インフェクション
104話105話ネタバレ感想

インフェクションの漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、エロ画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

高木の造反が疑われて監禁が始まる中、保菌者騒動が終わらない場合も考え、今までと変わらない防衛策を講じる。

そしてらぎ姉は晴輝に、プロポーズとも取れる提案を投げかけた。

 

104話

共に非日常を生きて欲しい

 

普通に聞けばプロポーズとしか思えず、晴輝もそう感じ、らぎ姉が肩から手を離すと戸惑いをごまかすように力なく笑いを零した。

 

らぎ姉の顔を窺い見ると、心からの愛に満ち溢れた笑顔を見せてくれていて、彼は抗う術もなく魅せられた。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

迷う晴輝に、らぎ姉はもう一押しを仕掛けようとする。

 

普通の高校生とはかけ離れた仕事をしてみてどうだ?と訊かれた彼は、責任の重さからくるプレッシャーはあるが、人のために役立つ仕事を仲間とできるのは楽しいと正直に答えた。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

それは、もっといい仕事がしたいと思える活力に変わる。

 

そう思えるなら、未開の地を切り開かなければならない時、先頭に立てる才能があるんだとらぎ姉は褒め称えた。

 

 

素晴らしい才能だと言われ、彼は素直に嬉しくなった。

 

この先も続く非日常に、身を置いておきたい気持ちが湧き上がってきた。

蓮華も褒めていたし、淀川からも信頼されている。

 

承認欲求をどんどん刺激していくらぎ姉は、彼と同様、将来どんな仕事をしたいか具体的なビジョンを描いたことなどないと打ち明けた。

 

祖父が敷いたレールに乗るのを拒否したが、今は自分ができることが分かり、それをしたいと思い、その隣に彼がいればこの上ない幸せだと押しに押した。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

性欲とその場のノリで生きる高校生には戻れなくても、長い目で見た未来で誘惑するらぎ姉は、これはプロポーズだとはっきり言葉に出し、尚も一緒に生きようと誘い、才能を活かせるポジションを用意するともいう。

 

それには、彼は少し男のプライドからか受け入れるのを躊躇った。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

しかし、らぎ姉は仕事を用意してあげる見返りはもらうつもりだから、何も心配することはないと微笑んだ。

 

その見返りは、性的欲求を満たしてもらうことだった。

 

あの夜を思い出し、頬を染めていやらしく微笑むらぎ姉に、彼は素直に興奮し、彼女と共に生きる最大の楽しみに期待が膨れ上がった。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

インフェクションを読むならこちら