著者名SAVAN 引用元:ウルトラジャンプ2018年6号

終末のハーレムファンタジア
1話ネタバレ感想

終末のハーレムファンタジア修正前規制解除版の漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、エロ画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

SAVANを作画に迎え、終末のハーレムの名を冠した完全新作が始動。

剣と魔法の世界で繰り広げられる冒険譚の中心には、世界を救える特別な男がいて、彼に股を開く女性たちがいた・・・

https://kuroneko0920.com/archives/44731

 

1話

褐色肌でムチムチした体つきが艶かしいエルフは、アルクという少年に今日はどの女に「マハト」を注ぐか訊ねた。

 

アルクはどいつもこいつもエロい格好をした女たちを眺め回し、いい案を思いついた。

 

一日一人なんてけち臭いことは言わず、今日は調子がいいと答えながらシャツを勢いよく脱いだ。

終末のハーレムファンタジア

著者名SAVAN 引用元:ウルトラジャンプ2018年6号

 

 

厳しさと美しさを兼ね備えたセリーヌは、たわわな巨乳を黒いバンドで押し上げている

金髪エルフは服を捲り、赤みの強い乳首をちゃんと見せてくれた

他にも獣耳に緑髪のメガネっ子など、バラエティ豊かな女性がスタンバイしてくれていた。

終末のハーレムファンタジア

著者名SAVAN 引用元:ウルトラジャンプ2018年6号

 

 

全員が一斉にアルクに群がったが、彼は既に王のような貫禄を醸し、大股を広げて彼女たちを受け入れ、まずメガネっ子とベロチュー

 

セリーヌはご主人の股間にむしゃぶりつき、余った子同士でキスし合う。

そして褐色肌のエルフは自分で股間をいじりながら、強いマハトを感じていた。

終末のハーレムファンタジア

著者名SAVAN 引用元:ウルトラジャンプ2018年6号

 

 

 

 

どれほどの時が遡ったのか、舞台はアルクが住まう国で、騎士同士が力試しに剣を交えていた。

 

アルクはそれを観戦していたが、明らかに我が国の騎士の力量が拙く、敗北必至なムードに神妙な顔を見せていた。

 

 

予想通り、相手国の眼鏡の優男風騎士ナイルの腕は一枚も二枚も上手で、おかっぱ頭の自国騎士は無様に転ばされ、セリーヌの合図によって圧倒的な敗北を喫してしまう。

終末のハーレムファンタジア

著者名SAVAN 引用元:ウルトラジャンプ2018年6号

 

 

明らかに性格が悪そうないけ好かないナイルはそれでも城で仕える女の子たちから黄色い声援を浴びていて、アルクも溜息を吐くしかなかった。

 

騎士を率いて来たガビアルは坊ちゃま育ちが悪い方に出ているらしく、そこそこ屈強なスネ男みたいな髪型を振り乱しながら、負けたおかっぱ騎士を不必要に罵った。

しかしアルクは主人として庇った

終末のハーレムファンタジア

著者名SAVAN 引用元:ウルトラジャンプ2018年6号

 

 

性格も柄も悪いガビアル勢にはセリーヌも黙ってられず、騎士道精神に悖る行為をしたナイルに苦言を呈した。

 

だがナイルにそんなお小言は届かず、胸の谷間が露になったセリーヌのエロい出で立ちに目を奪われ、さっそく場所も弁えずにゲスな誘い文句をかけ、張りが良さそうな尻に手を伸ばした。

終末のハーレムファンタジア

著者名SAVAN 引用元:ウルトラジャンプ2018年6号

 

 

セリーヌは剣を抜いて不埒な手を切り落とそうとしたが、さすが実力をつけたせいで性根が腐ったナイルはさっと躱したのである。

 

 

部下がこうなったのも、ガビアルの性根が腐っているからなのは必然。

 

力試しの締めはご主人同士でするべきだという理屈をこねくり出してアルクに剣を投げ渡し、戦いの場に降りて来た。

おかげで頭が軽そうな女の子たちはまた囃し立てるし、セリーヌも行って来いみたく頷いている。

終末のハーレムファンタジア

著者名SAVAN 引用元:ウルトラジャンプ2018年6号

 

 

そもそもアルクは、多くの者を仕えさせる大家の主になるには性格が不向きだった。

 

注目されるのも苦手、ガビアルのように居丈高に振舞えず、剣技も好きではなかった。

 

そんな彼の心配をしているのは、ロングヘアーの一歩下がって見守る一人だけ。

終末のハーレムファンタジア

著者名SAVAN 引用元:ウルトラジャンプ2018年6号

 

 

 

アルクは今年15歳。

 

年下のガビアルは自分より背が低いことも取り合えずバカにして相手を卑屈でみじめな気持ちにさせてから、セリーヌの掛け声と同時に一気に距離を詰めた。

終末のハーレムファンタジア

著者名SAVAN 引用元:ウルトラジャンプ2018年6号

 

 

一発目の大振りは受け流したが、かなりの威力に手が痺れる。

 

その後も防戦一方で主導権を握り返せず、競り合いに持ち込んだガビアルはまたしても騎士らしくない口撃を繰り出した。

 

そしてアルクが一番気に留めている相手の話題を出して動揺させ、集中力を切らした隙を狙って前蹴りを叩き込んだ。

終末のハーレムファンタジア

著者名SAVAN 引用元:ウルトラジャンプ2018年6号