨夜の盗撮写真だった。

 

 

これをネタに、甲子園出場ができなくなると脅してくる鬼畜教師

ただし、好きな時に抱かれる性奴隷になるなら見逃してやると交換条件を出して来た。

 

恥を堪えて警察なり教育委員会に訴えれば鬼畜教師を犯罪者にできるが、それはそれで二人の甲子園の夢が断たれる可能性が高く、由比は仕方なく条件を受け入れたのだった。

 

 

そこからは気持ち悪さ満点だった。

 

 

シャツの真ん中のボタンだけ外され、たわわな巨乳をさらけ出されながら、スカートを自分で上げさせられてパンツを脱がされ、クリクリと指先でいじられる

 

 

ソファに座らされて指を入れられながら乳首に舌が伸びてくる。

 

後ろ向きにされていじられると、気持ち悪いのに身体は正直に反応して濡れてきてしまう

 

 

そのままバックから突かれると、彼のよりかなり大きいのが入ってきて、ひだが押し込まれたり引っ張られたりしてどうしようもなく気持ち良い

 

正常位で違う所が擦られてまた感じ、立って片足を上げさせられ、斜めに入ってくるのもまた気持ち良い。

 

 

最後は顔射で汚い白濁液をぶっかけられ、タイミングよく休み時間が終わったチャイムが鳴った。

 

 

その日から指導室に呼び出されてはしゃぶらされ、跨らされる。

 

でも、心は気持ち悪いと思っているのに身体は彼のより大きいそれに感じるのを止められず、気づけば夢中になって腰を振っていた

 

その後で彼としても、あまりの大きさの違いに物足りなくて仕方ない

 

 

そしてそう時間はかからず、完全に鬼畜教師の肉棒の虜になってしまうのだった。

 

 

 

そしてシリーズ2作目のアナル編へ・・・

 

 

鬼畜教師の肉奴隷になってしまった由比は、彼ともしたことがないアナルまで調教され始めた。

 

自分でグッと押し広げさせられ、さすがに臭うなどと言われて辱められながら、初めて指を突っ込まれた

 

 

いつもうんこしている時のように踏ん張ってみろと言われ、素直にやってみると痛みは引き、入ってくる時の指の感覚がぞわぞわせり上がるようだった。

 

膣にも指を突っ込まれ、膣道と尻道をくっつけるようにぐにぐに擦り合わされる

 

同時にされるとどっちの方が気持ちいいのか分からず、由比は我慢できずに早く入れて欲しいとおねだりした。

 

 

鬼畜教師はすっかりドスケベに仕上がったことに下卑た笑みを零し、まだこなれていないアナルは避けて普通に膣に突き入れた。

 

もちろんバックの体勢で、いじられる気持ちよさを知ったばかりのアナルも指でこねくり回しながら、ピストンと手アナルの同時刺激で攻めまくった。

 

 

由比は気持ち良すぎて何か分からないものが来そうな気がしてお尻は止めてと懇願するが、聞き入れてもらえるわけがなく、アナルに汚らしいザーメンをぶっかけられてしまうのだった。

 

 

その日から、アナル専用の蓋をねじこんだままの生活を言いつけられ、排便時以外は常時装着を義務付けられてしまった

 

それからも、激しいアナル調教が続いた。

 

ブルマ、スク水、チア、レオタード・・・

 

 

色々な衣装でビーズやアナル拡張器を突っ込まれて解され、授業中だろうが全校朝礼中だろうが関係なく、アナルには常に何かが入っていた

 

そんな毎日だったから、彼には口でご奉仕して何とかごまかし、下半身を見せないように頑張った。

 

 

鬼畜教師は苦しみながらも快楽に溺れる由比を見て喜び、放課後の教室でも犯し、部活中の彼に見られるかもしれない危険でより興奮させた

 

 

そしてついに、鬼畜教師は由比の両親が留守の日を狙って家にまで上がりこんだ

 

 

由比の部屋で小さい頃からの彼との思い出写真を眺めてから、ノーブラで準備万端だった彼女の胸を後ろから揉みしだき、くちゅくちゅといやらしいキスで舌を絡め合う。

 

タンクトップをめくられて生乳首をペロペロ舐められてからズボっと吸われると、ショートパンツが染みるほどぐっしょり濡れてしまう。

 

 

言葉攻めで辱められてから、むわっと熱気がこもる股間をがばっと広げられ、そこも舌先で舐められてから吸い付かれた。

 

まんぐり返されて手マンとクンニが止まらず、ゾクゾクが頭の先まで駆け巡った由比は、潮を吹いて鬼畜教師の顔面にぶっかけたのだった。

 

 

びしょびしょになった二人はお風呂へ。

 

由比は言われる前からソープ嬢のように背中に胸を押し付けながら股間に手を伸ばし、泡立てて洗い出す

 

全身も泡立て、胸に挟んで上下に動き、飛び出した先っぽを舌先でチロチロ舐める。

 

両手を使って胸をギュッと押し付け、ぬるぬるの谷間で何度も何度も上下動してしごき、今度は由比が顔面で精子を受け止めた。

 

 

ぶっかけられたザーメンを洗い流されると、シャワーヘッドを外したホースをアナルに突っ込まれて洗浄され、なのにアナルじゃなく膣にバックで突っ込まれてしまった

 

完全に鬼畜鬼チンポの形になっていた由比はすぐに絶頂に達しそうになり、またアナルも同時にいじられながら恋人のようにがっちりしがみつき、今夜二回目の潮を吹いた

 

 

風呂上りに全裸のままリビングに移動し、いつもは家族で過ごしているそこで散々ヤリまくった

 

 

その後で由比の部屋に戻ってやっていると、ランニングで橘家の前を通りかかった彼が電気がついているのを見て電話をかけた。

 

彼は窓から顔を出して電話に出た由比に、具合が悪くて今日休んだことを心配し、ランニングに戻った。

 

見えていないところで、幼馴染みの彼女が鬼畜教師にバックでピストンされているとも知らず。

 

 

そして胸と尻が丸出しのエロ下着に着替えていた由比は、彼のサイズでは得られない快楽にだらしないアヘ顔を晒して快楽に身を委ね続けた・・・

 

 

感想

夏が終わるまででした。

圧倒的に柔らかそうな肌の質感と埋もれたい豊満さが良かったですね。

画力は申し分ないですし、彼氏との部室エッチシーンから始まるのも、一気に興奮させてくれます。

続きのアナル編があるので、さらによがり狂うヒロインを連続で見れます。

夏が終わるまでを読むならこちら
夏が終わるまで おうち編